プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

ゼーガペインADP

とりあえず見たという記録

総集編でありながら新規ストーリーというのを、ループものであるということを活かして実現してみせた。

これを言うこと自体がネタバレの1つなので、要は前日譚なのである。が、前日譚だということ自体、最初は分からなくて、見ているうちに気付かされるというのがポイントにもなってる。

で、旧作カットを織り交ぜながら展開していく。

知らなかった過去の設定が色々明かされていくので、TVシリーズの物語を見る目が変わりそう。

新キャラのAIルーパが動きが可愛かった。

そして何より、個人的にはやっぱりミナトがぁぁって感じだった。

ミナトが出てきただけで泣いてしまって……w

何故オーストラリア人であるはずの彼女がミナトという名前かが分かるのだけど、いよいよ、シマとミナトの関係に切なさが増すなあって

ADPでのミナトは、TVシリーズのミナトとは雰囲気が違って、だいぶコメディよりのキャラになってるのだけど、それもまたそれで、時間の流れを感じさせて切ない。

そのあたりはシズノもまた似たような感慨がある。

カミナギについては、未来の記憶でぞわっときた。

ロボットのCGが格段にかっこよくなっていたー