読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

『アイカツスターズ』第45話「あこ、まっしぐら」

今までも、アイスタで涙ぐんだこととかあったけど、ちょっとこの回は自分の中で一番きた回だったかも。

アイスタの展開、酷すぎるんだけど素晴らしい

 

前回、前々回で、ゆめ、ローラ、真昼がそれぞれ、S4戦を戦うために特別なグレードアップグリッターを手に入れる。

あこも、自分もグリッターを手に入れるんだと意気込む。

そのためには、大きなステージを成功させることが必要と知り、どこかステージのあきがないか探し始める。

結果、映画を見てあこのファンになったちびっことの出会いをきっかけに、デパートの屋上ステージをブッキングすることに成功する。

さて、ここから。

ツバサ先輩から一緒にステージに出ないかと誘われ二つ返事でOKするも、前述のステージの日時とかぶってしまう。

ちびっこたちの約束をとるか、ツバサ先輩とのステージをとるか

さらに、ゆりちゃん先輩が、グリッターを手に入れるためには多くのお客さんが入っているステージである必要があり、デパートの屋上ステージでは手に入れられる可能性はほぼないことを告げられる。

あこから相談され、あこが約束を守るべきだと思うのだけどと言っているのを聞いて、それに対して「後悔してほしくないから」と言ってこのことを告げるのが、正しいけど、一つ目の酷

迷いに迷った末、あこはデパートの屋上ステージを選ぶ

(すばるきゅんのファンとして、ファンの気持ちを一番わかっているというあこ。でも、すばるきゅんは仕事があって、あこのステージは見に来てくれないどころか、そもそもあこがステージやること自体知らない)

これはまあ、当然の展開

しかし、グリッターはやはり届かない

何も知らないちびっこたちが再びあこに映画のセリフをねだる。夢を諦めないというセリフを3回繰り返すことになるあこ。その登場人物のセリフは、あこ自身の言葉となる、ということ自体はよくある展開なのだけど、ここでそれをぶつけてくるのが……。

S4戦を戦うために大きな武器となるグリッターを手に入れることができなかった。自分の選択が本当に正しかったのか、ステージが終わった後も迷うあこに対して、「わたしも同じ選択をしたと思う」とゆめが告げる。

いや、これも、これも確かに正しい展開だと思うんだけど、よりにもよって、すでにグリッターを手に入れたお前が言うのかーって

すばるきゅんではなくて、かなたがステージを見に来ていたのだけど、こういうのってかなたの役割ではないのか。

その後、かなたとすばるのラジオで、かなたが名前を伏せてあこのことを話し、すばるが「アイドル合格だ」というのを聞いて、ようやく自分の選択が間違いじゃなかったのだなと納得した笑顔を見せるあこで終わる。

このラジオで、最後のミラクルを期待したけれど、グレードアップグリッターは手に入らないままだったよ。

グリッターより大事なことはある。それはわかる。

でも、こんなにも酷な形で示すのってありかよ。

あこちゃんには報われてほしい。そして、すばるきゅんの言葉は、あこちゃんの選択を肯定し、あこちゃんにとってご褒美となっている。ほんの少し、報われたのかもしれない。

でも、それってあまりにも小さい。S4という夢に、あこはこのままだと届かないかもしれない。それに、すばるきゅんは、そのアイドルがあこだと知らないままだ。全然うまくはいってない。いってないけど、あこちゃんはラジオから聞こえるすばるきゅんの言葉に笑顔を見せる。

 

あこ推しなんだけど、推しっていうよりも、あこちゃんに対しては、報われてほしい、幸せになってほしいという気持ちがずっとあって

ほんと、45話は涙が堪えられなかった

 

脚本は、千葉美鈴

アニメよりもテレビドラマの脚本が多いみたい

アニメではドラえもんをやってる

アイスタは7 10 13 20 34 39 45

 

あこちゃんのアピールに、思わず「フレッシュフルーツバスケットだ!」ってなったw

曲は「アニマルカーニバル」作詞秋浦、作曲中野、編曲成瀬のonetrap曲