読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

2015年冬アニメ

3話まで見終わったあたりのコメントなど
 
アイマスシンデレラ
初っ端からなんだが、コメントの必要なしでしょ、これは
シンデレラは、ラジオ聞いてライブ行っているので、歌と声優は把握しているのだが、ゲームやってないので、キャラの方は実はあまり把握してなくて。顔と名前と最低限の情報くらいしか知らないので、シンデレラというコンテンツについてある程度知っていながらも、「なるほど、こういう子だったのか」という新鮮さもある。
一方、ずっとゲームやってたPたちの興奮を見ていると、「あ、ゲームやってればよかったかな」といううらやましさもある。
 
SHIROBAKO
これまた、コメントの必要ないくらいの面白さ
毎週、面白い面白い言いながら見てる
 
 
まあ、基本的には原作どおりだから、原作の面白さがアニメでも面白い、という感じはある。
 
 
四月は君の嘘
1クール目を、一挙放送で補完して見始めた。すごく面白い。泣いた回も多い。
種ちゃんの声・演技がめちゃくちゃいい
花江くんやあやねるのモノローグもいい
 
 
純潔のマリア
マンガは、1話か2話くらいまでしか読んでなかったんだけど、面白い
まだ始まったばかりなので、それほどどうのこうのコメントできることもないけど
 
 
ミリオンアーサー
最初、色もの、ギャグものとして見ていたけど、今でもそうではあるけど、最近普通に面白く見てる、これ。
 
 
インハイ最終日、選手達が次々と死んでく(レースから脱落していくさまが、あかたも戦闘で死んでいくかのような描かれ方をしている)。
 
 
東京喰種
2期もよいね。音楽と演出がかっこいい。キャラがいきなり増えたので、把握するのに若干手間取ったけど。
OP・EDが、ちょっとポストロック的なのかなあ、というのがいい。
 
 
アルドノア・ゼロ
うーん、2期になってちょっと面白さが落ちたように感じられる。自分がちゃんとついていってないだけかもしれないが。
どちらかといえば、2期からの新キャラであるレムリナ姫を、ナンスこと夏川椎菜が演じている、というところが、個人的な最大の見どころとなりつつある。
ナンスゲスト回のラジオ、案の定の雰囲気で面白かったし。
ナンスは、天メソのののかより、アルゼロのレムリナの方が圧倒的に好きだな、声の感じが。
 
 
やはりイクニ作品らしく、「ユリ熊アアアアアア」とか「ショーック、クマショック」とか「私は熊を許さない、私は熊を破壊する」とか「ユリ、承認」とか、なんかよく分からないけど直接押し込まれてくるフレーズがてんこもり
あと、螺旋階段とか。
音楽が結構いい感じだなあ、と思ったら、橋本由香利さんでしたか。あ、ピンドラもやってる。
OPは、やくしまるえつこかと思わせておいて、新人(?)だった。EDは、八王子P作曲
 
 
プリパラ
まあ、特段コメントはない
けんけんぱとチェンマイ、いい曲
ファルルの、ジュネ様感(バレエっぽいのと、人のメイキングドラマ(プリズムジャンプ)するとこ)
 
 
無論、1・2期も、それぞれのアイドルがそれぞれの個性を生かして、活動が専門化していくという流れはあったけれど、3期はそれを自覚的にやっているのかなあという印象。ドラマとしてはベタだけど、アイカツ!としては新しい、というか。そこはやっぱ、いちごとあかりの違いかな、と。
 
 
トライブクルクル
最近、急にスケールアップしてきたんだけど、それでも地に足ついている感じで面白い。
ちょっと意外な方向なので、今後どうなるのか分からなくて楽しみ
 
 
うぃえくあっぷがーるZOO!
わんさかわんさかわんさかわんさか、こりゃ大変だ