読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

『劇場版マジェスティック・プリンス 覚醒の遺伝子』

アニメ 映画

テレビシリーズから3年、3年かー。

いつも通りのザンネン5で、いつも通りのかっこよいロボットアクションシーン。

とにかく、覚醒がかっこよくてすごかった!

マジェプリのメカデザ好き(あとになって知ったのだけど、アクティブレイドと同じ人らしい。なんか見ていて、似てる気がしていた)

 

テレビシリーズの最終回直後から始まる。

受入れよさんことジアートとの戦いに勝つも、意識不明の状態で回収されるイヅル

何とか一命を取り留めるもののいつ目覚めるか分からない状態に。

とはいえ、ウルガルとの戦争は終わったわけで、あとは地球へと帰るのみ……

と思ったところで、ウルガルの残党が、今まで見たことのない機体に率いられ地球への最後の総攻撃を開始。

 

 

パトリックの双子の妹出てきた時は、おいおいーって思ったけど、タマキが空の塩辛の瓶出してきたところで泣けたのでちょろい(俺が)

そうだった、塩辛で泣けるアニメなんだったんだ、マジェプリという奴は。

もう開始早々から終わるまで、あちこちで涙腺刺激されまくりだったけど、そこかしこで気が抜けて笑いが生じるのもザンネン5のザンネン5なところである。

最初、ウルガル皇族ってジアート復活だと思ったら、新キャラだった。ディオルナの声、見てるさいちゅうはずっと東山奈央だと思ってたのが、クレジット見たら久野美咲だった。

 

 

今回はサブタイトルに「覚醒の遺伝子」とあるが、各機体が「覚醒」するのが見せ場となっていた。

テレビシリーズではレッドファイブだけ覚醒してたんだけど

自由落下中に戦闘しながらの、ブルーワンの覚醒!

空中を歩き始めるあれ、めちゃくちゃかっこよかった

そして、ゴールドフォー!

今回は戦闘でスルガとタマキが活躍する回だったなー

あんなにかっこいいスルガは初めて見たので、最初はまたなんかフラグかと思った

覚醒の時、パーツがぱかぱかと開いていくのかっこいい

覚醒ローズスリーやばない?

ローズスリーは元のデザインからしてとてつもないけど、覚醒時がまたすごかった

ビーム兵器の空中への四散っぷりがシン・ゴジラ感あった

 

 

ウルガルのディオルナ機が美しかった。

ガメラ3のイリス的な美しさ

ブラックシックスとの戦闘時の手数(?)が、ジアートよりもさらに速くなっている気がした。

あと、今回の戦闘、結構抱きつくようなモーションがあったと思うんだけど、CGだとあれって結構難しいじゃなかったっけ? さらなるCGの進歩だったんかな。

ブラックシックスとディオルナの戦闘時の「言葉が通じないのに喧嘩してる」の面白かった

 

 

ホワイト・ゼロは、っていうか、あそこでのパープルツーの覚醒もまた

パープルツーって直接的には戦闘しない機体だから、覚醒どうなるかぴんときてなかったけど、実際に見てみると、パープルツーの覚醒はまさにこれだって感じになってたのがすごくよかった

そもそも管制用の機体がメインメンバーの中にいるのが面白いよね、マジェプリ

で、ケイがアサギをサポートするとこが、一番泣けた

直接的にはアサギが助けにいくのだけど、みんなでイズルを助けにいくんだ感

ラベンダー畑でのバトルシーンがめっちゃキレイでかっこいいんじゃー!

 

 

とにかく、CGロボットアクションがめちゃくちゃすごいぞっていう、テレビシリーズ時代からのマジェプリの魅力が劇場版でもがっつり堪能することができた

 

 

チームフォーンは意外とあっさりした感じだった。

25話で見ただけなので、微妙にキャラが掴み切れてない