プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015

西武プリンスドーム両日参加してきた

アイドルマスター史上最強・最高の祭典
10周年、そして念願のドームライブ
一言で言ってしまえば「アイマス最高!」なんだけれども、しかしもちろんそんな一言ではすまされない、様々な感情がこみ上げてくる、無数の意味が満ちていたライブだった


とにかく色々と思いつくまま、思い出せるままに書いていくことにする。

 


自分とアイマス

いきなり自分語りで恐縮だけど、今回のアイマスライブは特に思い出ボムの炸裂が半端なかったので、書いとかないといけない。
自分がアイマス好きになったのは2009年から。
きっかけはニコマス、つまりニコニコ動画上のアイマスMAD動画・二次創作から。見る専だけど。ゲームのプレイ動画なんかも見るようになったので、一応箱m@sがどんな話なのかは知っているけど、元々全然ゲームできない質なので、ゲームに直接触れることはなかった。次第に、ニコ動にアップされているアイマス声優映像なども見るようになったけれど、最初の2年くらいは大体ニコマスオンリーで、アイマス公式の動きをリアルタイムで追うということはなかった。
アイマス2は、ざわわんとかLMGとかのPVが発表された時の盛り上がりを今も何となく覚えてる。ゲームをやっていなかった身なので、9・18について直接のダメージは負っていないが、しかしニコマスPの間に広がった動揺は見ていた。
その後、アニメが始まって、ニコマスだけでなく、アイマスの公式自体もちゃんと追っかけ始める。繰り返しになるけど、自分はゲームをやっていなかったので、アイマス観の基準は結構アニマスにある。自分のアイマスの原点はやっぱりニコマスにあるんだけれど、しかしまあ、「アニマスから」的な面もある。
それで、さらなる転機としては、アニマスDVDについてた7th先行に応募したら当たったので、行ってみたらどはまりしたこと。当時は、完全に異文化体験だったんだけどw ライブは7thから、単独ライブは大体参加してる(ツアー系の奴は地方公演行ってない)。
それから、その頃からラジオを定期的に聞くようになった。その前から時々聞いてたりはしたのだけど。元々、アイマスは声優のことも好きだったけど、ラジオを聞くようになって声優オタへの道へ進んでいる感じw(もともと二次より三次の方が好きになりやすいので、キャラより声優に自分の志向が向くのはまあ当然かなと思っているが、その分、デレミリのキャラについての把握が全然できてないのはネック)
7thから3年。あっという間だったとは思わない。
当時は10thなんて思いもしてなかったし、まさか3年後もアイマスライブに行ってるなんて思ってもいなかった。でも、実際に3年経って10thを迎えていた。

 

1日目


開始前

池袋で友人らと待ち合わせ、昼食を食べる
アイマスライブを友人とこうやって待ち合わせて行くのって初めてだった気がする。ライブビューイング一緒に行ったことはあったけど、現地は。ちなみに、この時一緒に待ち合わせ友人のうち一人は、確かアニマスの頃からアイマスに入ったはずだけどライブ現地参加は初めてと言っていた。
14時過ぎくらいに現地到着。
物販会場の広さに驚く。
パンフ買って、それから展示エリアを見て、会場へ向かった。ちょっと時間がなくて、フラスタまでは見て回れず。
外では、フード付きバスタオル羽織ってたんだけど、結構暑かった。


今回、自分はCD先行落選だったんだけど、同行者のKが2枚当たったので行けることになった。
このKというのは、大体自分と同時期にニコマスからはまってたんだけど、ライブ自体は9th名古屋が初めてだったはず。なんかある時期から突然熱烈なミリオンPになってて、ミリオン幕張は現地行ってたみたいだけど、765本家のライブ現地参加は今回が2度目。さて、チケ抽選にビギナーズラックがどれくらいあるのかはよく分からないし、ライブ参加2回目、ミリオンも含めると3回目というのは全然ビギナーじゃない気もするけれど、とにかく何らかのラックが働いたのは確かだった。
1日目、アリーナA16ブロック
自分は8thまではアリーナだったのだけど、SSA以降はスタンド席ばかりだったので、久々のアリーナ席というだけでも嬉しかったし、それがAだったので期待していた。ただ、事前にセンターステージがメインステージではないかという予想を聞いて、もしかしてそんなに前の方じゃないのかもと思ったりもして、そんなに期待しすぎてはだめだ、と言い聞かせてたりもしていたw
ところが、いざ席に着いてみると、全く予想すらしていなかった神席だった。
センターステージ正面方向から、やや斜め右のあたりで、最前ではないもののほぼほぼ最前に近い、ばっちり表情まで肉眼で見える位置だった!
俺もう死ぬのかな、くらいのことは思った
ただし、席はめっちゃ狭かった。隣の人に予め「ぶつかると思うのですみません」って謝るくらい。実際はたいしてぶつからなかったけど。
ステージ真っ正面とはいえ、花道がありサイドステージがあり後方ステージがあり巨大モニターがあり、という感じで、結構あちこちに移動するので、センターステージに誰もいない時間も多々あり、立ってる向きをその都度変えたりしながら見なきゃいけなかったので大変だったといえば大変だったけど、どこだどこだーってなるのは楽しくもあった。


1日目って、始まる前の会場BGMって何かかってたっけ
軽口哲也さんによるスターティングメンバー紹介があり、その後しばらくして協賛企業読み上げて、社長登場。協賛企業さらに増えてたな。
注意事項はあの男から紹介してもらおうという社長の煽りで、会場全体が「武内Pだ、武内Pだ」って思っていたところ、画面に現れたのはPヘッドの間島Pw アニメーションで注意事項を説明


