読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

種田梨沙トークショー東大でみんなに会えてうれシード

声優 イベント

東大五月祭で開催された種ちゃんのトークショー

種ちゃん、単独でのイベントは初めてらしい

席の位置的には端っこの真ん中よりやや後ろでそれほどよくはなかったし、出ハケと正反対だったので「くそぉ」となったが、よいイベントだったかと

学祭の声優イベントって初めてだったけど、他ではあまり話さないであろうわりと真面目な話など聞けてよかった

個人的なハイライトは、『ゆゆ式』縁の声で「愛してるよ」のセリフが聞けたことと、おかゆちゃんのメッセージビデオ

生で縁が喋っている?!

おかゆちゃんの種ちゃん愛は重い!ww

それから、種ちゃんの美大時代の作品をいくつか見れたのも面白かった。DM・ポスターデザインを何点かと、卒業制作。赤点とったとか代返してもらったとかカップ麺生活したとか、そういう学生らしい学生時代を送っていたっぽいw

 

イベントの構成は

声優になるまでの話、作品についての話(『新世界より』『ゆゆ式』『ストライク・ザ・ブラッド』『四月は君の嘘』について)、一日のスケジュール、大学生・種田梨沙、プレゼントコーナー

で、2時間くらい

大学生・種田梨沙というのは、事前に募っていた、種ちゃんが大学生だったら言って欲しいセリフをいうコーナー

一日のスケジュールでは、普通の収録がある日、イベントがある日、オフの日の3つのスケジュールと写真を交えてのトーク。普通の収録が20時まであって、そのあとラジオやコメンタリーの収録があって、帰るの12時くらいって、やっぱ大変な仕事だなーと思ったり

イベントは、君嘘のイベントの時の話

オフは、学生時代の友だちと横浜中華街へ行ったときの話

プライズとして、『新世界より』の監督からのビデオ、日高里菜からのビデオ、そして山岡ゆりからのビデオがあったのだけど、最後の1本だけ空気がまるで違ったw

2分の依頼にたいして6分半のビデオw

後ろの壁を飾り付け、風船を手に持って、種ちゃんの魅力をいつものポンコツトークで話すおかゆちゃんw それを見ながら、種ちゃんも都度ツッコミをいれるw

あれが全てもってった感ある