読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

劇場版『境界の彼方-I'LL BE HERE- 過去編』舞台挨拶

劇場版『境界の彼方-I'LL BE HERE- 過去編』とその舞台挨拶を見てきた
新宿ピカデリーの一番最初の奴
境界の彼方』のイベントに参加するのは初めてだったのだが、客層として、女性客が多くを占めていたのにちょっと驚いた。
無論、メインの声優としてKENNさんと鈴木達央さんが出ているので、女性客もそれなりに多いだろうとは思っていたけれど、圧倒的に女性だとは思ってなかった。
映画も舞台挨拶も面白くて満足。1回しか行けなかったけど、他の回の舞台挨拶も見たかった! 未来編の舞台挨拶も行きたい!


過去編

まず、映画について
内容は基本的にテレビシリーズの総集編
初っぱな、「約束の絆」のPVが流れて、これが見れただけでも満足、という感じだった
この曲とこのダンス、いい
アイドルアニメでも音楽アニメでもダンスアニメでもないのに、なんでこんな力入ってんだw*1

で、本編の方だが
テレビシリーズの総集編となっているが、ただ、初見の人にはさっぱり分からない内容になっていたと思う。初見の人がどれくらいいるのか分からないけど。
テレビシリーズの前半部分をかなり圧縮しており、登場人物紹介がないので、予め登場人物を知ってないと分からないと見れない。
一方、テレビシリーズの最終回近辺はほとんどそのままの尺で入っていたので、その点ではよかった。
また、テレビシリーズでは、名瀬泉が栗山未来に対して境界の彼方退治を依頼していた、ということは後半まで視聴者に対して隠されていたが、今回の総集編ではそれが最初に(つまり作中の時系列に沿って)配置されており、テレビシリーズを見ていた視聴者が、内容を復習するにあたっては分かりやすい構成となっている。
ただ、そういう構成になっているので、美月よりよっぽど泉の方が目立っていて、「あれ、泉さんってこんなに出番多かったっけ?」とはなったw
ほんと、テレビシリーズの復習用って感じで、「ああ、そういえばこんな感じだった」と思いながら見ていた。
もうテレビシリーズは1年以上前で記憶は曖昧になっているので何ともいえないところもあるが、内容はそのままとはいえ、おそらく劇場化にあたって描き直し等もしているだろうとはいえ、このアクションシーンの作画をテレビシリーズでもやっていたよなあと思って、改めてすごいなあと思った。
そして、テレビシリーズでも泣いたところで、やっぱり泣いてた
隣に座ってた人も泣いてたw
「ざまあみろ」がなあ


テレビシリーズは、未来が消えてしまう、のだが、何故か復活するところで終わる。
未来が消えるところまで、物語としてもよくできているのだが、最後の復活だけは、理由もよくわからないし、とってつけたかのようなハッピーエンドになっているのだけど
4月に公開される完全新作となる未来編で、そのあたりの話になるのかなと思う。
というのは、復活した未来が、実は記憶を完全になくしているという話になるらしいので。
それで、過去編も一番最後に、テレビシリーズにはなくて、未来編に繋がるシーンが挿入されている。


そういえば、血の描写や水道から滴る水など、水・液体の描写が結構ウェイトを占めている作品なんだけれど、その未来が記憶をなくしている描写でも、水滴の波紋が使われていた。

 

舞台挨拶

上映後、舞台挨拶
最初に司会のお姉さんが出てきた、と思ったらおかゆちゃんだった!
おかゆちゃんがまさかのMC
初めての舞台挨拶でのMC
続いて、みのりん、種ちゃん、KENNさん、達央さん、石立監督が登壇
キャラクターのセリフをまじえて自己紹介。最前列に取材が入ってて、カメラのフラッシュが瞬いてて、「あー舞台挨拶なんだなー」と思ったw


セリフについては、新しく録り直したとのこと。
博臣の「いいお兄ちゃん、いただきました」は元々達央さんのアドリブだったのだが、今回は台本に入っていたとかw
未来編のアフレコは終わったばかりだけど、監督はまだ作業が残っているので、この後京都にトンボ返りして、それから明日の関西での舞台挨拶にはでるとか。


これからクロストークをするのでマイクを構えてください、とおかゆちゃんが言うのだが、誰も構えないw マイクをあえて高くかかげたりする種ちゃんやKENNさんw
種ちゃんの今日のメガネは、未来ちゃんのメガネじゃなくて、マネージャーさんのメガネだったとか
妖夢役はみんなでやっていたのだが、今回は、「境界の彼方」役として渡辺明乃さんが配役されたという。その後、現場では「境界の彼方」の「ごぉぉ」といううめくような声が流行って、打ち上げの時に乾杯の代わりに使われたとか。
プライベートで、この回の上映にお客さんで来ているとも。
約束の絆のことを種ちゃんからふられて恥ずかしがるおかゆちゃん、約束の絆はコンテが大変だと監督からきいたとか
みのりんが全然話さないことを達央さんが指摘して、おかゆちゃんが話をふろうとするのだが「楽しい話しましょ」とかいうあまりMCっぽくないふりをして、またつっこまれる
それを受けて、みのりんがおかゆちゃんの方へと近付いていて、何故かお互いに腰に腕を回す2人w
みのりんからは、こんなに仲の良い現場はないということと、未来編のテーマ曲を担当したことと未来編が愛の物語であるとのコメントも。


タイトルをもっての写真撮影もあって、これまた舞台挨拶だなあとw


最後の挨拶
「ゆりちゃんがタイムキーパー」と種ちゃんから言われて、「私のせいでおすわけにはいかない」と巻き気味に進行し始めて、また笑いをさそうおかゆちゃん
最後の挨拶としてのコメントも告知ばかりになり、その都度、達央さんからつっこまれ、「告知じゃないです、宣伝です」とか言い出す。
さらに、最後の挨拶を他のキャストにふっていく時に、順番を間違えるw 最後の打ち合わせで台本が変わったのに最終稿を持ってきてなかったことをKENNさんから指摘されてたw
とまあ、とにかくおかゆちゃんがやらかし、それを種ちゃんやKENNさん、達央さんがいじる、みのりんと監督が見守る、という感じの舞台挨拶だった


その後
移動中の新幹線内で、山岡ゆりtwitterアカウントが達央さんの乗っ取りにあうという事件が発生

 

各メディアによるレポート


種田梨沙、KENN、茅原実里、鈴木達央が登壇!「劇場版 境界の彼方 –I’LL BE HERE- 過去篇」初日舞台挨拶 - 声優ニュース|こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト


『劇場版 境界の彼方 過去篇』、初日舞台挨拶速報レポ - アニメイトTV

 

*1:いやまあ、それ言ったらハルヒらきすたもそうか