プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

Tokyo 7th シスターズ メモリアルライブ『Melody in the Pocket』 in 日本武道館

ナナシスライブ武道館!

青空のもと開催されたメモリアルなライブに参加してきたので、日記的な感じでメモ



ナナシスのライブは終わるたびにいつも同じようなこと言ってる気がするけど、めちゃくちゃいいライブで、めちゃくちゃ楽しかった。

終わった直後、連番者に感想を言おうとするも、同時に5つくらい言いたいことが喉にあがってくるので、結局言葉にならない、みたいなことを繰り返していたw

 

当日朝~開演前

天気に恵まれたといえば聞こえはよいが、連日の酷暑が続く中での開催

熱中症の危険を鑑みて、早い時間から行って物販並ぶのは、早々に諦めた。

ただ、朝から1stの時のライブTシャツ着て、家の近くのドラッグストアとか行ってたんだけど、考えてみると平日の昼間で、端から見たら浮かれたおっさんだったのでは感があったw

 

武道館ついたら、ちゃちゃっと物販勝って、そのあと休憩所にいた。

物販レジのとこ、お金出すお皿みたいな奴、各アイドルのイラストが描かれてましたねー

星型ペンラ、ほんと子どものおもちゃみたいなデザインなんだがw

あー、抽選はハズレでした

休憩所内はエアコン効いてたとはいえ、人も多くて暑かった。

始まるまでは結構暑さでへばっていたんだけど、会場入ったらエアコン効いててかなり快適で、ライブ前よりライブ後の方がはるかに元気になってたw

昼飯とか「あんまり重たいものは食えないけどライブ中の体力維持するためには食べなきゃ」みたいなテンションだったけど、ライブ後の打ち上げは普通に飲んで食ってたし

夏バテにナナシスライブは効く!!w



フラスタが、あんまりしっかり見られなかったなー

置いてある場所が分散していたし、立ち止まれない場所もあったし

サワラ役桜さん宛フラスタが、魚の方のサワラのイラストが貼ってあって面白かった

あと、海外支配人からのフラスタ、ニコルからハルへみたいな奴でよかった



席は、1階席北側

センターステージだったので、一応、360度どこからも見えるわけだけど、北側なので基本的には裏側からという位置

席ついたとき、ちょうどナンバガがかかっていた

その後、トイレ行ったり、連番者と話したりしていたので、何流れていたのか意識してなかったけど(というか知ってる曲多分ナンバガだけだったけど)、他の支配人からの情報によると*1、邦楽ロックを年代順に流していたらしい。

で、その後にセブンスの曲が続く、という構成。開場前BGMに、その日出演しないユニットの曲を流すというのはよくあるけど、J-POP・ROCK史に位置づけてみせるというのは、なかなか面白い試みというか、すげーな」

「Sparkle☆Time」が流れてくると、会場のボルテージが一気に高まり、みなペンラを点灯し、あたかもライブがすでに始まったかのような雰囲気に

 

1.僕らは青空になる / 777☆SISTERS

ライブ開始を告げるコニーさんの前説では、エピソードからの引用があったり。あと、OPムービーでは、作中に出てくるドームかどこかの画像が一瞬映っていたりしたような気がする。

「ついにここまで来たんだな」感

センターステージが迫り上がり、真ん中に円陣を組んだ777のメンバーが現れるのだが、このステージ、表面に青空と雲が描かれており、さらにそれを真上から撮影するカメラが捉えると、青空の中に浮かんでるような姿がスクリーンに!

アルバムのジャケットイラスト、そしてこのライブのキービジュアルをそのまま再現したかのような光景が広がる。

1曲目は「僕らは青空になる」

新衣装かわいいいいい!!!!

しーたむのフードかわいい!!

道井のシースルーのスリーブみたいなのかわいい!!

高田の(ムスビを再現した)ポニテとイヤリング、最高か!!