01 THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+
02 READY!! 765PRO ALLSTARS+
「ドームですよドーム」という影ナレから曲が始まって開幕2曲。
終わったあと、改めて「ドームですよドーム」
なんだっけ、繪里子が「熱い」ということをかっこつけて言ってたら、平田さんが「夏だから当たり前でしょ」ってつっこんで、ミンゴスが「宏美ちゃん冷静だー」みたいなことを言っていたような。
あと、ぬーがいじられてて、なんか年下ポジション久しぶりにみた、これだよぬーはって思ったw


03 START!! 中村繪里子
この曲がくるとはあんまり思ってなかったので、早々からテンションあがる
ずっと背中向いてたけど


04 ラムネ色 青春 下田麻美たかはし智秋釘宮理恵
05 Pon De Beach 沼倉愛美
うん、ほんと最初の方の記憶薄くなってるなって書きながら思ってるけど、Pon De Beachのことだけは、忘れるわけにはいかないんだ!
目の前でぬーがPon De Beach!
っていうか、ぬーの浅葱色のワンピース衣装、かわいすぎませんか!
Pon De Beachは(も)、かなりライブでやるのはきっつい曲だと思うんだけど、まあぬーならできるだろとも思ってるんだけど、実際に見てみたら、インカムだったので「そうきたかー」とは思った。アイマスライブでインカムっていうの自分は見たことない気がするんだけど。
それから、ダンサーズもかわいかった。多分、SSAの頃からの人とかいるよね。
「リラックス~」とか「わになって」でぬーのことを囲むのとかかわいかった。
でもって、Pon De Beachでとりわけ印象的なのは、水鉄砲を観客に向かって撃ったところだろう。あれは花道でやってたので、自分のところにはこなかったんだけど

 

06 待ち受けプリンス 今井麻美原由実
ミンゴスとはらみーの待ち受け


07 YOU往MY進! 下田麻美
きたー!!
9th東京1日目でやってたけど、その日はLVでしかもタオルを持ってきていなかったので、タオル回しできなかったので、その時の雪辱が晴らせたねw
家でBD見ながらタオル回しやってみたときは「疲れるなー」って思ったんだけど、この時は全然いけた。そして結構涼しかった


08 ALRIGHT* 浅倉杏美
あずみん、髪切ってたよね
意外と久々の「いっえーい」だった気がする
これも見えてたのは背中だったかな
サイドステージから花道通ってきたんだったかな
サイドステージが1塁側と3塁側にそれぞれあって、そこから花道通って歩いてくるところを見たりして、「やばい、アイドルみたいだ」って思ったりした


09 自転車 平田宏美
平田さんがサイドポニー気味な髪型しててかわいかった
これもサイドステージからサイドステージへって感じだった気がするので、センターステージはわりと通過していっただけなんだけど、平田さんの後ろをダンサーズがついていってて、ダンサーズのダンスをセンターステージでやってるのを見れたりした。
「見てみて」的な小芝居めいた振付なんかがあってかわいかった
振付というと、自転車自体の振付が以前と違っていたような気がする。最後のところ。

 

10 DIAMOND 釘宮理恵
後方ステージ
これも「やった、きたぜ」って曲


11 空 滝田樹里
じゅりきちっていうと、立ったままくるーって回転するダンスが印象的なんだけど、あれすごいなーと思ってたけど、今回近くで見れたので、「なるほどああやってやるのか」というのがわかった気がする。身体をひねって脚はあとからついてくる感じだった


12 THE 愛 中村繪里子浅倉杏美滝田樹里
「THE 愛」だと?!
「ありがとう ありがとう」って歌詞、既にクライマックス感ある


メドレーコーナー (CINDERELLA GIRLS・MILLIONSTARSがトロッコで応援)
アリーナ席にいたので、トロッコがどこなのか全然分からなかった。途中で何となく、あそこらへんなのかーというのは分かったけど
1日目のデレミリ組はトロッコにいることが多く、ステージにくるさいも決してセンターステージにはのぼらなかった。そのあたりのコンセプトのはっきりした感じはすごくよかったのだけど、近くで見れなかったのはちょっと残念だった。
モニターでちらちらとは見たけど、1日目については、デレミリ組についての感想は特になし


13 GO MY WAY!! たかはし智秋今井麻美
14 太陽のジェラシー 中村繪里子
15 おはよう!!朝ご飯 沼倉愛美
16 CHANGE!!!! 下田麻美平田宏美滝田樹里
17 First Stage 浅倉杏美
18 Here we go!! 釘宮理恵
19 魔法をかけて! 原由実
20 ふるふるフューチャー☆ 中村繪里子沼倉愛美
21 ID:[OL] 滝田樹里
22 エージェント夜を往く 平田宏美
23 ポジティブ! 下田麻美
24 The world is all one !! 釘宮理恵浅倉杏美原由実
25 9:02pm たかはし智秋
26 蒼い鳥 今井麻美
27 自分REST@RT 765PRO ALLSTARS+
初期曲メドレー
あずみんのFirstStageがあったり
個人的には、Here we go!!を聞けたのすごく嬉しかった。「ランデブー」とかのコールができたこととか。
それから、9:02pmのキングのすごさ
やっぱり歌の上手さについて、キングは別格なんだなっていうのを改めて感じたんだけど、その後、キングが下がっていって入れ替わりにせり上がってくるミンゴス。また、とんでもないセトリだなと。でも、あの思いのつまった蒼い鳥はぐっとくる。泣いた。
ゲームバージョンだから蒼い鳥のテンポがはやい


