読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

おかゆとあっちゃんのしゃべりば

声優 イベント

山岡ゆりと種崎敦美のトークショー
阿佐ヶ谷アニメバロックカフェにて
昼の部のみ参加


客は50名ほど
2人とも浴衣姿で登場
客の中に1人だけ女性がいて、おかゆちゃんめざとく発見する
なんて呼ぶか、という話で、「種ちゃん」と呼ぶともう1人の種ちゃんとかぶるから「あっちゃん」と呼ぶことに。今日だけ「種ちゃん」と呼ぼうか「あっちゃん」と呼ぼうかとおかゆちゃんがわいわいしてたら、そもそも種ちゃんだとかぶるからあっちゃん呼びを提案したのは、初めて会った時におかゆちゃんからなされていた、とか
2人はトライブクルクルで初共演、おかゆちゃんはそれ以前からファンとしてあっちゃんのことを知っていた


という具合に、何を喋っていたのかを一つ一つ書いていくのは不可能なので、ざっくりした感想をw
構成は、オープニングトーク→コーナー1(お悩み相談)→コーナー2(自分なりのこだわり)→日高里菜からのビデオメッセージ→エンディングトーク→プレゼント
コーナーでそれぞれメールを5,6通くらいは読んだような。
プレゼントは、サイン色紙が3人、サイン入りコースターが10人(+1人)


おかゆちゃんはまあいつも通りといえばいつも通りw
あっちゃんこと種崎敦美さんは、自分はトーク聞くの完全に初めて。事前に、Wikipediaやニコ百を眺めたりはしたけど。見たことある出演作は『残響のテロル』『トライブクルクル』『GANGSTA』くらいか。『残響のテロル』見たときには既に名前は知っていて、この人が種崎敦美さんかーと思った記憶はある。1人ラジオをやっているらしいが……w
なんとなく、はやみんっぽい雰囲気の人だなあという第一印象。たぶん、目が細くて穏やかな喋り方をするから。
おかゆちゃんが、わーわーわーって喋るので、まあバランスはとれてる、かな
後半からは結構のってきたのか、時々、腕をぶんぶん振る動作をしていて、それが可愛かった


コーナー1は交互にボックスから引いて読み上げてきたけど、コーナー2は全部あっちゃんが引いてた
ビデオレター、夜の部は種ちゃんだったらしいが、昼の部のみ参加だったの見られず!


悩み相談で、恋愛関係の話が出たときに急にテンションがあがるおかゆ
「グループ交際」推しのあっちゃん
運動不足についての相談で、お二人は運動されますか→「しない」即答のおかゆ
あと、やっぱり「夢の国」推し
それから「4000円」ネタもかなり(今回のチケット代)
結構イベントに来ている人を覚えていて、「あなた前来てたでしょ」みたいなのも
コーナー2の時に間違ってコーナー1の方のメール読んじゃって、めっちゃ落ち込むあっちゃん
あんまり拘りもなく落ち込むことも少ないおかゆちゃんの生き方を羨むあっちゃん


ちゃんりなのメッセージビデオもそこそこ長くて、おかゆちゃん、種ちゃんと3人で遊んた時の話など
仲良いけど、共演したのはたまこくらい、らしい。
後ろのホワイトボードに、手描きの色紙を切って飾り付けをしたのは、種ちゃんだったらしい(種ちゃんトークショーのおかゆちゃんのビデオメッセージ思い出す)


プレゼントの時、女性客が最後まで当たらなかったことに気づいたおかゆちゃんが、急遽彼女にも何かプレゼントをといって、あっちゃんのサイン入りコースターがプレゼントされた
「女性に優しくしないと」って言ってた
あと、「もう男性には媚びない」とも言ってたw


1時間半ちょっとくらい?
とにかくずっと笑っていられる楽しいイベントだった