今回のライブ、総じて衣装のレベルがめっちゃあがってましたね。回を追うごとに衣装よくなってくけど。

 

2.KILL☆ER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS

毎度おなじみとなっている、客とのコール&レスポンスのコーナー

曲が止まり、ハルちゃんが「どうしよう」と言うと、777のわちゃわちゃが始まるw

プール行きたい、休みが欲しいと銘々勝手なことを言い始め、それをムスビが一喝するといういつもの流れに、会場も笑いに包まれる。

777の日常的な風景が、ライブ会場に現れていた。

その後、やはり会場との歌詞のコール&レスポンスも行われた。

 

3.Cocoro Magical / 777☆SISTERS

ココマジでは、風船が出てくる演出

1stライブを思い出させる! メモリアル!w

ところで、今回のステージ、真ん中が迫り上がって段になるのだけど、そこにもディスプレイが設置されていて、芸が細かいなあという感じ

ココマジでは、風船のアニメーションが流されていた。



メンバーからの挨拶MC

あーあんまり覚えてないなあ

ロナの「ふえええええ」がめちゃくちゃ長かった、とかかな

シズカが誕生日だったので「おめでとう」とか。ダジャレは「みなさん、武道館を楽しみにしていましたか、私も同感です」みたいな奴だった気がする

道井さんが、スイでしゃべっている時「道井悠です」って名乗るときの、テンションのギャップで笑いをとっていたw 

高田が「やる気元気」って言ってた

 

4.YELLOW / Le☆S☆Ca
5.タンポポ / Le☆S☆Ca

はい、かわいい

はい、かわいい

はい、かわいい!!!!

ずっと「かわいい」しか思ってなくて、逆に記憶が曖昧

席が北だったから後ろ姿見てる時間の方が長かった気がするけど、後ろ姿がかわいいんじゃ! ひかるんのツインテ

衣装のひまわり!!

Le☆S☆Caの振り付け考えた人に感謝

 

6.ひまわりのストーリー / Le☆S☆Ca

腕を回して伸ばすような振り付けのひかるんを真横から見れて、かわいかったー

 


7.星屑☆シーカー / WITCH NUMBER 4

誰かも言ってたけど、イントロの「行くよ」が覚悟する前に終わってしまっていたw

衣装かわいいいいい

「ウィッチの衣装がかわいい」って最近毎回思ってしまうねw

スカートの星柄がよいよね

 

8.プレシャス・セトラ / SiSH

パンフレット見たときも「あしゃかお姉さん、お姉さんみ上がりすぎでは?!?!」って思ったけど、SiSHのお姉さんっぷりがますます上がっている。

そして、「プレシャス・セトラ」楽しい

確かに今までのSiSHとはまたちょっと違った感じだったかも

ステージ上にスクリーンがぐるりと取り付けられているんだけど、星屑とプレシャスは、VJっぽい感じの映像が流れていて「いいぞ~」ってなった

大体、ぐるりと囲んでいるスクリーンのうち3面くらいが見れて、2面がステージカメラ、1面がそのVJっぽい映像みたいな感じだったはず。

3人ユニットだと、1人ずつ映し出されたりとかあったり、上のスクリーン見てるのも結構楽しかった。

 

9.14歳のサマーソーダ / サンボンリボン

桑ちゃんのベレー帽かわいいいい

ずっとそれしか言ってないけど、ほんとずっと「かわいい」にやられ続けていた気がする。

 

10.CHECK’MATE / NI+CORA

からの~チェックメイト

この曲、自分の周囲だと「悪くないとは思うけど、なんかちょっと違うよね」みたいな評価が漂っていて、自分も同感だなーって感じで、ライブ始まる前にもそんな話をしていたんだけど

ひとたび始まると、新曲5曲の中で一番声あがってたよねっていうw

結局誰もNI+CORAには勝てないんだよw

ステージ上のスクリーン、どのユニットもだけど、ステージカメラの映像と、ジャケットイラストのシルエットの画像が映し出されていたと思うんだけど

高田と大西が映っているスクリーンと、ムスビとスース(のシルエット)が映っているスクリーンが目に入ってきて、CHECK’MATEのジャケットイラストは、ムスビのお顔がよすぎるとの、今回のライブの高田のお顔がよすぎるのとで、「推しの顔がよすぎてつらい~」って頭抱えてた。