ここまでで、セトリをみると27曲。メドレー部分はゲームサイズでフルサイズやってないとはいえ、この曲数。ジブリはそれなりにクライマックス感あるし、普通のライブだったらこれでしめてもおかしくないくらいだけど、まあアイマスだしまだまだ続く
休憩時間は、休憩できるように新情報は流さないといいつつ曲は流れる。しかも、「いっぱいいっぱい」とか「スマイル体操」とかで、そのたびに歓声とコールが起こる
twitterで見かけたんだけど、女性トイレの個室でデュンヌたちが「大好きー!」って叫んでたとかいないとか
休憩最後の曲の時に、デレミリ組が出てきてサインボールをバズーカで客席に飛ばすという余興

 

28 DREAM 今井麻美原由実釘宮理恵
休憩あけてから、かっこいい曲ゾーン
手を腰のあたりでパタパタさせる振付かっこいい


29 嘆きのFRACTION たかはし智秋
再び、キングは別格だって思った奴
めちゃくちゃかっこよかった
こんな曲だったっけかって思うくらいかっこよかった


30 Rebellion 沼倉愛美
31 relations 下田麻美滝田樹里
あさぽんとじゅりきちのリレ?!
イントロで緑出して、あさぽんいるから黄色だして、じゅりきちいるから緑出そうとしたらもう持ってた


32 絶険、あるいは逃げられぬ恋 平田宏美
西武ドームは外の景色が見えるわけだけど、確かこの曲の頃、ちょうど外が夕焼けに染まっていて、平田さんの向こうに夕焼けが見えていたのが記憶に残っている。


33 オーバーマスター 沼倉愛美原由実浅倉杏美
オバマスだぁぁぁ


34 Fate of the World 今井麻美
ステージが近いと、ダンスの迫力っていうのはあんなにも増すのか、と
ミンゴスも、ミンゴスが率いるダンサーズのダンスも


35 KisS 原由実
はらみーエロッ
この曲もダンスの迫力、というか、セクシーさがやばかった


36 笑って! 中村繪里子
繪里子、2曲目はこれかー


ここでいちどMCを挟む
「お座り」はここか


37 またね 釘宮理恵
歌い出しから泣き崩れてしまったくぎゅを見て、こっちが動揺した
自分でも自分のことを泣き虫というし、MCでは確かに泣くけど、歌のステージ上でくぎゅが泣くとは思ってもいなかった
何を思っていたのかは分からないけれど、それだけ10年は重いんだと思った。


ここからのパートは、バラードパートになるけれど、単にバラードというよりもっとすごいものだった。
今回のセトリ、初期曲パート→かっこいい曲パート→バラードパートと、なんとなくテーマないし曲調ごとに揃えられているところあるけど、似たような構成だったものとして、2013年の冬フェスがあったと思う。最後にバラードパートがあったんだけど、当時の自分はそこでいったん集中力が途切れてたりしてたんだけど、今回はそんなものではなかった。


38 First Step 浅倉杏美
くぎゅが泣き崩れたあとのあずみんあずみんSSAのALRIGHT*で泣いてしまったことがあるけれど、この時のあずみんは、とても自信に満ちた表情をしていたように思う。


39 君が選ぶ道 滝田樹里
歌い出しがちょっとずれていたような気がする。じゅりきちもちょっと動揺してたんだろうか。
それから、最後の「ありがとうございます」をいつもならマイクなしでいうところを、マイクありで言っていた


40 風花 原由実
風花何回歌ってるんだ、はらみーって思うけど、毎回全然違う
今回は、サビだかBメロだからの入りの力強さが、違和感を覚えさせるくらいに強くて、最初は「まさか、はらみーまで?!」と思ったんだけど2番でも同じ歌い方をしていたので意図的なもので、「やばい、これまでにないくらいに力がこめられている」と思ったときに、これはこっちも全力で応援しなければならないんだと思っていた。
隣にいたKが明らかに圧倒されて呆然としていたのが見て取れたんだけど、「いやいやこれは呆然としていていい曲じゃないぞ」と一人決意して。まあできるとこといえば、サイリウムを高くかかげるくらいしかできないんだけど。


41 細氷 今井麻美
それでこれ
MA3曲ちゃんと聞けてないのが多くて、これもそうだったんだけど、とてつもなくすごかった。これもまあ、圧倒されてばかりじゃだめだ、と思いながら聞いてたけど
聞き終わったときの感想は「千早の物語完結した」だった


42 LOST 下田麻美沼倉愛美たかはし智秋平田宏美
この流れで次は「隣に…」が来ると思ってたら、LOST!
THE愛とDREAMが来てるんだから、まあ当然っちゃ当然なんだけど
この組み合わせなんだろと思ったけど、最年少2人と最年長2人なのかな、と思った。あずみんのがあさぽんより年下だが、あずみんはバラードパートすでに歌っているので除外
で、キング・平田さん組とあさぽん・ぬー組が交互に歌うんだけど、圧倒的にキング・平田さん組のハーモニーがすごくきれいで
あさぽんとぬーなんて、765組を代表するパフォーマーだと思うんだけど、キング・平田さん組がそれを越えてくる。もちろん、2人の力を考えれば驚くべきことではないんだけど(そもそもACMの2人だ)
なんとなくこのパート、くぎゅが泣き崩れ(もしかしたらじゅりもちょっと焦っていたかもしれなかっ)たところを、あずみんとはらみーという2人の後輩が支え、しかし最後に、たかはし智秋平田宏美の先輩組が強さを見せる、というような、765の中の先輩・後輩の物語展開されていたような気がする。
あそれから、あさぽんの表情が、見たことないような表情で、「これが、これが10年なんだ」って思った。あの何とも言えない微笑みは、10年やらないと出せない表情なんだと思う。


43 私たちはずっと…でしょう? 今井麻美中村繪里子
7thが初めてのライブ参戦だった身として、この曲に涙せざるをえなかった
一緒に歌えるし
曲が終わったあとに繪里子がMCで、「…のところに何をいれますか」という話をしていたけど、7thライブで間奏でキングがいった奴だ!


