読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

劇場版内田さんと浅倉さん 探偵からの挑戦状(ラブレター)

声優 イベント

ラジオ「内田さんと浅倉さん」のイベント。映画ではない。

場所はサイエンスホール。夜の部に参加。

笑った笑った

とってもエンターテイメントなイベントだった。

公開録音、というわけでは多分なくて、このイベント用にコーナー作ってステージだから出来ることをやってた。後ろのスクリーン使ったりとか。

イスはあって基本的にはそこに座ってるんだけど、2人とも、何かとすぐ立ち上がって即興劇したり何だりしてしゃべってた。

ガチでアドリブなんだなーって感じの、2人とも黙ってしまう「間」が結構あったのだけど、それがまた笑いを誘う。

あと、あずみんのゲラゲラ声優っぷりは相変わらずすごかったw

 

諸注意の影ナレで、早速噛んで、会場を失笑ないし爆笑させるうっちー

 

おそろいのベレー帽で、うっちーが黒、あずみんが白。あずみんが白いワンピース、うっちーは赤いカラーストッキングが印象的

 

最初のコーナー

暗号解読

「ktkr」とか「……だろjk」とか「小並感」とかいったネットスラングが後ろのスクリーンに映って、それの意味を2人が当てる。

スタッフが用意したヒントもあったのだけど、それ以上に会場側がヒントを投げて、それに応える形で進行していくのが面白かった

 

次が、恋愛指南のコーナー

シチュエーションが与えられるので、それに適した恋愛アドバイスを送るという趣旨なんだけど、即興コントコーナーになってた。

満員電車、営業先、料理教室、ネトゲの4つだった。

2人とも、よくアドリブであんだけできるもんだと思うけど、満員電車の「LINEやってないんだ」というオチ、営業先の「年間契約もお願いしますね」というオチ、料理教室のクレーマー役といったあたりのうっちーは、ほんとすごいw

ネトゲのチャットでCV話に盛り上がるくだりも面白かったw

 

3つめのコーナーは、事前に回答してたアンケートを使って、1番多かった回答を2人が当てるというもの

設問は、「声優イベントに必ずもっていくものは」「女性声優に一番やってほしくないことは」「アニメなどに1ヶ月で使う金額は」「内田彩にやってほしいキャラクター」「浅倉杏美にやってほしいキャラクター」など

「女性声優に一番やってほしくないことは」っていう質問は、スタッフは一体何を期待してたのかなみたいな奴だけど、1位は「無理しないで」というもので、あずみんが「疑ってごめんね」と言って2人が安心する一幕も。印象的な回答として「パンイチで寝ないでください」というのがあり、うっちーが「わたし、してる」って言ってたけど

一ヶ月で使う金額は、1万円が1位でまあ妥当だったんだけど、回答が円グラフにまとめられてて、その後度々そのスライドが出てきた。

「やってほしいキャラクター」について答える時、あずみんもうっちーも「歌を歌う女の子」とかいれてきてたり。

内田彩にやってほしいキャラクター」の第一位は「ドSキャラ」。試しに演じてみると、「シーサイドに金落とせよ」っていう金にがめついキャラに。あと、2位になってた「スケ番」もやってみたら、「ちょっとジャンプしろよ」とやっぱりお金がらみ(あずみんがちゃんとジャンプしてたの面白かった)。印象的な回答には、「耳クソ」

浅倉杏美にやってほしいキャラクター」の第一位は「セクシーキャラ」、2位は「あずといキャラ」、3位は「黒いキャラ」。ですよねー。印象的な回答は、何故か「きゅうり」

 

最後のコーナーは、番組でもやってる声の変装マシましメール

今回のイベント用に用意された「コミカル」を、あずみんもうっちーも引き当てる。

ガチ告白台詞だったのに、うっちーが「耳クソ」で読んで、全く内容が頭に入ってこない。

 

さらに一番最後には、あずみんがうっちーに宛てた手紙を読む

番組開始当初は、「みんなから心配された」「距離感が異常だった」という2人の仲の話をしていて、ああそういえばそうだったなーって。

2人が打ち解けたのってセーラームーンの話で盛り上がったあたり? ある時期からあずみんが、「内田さん」じゃなくて「彩ちゃん」って呼び方変わってた