「CHECK’MATE!」ってとこのキメポーズかっこよすぎて、無限にチェックメイトされてた。



SiSHとNI+CORAのMC

5人揃ってのチェックメイトキメポーズがよすぎた! 道井かっこいい


11.シトラスは片想い / Ci+LUS

12.アイコトバ / Ci+LUS

イラスト完全再現の衣装で現れた2人

完全無欠の美少女ユニットだった

Ci+LUSとしてはデビューライブだけと、みにゃみもエリイちゃんもステージ馴れしているから、素晴らしいパフォーマンスだったし

っていうか、またも圧倒的な「かわいい」の暴力にさらされる支配人

「アユムン」「マコツン」ってお互い言い合うところもすごいが、やはりなんと言っても、ポイントは初の「お姉ちゃん」&「お嬢様」呼びだろう。

「お姉ちゃん」でも「お嬢様」でもない自分ですら「やったぁぁぁ」ってなったからな。叫ぶのはこらえたけどw

例えばアイマスでの亜美真美の「兄ちゃん」「姉ちゃん」もそうだし、呼び分けが無かったとしても、ライブ会場で「男子ー!」「女子-!」みたいに性別わけで声出させるというのは割に見かける光景ですが、今回すごかったのは、どう考えても、女性支配人の叫び声の方が大きかったっていう

2次元アイドルもの(アイドルが女の子の奴)、ナナシス以外にもいくつか行っていても、年々女性比率上がってるの分かるし、ナナシスは特に女性ファンの割合高い方だというのは分かっているけど、それでも、Ci+LUSに対する女性支配人の声の大きさには驚かされた。

ところで、エリイちゃんが「お姉ちゃん」っていうたびに、後ろでみにゃみが頭抱えながらバタバタしていてオタクモロだしだったw「おい、みにゃみ!」って思わず叫んでしまったw

アイコトバ」の「パッパヤパッパヤパヤパ~」楽しい


13.SHAKE!!~フリフリしちゃえ~ / はる☆ジカ(ちいさな)

やっぱ、Ci+LUSの次ははるジカですよね~っていう流れ

何あのマント!かわいいんですけど!!!!

MCでは、ジャケットのイラストの再現として、お互いの顔をめいっぱい近づけるなんてサービスショットも

 

そして鳴り響く電話のコール音


14.Girls Talk!! / NI+CORA

15.お願い☆My Boy / SiSH

16.セカイのヒミツ / サンボンリボン

17.ラバ×ラバ / WITCH NUMBER 4

すみません、記憶が曖昧なので飛ばします

ところで、今回もまた生バンドだったわけですが、キーボードが度々よかったなーという記憶。

で、「う~ん、キーボードいいなあー」とか思いながら聞いていると、時々(確か「ラバ×ラバ」だったと思うのだけど)「めっちゃギターいい~!!」みたいなこともあるので油断できない

完全に隠れた場所にいたっぽいので、どこにいたのか分からず。ステージの下とかにいたのだろうか……

ステージ上で歌って踊るキャストはもちろん大変だとは思うけど、しかし、ユニットごとに分かれているので出演時間的にはそんなに長くないのに対して、バンドの人は3時間ほぼずっと演奏しっぱなしなので、いつもすげーなーって思っています。



サンボンリボンとウィッチのMC

衣装見せるよって回るよって奴で、その場で回るんじゃなくて、一列に並んでみんなでステージを周回するっていう奴やってた

「このよく分からない時間、もう少しで終わりますからね~」って桑ちゃんが言ってた

 