44 Destiny 765PRO ALLSTARS+
そういえば、別のMCのところでウェーブ練習やってた。さすがにぐるりと一周まわるウェーブやるとアリーナとスタンドでだいぶずれるので、2回くらいやった。で、Destinyは曲中でウェーブ
円形でダンスするんだけど、全員が振り返って内側見るの、狂おしいほど好き


45 アイ MUST GO! 765PRO ALLSTARS+


アンコールしてたら社長が出てきて、「あれ、もしかしてアンコールなしの奴?」と思ってたら、謎の影がでてきて「??」ってなってたら、太鼓の達人コラボと鉄拳コラボとプレステ4新作告知だった
アイドルマスター(仮称)」となっていたけれど、「3」ではないんだ?
その後、社長からあの男達、という紹介があって誰だろーと思ってたら、ガミP、ディレ1、小山Pだった。小山Pって名前は多少聞いたことあったけど全然知らない人だったので、完全武装で現れてちょっとびっくりしたw
この時、とっくにUO切れていたので、同行者のKからもらうw
ガミP、太鼓の達人コラボとプレステ4新作についてはコメントしてたけど、鉄拳コラボについてはコメントしてなかったなーw


【ENCORE】
46 M@STERPIECE THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
47 虹色ミラクル 765PRO ALLSTARS+
48 THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
こっからさらにアンコールで、虹色ミラクルがくるとは思わなかった
この曲のダンス好きなので、全員揃ったのが見れてよかった
歌m@sはデレミリも合流、サイドステージや花道で歌っていたかと。


退場の際に2人ずつ組んで下りていったときの、エリンゴスの顔の距離近すぎ!


センターステージには、演出用の映像を映す細長い棒(?)が何本かぶらさがっていて、それの演出も素晴らしかったし、照明吊っているフレームが星形していたのもよかった。
ドームの天井にエンジェルちゃんを映していたのもよかった


アリーナなので出るのに結構時間がかかったけれど、まあずっと感想話していたから、あまり時間は感じなかった
外出て、以前ナナシスのライブで知り合った人たちと合流
その人たちそれぞれのさらに友人らとも合流したのだけど、その中に1人車椅子の人がいて、実際見回してみると意外と車椅子の人たちというのはいるもので、社長は「年齢、性別問わず」と言っていたけれど、本当に色んな人たちが来てるなあと思った。


2日目

再びKと来て、1日目に見れなかったフラスタを見て回る。
さすがに暑さで花や風船がしおれているものも結構あったのだが、それにしてもその数がめちゃくちゃ多くてすごかった
約270基らしい
国際色豊かだった。アジア圏はもとより、欧米からのフラスタもちらほら。


開演前
始まる前から流れてる曲で盛り上がる会場
ゆっきー曲とか予習してねーよw お前らコール完璧だなw
キノコでヘドバンとか
そして、突然流れてくるなんかわちゃわちゃした声
ナンスの誕生日を祝う96年組の声
あのとき、なんなのかよく分かってなかったけど、影ナレをやってたのか。そもそも開演前の影ナレとか全然聞いてなくて、全然覚えてない。BD収録してくれー
前日に引き続き、軽口さんによるスターティングメンバー紹介
協賛企業コールに社長挨拶、注意事項はりっちゃん
で、その後に赤羽根さんと武内くんがー!
影ナレとしてではなく、実際に会場に姿を現して、会場のテンションもうなぎ上り
どのタイミングの時だったか忘れたけど、ぬー(響)に武内Pが名刺渡している下りとか、武内くんがちょっと段取り間違う下りとか面白かった。
 


1.READY!!/765PRO ALLSTARS+
2.お願い!シンデレラ/CINDERELLA GIRLS
3.Thank You!/MILLIONSTARS
4.THE IDOLM@STER 2nd-mix/THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
5.Welcome!!/MILLIONSTARS
「殺す気か、殺す気か」って周りの人たちとめっちゃニコニコしながら言い合ってたw
そういえば、やけに髪の短い雨宮天さんがいたような……w

 

6.キラメキラリ/平田宏美 滝田樹里 浅倉杏美
7.Vault That Borderline!/今井麻美 原由実
で、トロッコでしょー
平田・滝田・浅倉組のトロッコが目の前を通っていったから、わけわからんくらいにテンションあがって叫んでいた
高さ的に、ちょうど同じくらいの高さで
これはもうここで死んでしまってもいいんじゃないか、くらいのテンションになってた
VTBの時、繪里子だと思って思わずウルトラレッド折ったら違ったっていうの、このライブにおける唯一の後悔かもしれないww


8.We're the friends!/大空直美 洲崎綾 五十嵐裕美
9.できたてEvo! Revo! Generation!/大橋彩香 福原綾香 原紗友里 
ふーりんが花道で手を振ってたなあ
この曲は手を振ってそう


10.星屑のシンフォニア伊藤美来 雨宮天 麻倉もも
11.Sentimental Venus/夏川椎菜 渡部優衣 木戸衣吹
またトロッコだああああ
天ちゃんともちょだあああ
トロッコくると、ほんと気が気でなくなって曲聞くところでなくなってくるw
星屑のシンフォニアの時は、ちょうどまだ自分たちの近くまではこなくて、センチメンタルヴィーナスの1番あたりで目の前に来たのだけど、センチメンタルヴィーナスすごく好きな曲だけど、ちょっとセンチメンタルヴィーナスどころではなかった。
近かった。
キラメの時は、実は3人とも基本アリーナ方向を見ていたので、時々振り返ったりはしてたけど背中を見てるのが多かったのだけど、こっちは完全にこっち向いてた。天ちゃんをこんな近くで見れるとは。