18.Fire and Rose / The QUEEN of PURPLE

ステージ真ん中から迫り上がってくるドラムセットとゆっこさん

メンバー紹介MCとともに、他の3人も、ステージのそれぞれの角にポップアップで登場

Fire and Roseで一気にボルテージがぶっ飛ぶ

QoPも新衣装

めっちゃいい

前回の衣装はイラストを再現したものだったけど、今回はこのライブオリジナルのもので、より馴染んでいた。

前回のはやっぱり2次元寄りだったのに対して、実在性が増した衣装になったというか

麻衣子さんのパンツルックと広瀬のオフショルがかっこいいんだよなー

あやのんはかわいいし

ゆっこさんはドラムだったから、ステージ上からはあまり見れなかったのだけど、あとで写真とか見る感じで、とても似合っていたし

あと、歌い分けが前回と違って、ユメノとマツリのパートが増えていたと思うんだけど、TRIGGERの方だったかもしれない

広瀬がめちゃ脚広げて髪振り乱してベース弾くのは今回も健在

 

19.Clash!!! / The QUEEN of PURPLE

マツリさん(ゆっこさん)からの「新曲だよ」という煽りに、こっちのギアもさらにあがる

そして、(当たり前だけど)聞いたことないイントロが流れ始めてさらにテンションが上がる

めちゃくちゃかっこいい!!

麻衣子さんがステージの北西側に来て、髪を汗で濡らしながら歌っていたのはかろうじて覚えてる

どうでもいいけど、ライブ中はタイトル「Slash」だと思ってた

広瀬がコーラス入れていたような記憶がうっすらとあるんだけど、覚えていない



挨拶MC

ムラサキで話した時と「野村麻衣子です」って言うときの声のギャップで、会場が和んでた

いやー、エビストの2_wEi・虎牙アルミだと、キャラ声の中で、かっこいい声とほんわか声の両方聞けるんだよな~、そんな2_wEiのライブが11月にあるんだよな~


20.TRIGGER / The QUEEN of PURPLE

今回のライブ、4Uいないこともあって、QoPがライブ全体の中で強烈なアクセントとして機能していて最高だった

かわいい!→かわいい!!→かわいい!!!!→かっこいいいいいいい!!!!!!!

みたいな流れでw

3rdライブでの盛り上がりを思い出しながらも、さらに激しくなったなあっていう感じで

TRIGGERで、ユメノとマツリのパートが出来ていた気がする。

でもって、ドラムのところに3人集まってきて真ん中見ながら歌う奴とかさー

何より、麻衣子さんと広瀬が、バチバチと睨みあうように相手の正面に立って歌い、演奏するところ、やばかった! ファームラ!!

あの2人、ほんとかっこよすぎるし、普段とのギャップがやばいし

っていうか、麻衣子さんの声もめっちゃ好きだけど、「あ、かっこいい声が聞こえる」って思うと大抵広瀬が歌ってたりする



帰り際のMCで、マツリさん(ゆっこさん)からこの後、お知らせがあるよという告知があり、ユメノらがなんかいらんこというので、それに軽快にツッコミを入れる、というQoPらしい寸劇を交えて退場していったw



特報5つ

「Crash!!!」の当日配信とか、「やるじゃん!」って思ったし、KARAKURIの文字が見えた瞬間、席立ち上がったし、新ユニットとか、心の底から「やったあああ」って叫んだし

新ユニット、誰になるんでしょうねー

大人組って線が濃厚ですが

早く、シルエットを公開してほしい

Ci+LUSの時のように、みんなの予想合戦を楽しみたい

ワンチャン、カズミウでミウのデビューないかなー

4thのライブ、10月! 近い! うれしい! けど、近すぎる!!ww

ライブ終わって冷静になってから頭抱えたw

でも、武道館でお預けくらった「WORLD'S END」と「Winning Day」がやっとライブで聞けると思うと……!