12.ジレるハートに火をつけて/藤井ゆきよ 上田麗奈 愛美
13.Shooting Stars/田所あずさ 山崎はるか Machico 
14.Orange Sapphire/松嵜麗 佳村はるか 山本希望 黒沢ともよ
15.ØωØver!!/青木瑠璃子 高森奈津美
Orange Sapphireから再びトロッコで、瑠璃子となつ姉が来た!
瑠璃子、美人過ぎるぅぅ
なんなんだ、あの美人オーラ、すごい
今回、トロッコで近くで見れて一番よかったの瑠璃子
マジ美しかった
しかも、Orange SapphireとØωØver!!だから、とてつもなく騒いでたと思う
1日目の夜にtwitter見てたら、「飛び禁」じゃないということを知って、まあどちらにしろ1日目の席は狭かったので飛び跳ねようがなかったけれど、2日目は大分飛んでた。
アイマスライブだと、7thは後半になってから隣の人も飛んでたし飛んでたけど、それ以降は回を追うごとに、あまり飛ばなくなってきたのだけど、今回はアイマスライブだとは思えないくらいぴょんぴょん飛んでた


16.SMOKY THRILL/下田麻美 たかはし智秋 釘宮理恵
来た!竜宮小町!!
間奏で、「一番大好きなアイドルはー?」「伊織ー」みたいな流れから、あずささん誕生日おめでとうへ
なんとなくこのとき、桃邪気Pのこと思い出したりしてた


17.乙女よ大志を抱け!!/中村繪里子 沼倉愛美
えりぬーの乙大?!
これとかもう、泣けてきたけど、めちゃくちゃ楽しかった
まさか、乙女のデュエットが来るなんて思わないじゃないか
このとてつもないお祭り感と共に、何というか、解放感がすごかった
乙女は、必ずしも春香1人が歌わなくてもいいんだなっていうか
ある時期、完全にアイマスライブの定番になっていたと思うんだけど、もうそういう定番も外れて自由に色々とやれるっていう解放感


18.GOIN'!!!/CINDERELLA GIRLS


メドレーコーナー
19.GO MY WAY!!/たかはし智秋 今井麻美 山崎はるか 大橋彩香 原紗友里 上田麗奈 福原綾香 田所あずさ
20.素敵なキセキ/山崎はるか 大橋彩香
号泣した
ぴょん吉のこと、あるいはミリオンのことを知ったきっかけって、自分の場合は8thだった
8thの頃は、既にある程度シンデレラのことは知っていて、シンデレラには親近感も持っていたけれど、ミリオンの方は自分にとってはまだ新参者でしかなった。8thでぴょん吉ところあずを見て、「こいつらすげーな」って思った。でも一方で、シンデレラだって負けてないからなみたいな思いもあった。っていうか、さらに個人的なことをいうと、S(mile)ING!のコールがうまくできなくて、はっしーの時に盛り上げられなかったんじゃないかとか思ったりしてた。
で、はっしーとぴょん吉が一緒に同じ曲歌っているの見たら、泣けてきて
これが思い出ボムか、と思った
1日目は「私たちはずっと…でしょう?」があって、7thの思い出ボム投げてきたけど、2日目は8thかーと思った


21.Super Lover/渡部優衣 松嵜麗
野球コンビだー!


22.トキメキの音符になって/麻倉もも 佳村はるか 原由実
はっしー・ぴょん吉組、野球組という、その組み合わせ最高かよってのを立て続けに見せられたあとの、この組み合わせ、笑うわ
モニターに、もちょのあとにはらみーが映った際の、苦笑するしかないっていう空気w
もちょ大好き声優はらみーとロリコン声優るるきゃん(トキメキつながりらしいけど)


23.CHANGE!!!!/下田麻美 平田宏美 滝田樹里 山本希望 洲崎綾 大空直美 雨宮天 藤井ゆきよ Machico
24.あんずのうた/五十嵐裕美 木戸衣吹 浅倉杏美
モニターにあずみんが映った時のどよめき
「お茶飲みたい」面白すぎた
木戸ちゃんの「寝て起きて寝る」もね
この組み合わせ考えた奴すごい


25.Romantic Now/黒沢ともよ 夏川椎菜 伊藤美来
安定のもよちーの煽り
楽しい
あと、ともよちゃんのクラウンかわいかった


26.ミツボシ☆☆★/原紗友里 上田麗奈
もう、ここらへん記憶がやばいw
上しゃまいたのかってレベルになってる
多分、ここが最後のUOだった
いやーでも、UO切れてももう全然気にならなかったなー普通にオレンジふっても十分楽しかった


27.ふるふるフューチャー☆/中村繪里子 沼倉愛美 伊藤美来 愛美 渡部優衣 高森奈津美 青木瑠璃子 松嵜麗
これ、スクリーンに歌詞出て一緒に歌う奴ーだったかな
大好きアッキー!


28.フローズン・ワード/藤井ゆきよ 洲崎綾 夏川椎菜
きれいなあやっぺだったw(ライブ中はずっとそうだけども!)


29.Believe my change!/Machico 山本希望 黒沢ともよ
30.ライアー・ルージュ/雨宮天 大空直美 沼倉愛美
ここらへんのミリオンゾーン、ちょっと自分が疲れてきたあたりかもしれない
そろそらをライアー・ルージュに入れるのかっていう驚きはあった


31.The world is all one !!/釘宮理恵 浅倉杏美 原由実 木戸衣吹 麻倉もも 夏川椎菜 五十嵐裕美 佳村はるか 黒沢ともよ
32.Twilight Sky/青木瑠璃子 愛美
そしてこれね!
2人揃ってのエアギターしびれた
スタンド席だったので分からなかったのだけど、アリーナから見ると、ちょうど夕焼けだったらしい!! あー早く映像が見たい!
UOによる夕焼け演出は、まあさすがに完璧、とまでは言えなかったかもしれないが、この人数で何の打ち合わせもなくやったと考えるならば十分過ぎるほど十分なできだったと思う。アリーナがUOに染まり、スタンドが大体青に染まっていた(アリーナから見るとスタンドもUOに染まっているように見えたらしいが)


33.おねだり Shall We 〜?/高森奈津美 伊藤美来
34.Never say never/福原綾香 田所あずさ
素敵なキセキに引き続き、ネバネバによって8thの思い出ボム攻撃


35.いっしょ/今井麻美 中村繪里子 福原綾香 田所あずさ 大橋彩香 山崎はるか 原紗友里 Machico
かと思えば、7thの思い出ボムまで
いや、ほんと号泣してた
特に最後の間奏でセリフあるところ、デレミリ組が言うところずるすぎるでしょ
7thで花道にならんだAS組が同じセリフを言ってたのがオーバーラップして、やばかった
「いっしょ」は正直歌える人少なかったかなと思うけど、これは泣きながらも全力で歌った


36.自分REST@RT/765PRO ALLSTARS+
こんだけ泣いて叫んで、ジブリやったのに、まだ半分という恐ろしさ


休憩中に流れた曲のなかに、sideMの曲があって、自分は追いかけれてないので全然分からなかったのだけど、緑のサイリウム降る人が多くて
あと、ちょうど前の列に座っていた人たちがミリオンP(男性)だったのだけど、その中の1人が立ち上がって緑ふってコールしはじめたのを見て、見よう見まねで後ろでコール入れた
そして、いつかsideMもこのステージに加わる日が来るんだろうな、と思うと、また泣けてきた
そして、876-!
思わず立ち上がった
Hello流しながら、バネPと武内Pのバズーカ余興だったけど

 

37.オーバーマスター/沼倉愛美 原由実 浅倉杏美
38.relations/下田麻美 滝田樹里
39.Blue Symphony/雨宮天 田所あずさ 夏川椎菜
40.Marionetteは眠らない/伊藤美来 藤井ゆきよ
ミリオンユニット曲は、765組も含めて歌うと思っていたので、ちょっと外されたと思わないでもなかったが、7th、8thは回収するけど、ミリオン1st・2ndと9thはまだ回収しないよ、ということなんだろう
天ナンスが並んでるところが見れて幸せw
ただ、ミリオン2曲はわりと給水してた、自分


41.Memories/洲崎綾 青木瑠璃子 佳村はるか
これはまた、なんという組み合わせで
すみぺも真礼もいないから、この曲はないかなあーと思わせておいて、これ
美嘉姉が「ここは私に任せて」といい、李衣菜はロックだかロックじゃないだかぶつぶつ言いながら、美波を助けに来たんだろうし
なにより、養成所時代からの仲である、るるとあやっぺの組み合わせですよ!
物語が見える!


42.Nation Blue/福原綾香 山本希望 五十嵐裕美
様々な組み合わせを見ることになった10thだけれど、一番冒険をしていたのがこれだった
のじょとゆきんこ、冒険すぎるだろ、それって最初思ったし、実際今もそう思っている
これは賛否割れているのではないか(少なくとも打ち上げの場で他のPと話したとき、ちょっと割れた)
ただNBは、SSAでのふーりんとるーりぃの組み合わせがあまりにもベストアクトすぎて、ちょっとやそっとじゃ難しい
今回は、クール、キュート、パッションで揃えてきた
思うんだけど、莉嘉と杏は確かにNBにはあわないと思うんだけれど、のじょとゆきんこの声自体は低めなこともあって組み合わせとしていけるのではないか、と。
実際、Bメロ以降ではうまくあっていたように思える。
Aメロはのじょが莉嘉で歌っていた気がして、ちょっとちぐはぐ感あったんだけど
この冒険はありだったと思う
十分賭けには勝った。やっぱりNBは「持ってる」曲だと思う


43.オルゴールの小箱/大空直美 原紗友里 黒沢ともよ
44.メッセージ/大橋彩香 高森奈津美 松嵜麗
水飲みすぎた
NB終わったあとで、トイレへ。ライブ中にトイレ行くの初めてだ。水がぶ飲みしても汗で出るかと思ったんだけど、多分塩分とのバランスがちょっととれてなかった。塩飴も結構なめたと思ったが。
意外と、通路にも人がいて(もちろんまばらだけど)、屋根はあるものの環境的には野外に近いような通路で、そこから会場全体を見渡せるので、実は結構よかった。
オルゴールの小箱とメッセージの途中まで、通路から眺めてた。きれいだし、気持ちがなんかゆったりして、よかった。
実は、トイレに行っていたために、今回のライブでもっとも多く言及されているといってもよい「真実の白」MCは丸々見逃してしまっているのだけど、その点に後悔が全然ないのは、この通路からの光景を見れたから。
この時のメッセージ、本当によかった。
オルゴールでの、そらそらもいい仕事してたなーと思って、ライアー・ルージュといい、そらそらの使い方が面白いライブだったなと思った。あと、のじょさんやナンスとか、本人曲はなかったけれど要所要所に面白いところで配置されていたように思う。