また、武道館が何故4thライブではなくメモリアルライブなのか、という謎があったわけだけど、ちゃんと4thも用意されていたということだったんですね


21.またあした / 春日部ハル

特報からの興奮渦巻く会場に、さらなるどよめきをもたらしたのが、こちら

ステージ上には、ハルを演じるだーみなが1人立つのみ。「もしかして……」という思いがよぎるなか、イントロが流れ始める。近くの席から「やるの?!」という叫び声が聞こえたが、完全に同じ気持ちだった。

楽曲全部盛りをしてくるナナシスライブにおいて、2ndでも3rdでも歌われず、ライブではやらないのかなーとすら思われていたこの曲。

満を持して武道館メモリアルライブでのライブ初披露

ピアノの伴奏のみが流れる中、だーみなのソロが響く。

そして、曲の後半、ステージが迫り上がり、777のメンバーがハル(だーみな)の後ろへと現れる。

会場のペンライトが、ピンクからナナシスブルーへと切り替わっていく。

一面ピンクの会場が一面青空色へと変わる様が、本当にきれいだった

というか、武道館は全体的に距離が近くて、ぐるっと席がステージを囲んでいるので、ペンラの光がとてもよい

最後のサビは、一緒に歌ってくれますかということで、歌詞がスクリーンに映し出され、会場全体で合唱。

 

ライブ中、ハルはこの曲について、今まではつらい時や悲しい時に歌ってきたけれど、今は違うというようなことを述べていた。

まだ、あまりちゃんとは分かっていないのだけど、「またあした」という曲の意味が更新された瞬間だなーと思っていた。

CDで聞いたときは、こういう印象の曲ではなかったよな、と。



その後、777のメンバー(キャストではなくキャラクターの方)から、思いを告げる台詞が順に話されていく。

詳しい台詞は忘れてしまったんだけど、サワラさんがシリアスモードだったのが、一番キた

あ、あと、台詞わりとポケットという単語がよく出てきた気がする。

 

22.スタートライン / 777☆SISTERS

「またあした」から「スタートライン」かーっていう

 

23.FUNBARE☆RUNNER / 777☆SISTERS

FUNBAREって元々フォーメーションがわりと複雑な曲だったと思うんだけど、菱形ステージとなった今回、さらに複雑化していた

それがそのまま、次の曲のSTAY☆GOLDの方にも引き継がれていた。

 


24.STAY☆GOLD / 777☆SISTERS

今回、菱形のステージだったので、3人ごと4辺に立つというのが基本配置だった。

前半で披露された777曲については、基本的には隣り合う人が誰か、というのは固定されていたはず。

対して、FUNBAREとステゴでは、かなり複雑にフォーメーションが切り替わっていた。

どの曲だったか忘れたけど、真ん中に2人くらいがいって、自分のパート歌って、別の列に戻っていったりとか。

四角形から円形に配置が変わって、また別の順序に並びが変わったり。

「STAY☆GOLD」は発表時から好きな曲だったのだけど、歌、バンドの演奏、振り付け、フォーメーション、何から何まで「パーフェクト」って言いたくなるくらい好きな奴だった

振り付け、全然覚えてないんだけど、なんかすごくよかったというのだけ覚えてるw

客電がぱっとつく演出もよかった


エンディング

いつものBGMが流れてきて、Le☆S☆Ca、QoP、Ci+LUSのメンバーがステージに上がってくる。

円になって、まずはマイクを使って、その後、肉声で「ありがとうございます」の挨拶

座席が北だったから、ステージからはけていくのをわりと正面から見ることができたぜー

最後、だーみなとゆっきーのハグ

いつもと同様、出口カメラの映像もあった


終わりに

3rdライブが終わって、メモリアルライブが発表があってしばらくたった頃、ナナシスもしかして企画を畳む方向にシフトするんじゃないか、なんてことを考えていた時期もあったりしたのだけど(そういう考え自体は、Ci+LUSが出てくる頃までにはなりをひそめたものの)、今回のライブはむしろ新たな始まりを告げるような、楽しみに満ちたライブだった。

10月の4thライブで一体どんな景色を見せてくれるのか、楽しみでたまらない。

 

その他関連記事

 

togetter.com

natalie.mu

nizista.com

www.gamer.ne.jp

nki26.hatenablog.com

hellorusk.hatenablog.com