45.瞳の中のシリウス上田麗奈 愛美 Machico
名曲
ここでの愛美投入も面白かった。2人と歌い方が違っていて、ASにおけるキングのようなポジションではないかとすら感じさせる
そして、上しゃま
ミリオンライブの時ももちろんよかったけど、今回もよかった。
感じたのは、ASとの違い。特に1日目のあさぽんの表情にすごく感じ入っていたのだけど、10年でしか出せない何とも言えない表情というのがある。底抜けに笑っているのでもなく、泣いているのでもなく、深く微笑んでいるという表情があって
それに対して、上しゃまの表情は、今すごく海美として、ミリオンとして演じている役者の表情だった。上しゃまはまだ全然若いのに、めちゃくちゃ上手いと思う。そして、「10年後が見たい、10年後どんな表情を見せてくれるのかが見たい」ってこの時、初めて思った。


46.ココロがかえる場所/山崎はるか 木戸衣吹 渡部優衣 麻倉もも
この4人の組み合わせも面白かったなあ
最初、もちょと木戸ちゃん、ぴょん吉とゆい㌧って組み合わせで、後半は、ぴょん吉と木戸ちゃん、もちょとゆい㌧って組み合わせだったかなあ
それぞれの声質が違っていた感じで
Marionetteは眠らないの、みっくとゆきよは、声質あわせてきたなーって感じだったんだけど、それと対照的というか


47.my song/中村繪里子 今井麻美 釘宮理恵 平田宏美 たかはし智秋 下田麻美
1日目のLOSTにあたるところだと思うので、一体こんどはどういう意味をもった組み合わせなのかという目で見ていたので、オリジナルメンバーだというのにはすぐピンときた。
2人ずつのデュエットになっていてハーモニーが美しかった。
オルゴールの小箱、メッセージで一度席を立ったところで、気持ちがいったんリセットされていたのか、すごくこのあたり爽やかな気持ちになっていて、この曲も泣ける曲というよりは、「よろこびだって 悲しみだって いつかは思い出になるから 未知なる道へ 常(とわ)なき永遠(とわ)へ 新しい私になる」のところとかすごく好きで、泣けるというよりテンション上がった
6人がMCで泣いている時も、もらい泣きなどはしなくて、見守っている気分になってたw
繪里子からあさぽんふったら、あさぽんが泣き出して、平田さんにふったら平田さんも泣いていて。平田さんは確か9thの時に、泣くと化粧が崩れるから自分は絶対に泣かないと言ったら、誰かから泣いてもいいんじゃないと言われて、じゃあ次からは遠慮せずなくみたいなやりとりがあったと思うんだけど、今回はぼろぼろ泣いてて、くぎゅが最後の砦である宏美が泣いてるから泣き虫の自分はもっと泣いてしまうみたいなことを言っていた気がする。で、次にキングかな、と思ったらミンゴスが話しはじめたので、何故かここでキングのMCだけなかった

 

48.Star!!/CINDERELLA GIRLS
49.Dreaming!/MILLIONSTARS
この知らないイントロがかかって、新曲だとわかったときの盛り上がりがやばかった
もうホントに何もかもふりきってた
前列と同行者がミリオンPだったこともあったけど、ミリオンPじゃない自分もめっちゃ叫んでた
いい曲だったなー
そして、「私たちをまたこの場所へ連れていってくれますか」
「瞳の中のシリウス」を聞いていたときに、10年後の姿を見たいなと思っていた直後だっただけに、よりいっそう「うおー」ってなったな、これ


50.M@STERPIECE/765PRO ALLSTARS+


また、太鼓の達人から始まる告知w
何度もいうけど、前列と同行者がミリオンPだったからミリオンのアニメ映像が流れたときの盛り上がりがすごかった。思わず、みんなして立ち上がってたし


ENCORE
51.カーテンコール/THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
再びトロッコ!
今度は、ミンゴス、はらみー、キング、ぬー
ミンゴスがトロッコから乗り出すように歌っていて楽しそうだった
いや、ほんと、トロッコ近い席素晴らしかったんだけど、しかしちょっと唯一欠点があって、自分の位置だとちょうど真正面にピンスポがあって、トロッコが正面を通り過ぎるとき、完全な逆光となり、ベストポジションの時に全く見えなくなるという状況……
目あわなかったよ……
いやでも、あんな至近距離で見れることないから、いいんだけど
人間の欲望には限りがない……
それこそ、るるきゃんとゆきよこないかなってずっと思ってたし……


52.THE IDOLM@STER/THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
さっきも書いたとおり、わりとすっきりした気持ちになっていたのだけど、歌マスの途中で、トロッコにのっていたAS組がステージへ移動するために抜けていた時間があって、デレミリだけで歌っていた時間があった
この時に、寂しさで泣いてた
まさか、AS組のいない歌マスを聞くことになるとは思わなくて


53.アイ MUST GO!/THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
アイマス最高!
これまで参加してきたライブの中で一番、「アイマス最高!」って叫びたくて仕方ないライブだった。
とにかく叫んでた。
退場のとき、全員の名前とありがとうを叫んでいたけど、ほぼ声が出ていなかった気がする。いつも、ライブのあとで声かすれるけど、今回は普段のライブ終了時くらいの喉の状態からスタートで、普段のライブよりさらに叫ぶくらいの勢いだった。
繪里子とミンゴスの退場のくだり、よすぎる
テープを手すりに結ぼうとしてうまく結べなくて、ミンゴスからたしなめられて、何気なく下りていくというのが。

 


1日目終わったあと、「やりきった」感がすごくあって、2日目はもう、楽しむだけの祭だなと思っていて、実際2日目はすごく祭だった
でもそれはまた、デレミリ祭でもあって、10周年はやっぱり765にとって一つの区切りだなというのをすごく感じた2日間でもあった
今年に入ってから、ディレ1やガミPがよく、10周年も途上にすぎない、区切りではないということを強調していたことや、また10周年であるにもかかわらず全員が揃っていないということが逆に、10周年は決して特別なことではないと感じさせられたりしていたのだけど
例えば1日目のバラードパート、あさぽんの表情、2日目のいっしょや歌マス、あるいはパンフレットのミンゴスの言葉などを見れば、特別でないわけではないことなど明確なのだった
めちゃくちゃ楽しいお祭りだったけれど、一抹の寂しさもある
感想TLが未来と希望を語って盛り上がっていたけれど、そして実際まだまだ続くという未来はあるのだけど、でもやっぱり寂しかったりもする。

 

神に「いっぱいいっぱい」のコールを聞かせたいし、アッキーやにごちゃんにおめでとうやおかえりなさいを言いたいから、3人が戻ってくるライブは絶対あると信じているけれど、一方で、765ASが全員揃うライブってもしかしたら今後ないかもしれないなというのをふと思ったりもした。
7thで全員揃ったわけだけど、ライブ初参加だからそれがどれだけ珍しい機会があまりちゃんと分かっていなかった。また、2年後くらいには揃うだろと思っていたけど、結局3年たっても全員揃ってのライブはない。10thのメンバーが発表された時は、むしろ10thで全員揃うと本当に終わりっぽさがでちゃうから、あえて避けて、その先で全員揃う機会があるだろと思っていた。
うーん、もちろん、11thとかであっけなく全員揃うという可能性もある。
でも、デレミリにこれからを託したぞっていう部分はあるよな、と思う。765ASも別に終わっちゃあいないんだけどさ。

 


おまけ


暑さ対策の話

1日当たり2Lペットボトルを2本、2日で計4本を用意
あと、塩分として塩飴、梅干し
ウィダーインゼリー的なものも2日で4つ
それから、保冷剤、冷えピタ、汗ふきシートを準備
1日目は、しかし言われているほどの暑さにはならず、覚悟していたものと比べれば快適だった
結構外から風が吹き込んできたし、会場のミストも効果的だったかと思う
水は2L丸々余ったくらい
2日目は、かなり蒸し暑かった
結構、前半戦の時点で「これはやばいな」と思っていたので、意識的に水を飲んでいた。ただ、塩分がそれに見合っていなかったのか(塩飴も結構食べてた気はするのだが)、前述したとおり途中でトイレに行くことになった。
とはいえ、最終的に飲んだ量は2Lを少し超えるくらいで、1日目より多かったけど、1日目とそれほど差があったわけでもなかった。
結果的には、1日4Lはさすがに多かったと言える。
梅干しは丸々あまった
ウィダーインゼリーはかなりよかった。休憩時間に補給できて。1日目は休憩時間と終演後に一つずつ食べた(飲んだ)のだけど、2日目は休憩時間に一気に2本ともいってた。保冷剤のおかげで、冷たさが維持されていたのもよかった。
冷えピタは、汗で外れてくるので期待していたほどの効果はなかったけれど、それでもずっと曲が続いているあいだなどはそれなりに役に立っていた。
一番使えたのは汗ふきシートで、2日目はこれをかなり多用していた。これでかなり涼しくなる。
あと、2日目後半は結構暑さがこたえてきていて、保冷剤を直接身体にあてて冷やしたりもしていた。
両日ともに、日が暮れてからは風が入ってくることもあって、これに助けられたところもある。腕あげると涼しいw

 

こんだけ暑い中のライブというのも初めてだったわけだけど、結果的には、思ってたほど体力がきついということはなく、むしろ後半になるにつれてどんどんテンションが上がっていったw
トロッコが前を通過したときとか、アンコール時とか、飛んだり跳ねたりコールしたり叫んだり歌ったりサイリウムふったりしていて、終わったあと、汗と涙でぐちゃぐちゃになっていた
あんだけ汗かいたの、大人になってからだと初めてではないかというくらいだった。

 

パンフレット

2日目の朝に読んでたんだけど、ミンゴスのところをはじめとして765組のは読んでて泣けた

そして、読み終わるのに1時間かそれ以上くらいかかった気がする。

杏仁豆腐さんの、伊織、やよい、凜のイラストがいい

キャストと共演するならという質問に対して、「アニメ」が圧倒的に多かったけど、それを除くと、運動会が結構多かった印象

全然気づいてなかったんだけど、アッキーの趣味・特技って早起きだったのか。美希のイラストの下に書かれているので、なんか面白いw

ぴょん吉、「今後どんな活動がしたい?」に「全国ツアー」って答えてる。早速かなってるんじゃ。まあ、「47都道府県でライブ」と言っているので、まだそれはかなってないけど

ころあずが、デレパに行きたいと答えており、「お前がデレパに行ったら……」とちょっと呆然としたw 彼我の差が圧倒的すぎる

それから、れいちゃまの主な出演作にホムラジがあって、趣味も応燕になってるww

そういえばミンゴスも趣味・特技アイドルマスターって答えてるし、これ、事務所のプロフィールから自動的にひろってきてるんじゃなくて、キャストの手が入ってるのか

座談会はメンバーがすばらしいと思う。繪里子、ミンゴスMachico、ゆきよ、ふーりん、ゆきんこ。このメンバーのオーコメとかも聞きたい。

上しゃまが趣味・特技の欄にMachicoの彼女になることって書いてて、座談会でMachicoが上しゃまの彼女にしたいって言ってた。

 

書き忘れていること、色々あるんだと思うけど、とりあえずここまで