プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

トライアングスステージ~JUMP~

ラジオ「トライアングルハーモニー」の公録&ライブイベント
HOP、STEPに続く3回目
これまでは先行で落ちたり、他イベント(っていうかアイマス9th)とかぶってたりして行けてなかった。
今回、はなから諦めてて先行予約してなかったのだが、試しに一般で買ってみたらあっさり買えたので行ってきた。


場所は、TOKYO DOME CITY HALL
自分は行くの初めてだったのだけど、この会場は、アイマス6thであり、またアニマスでもライブ会場の舞台として使われているところで、ちょっとした聖地でもある
席は、3階席の一番上手側のブロック。かなりステージを真上から見下ろすような位置で、3階席にしては近い


イベントは、公録パート、バラエティパート、ライブパートの3部構成
パート変わる度に衣装が変わった
公録パートでは、雨のち晴天とマルメールのコーナー
昼の部では、もちょの名言メモちょだったらしく、うあああ見たかったああってなったけど
雨のち晴天でも、天ちゃんのちょっとどや宮さん入ってる謎の演説と、ナンスのどん引きが見れたのでよかったw
メール送った人が会場にいて、天ちゃんのメール解釈をひっくり返されてしまって、逆転不合格になったのも面白かった
ジングルなどの時に、キャスター椅子を滑らせて、お互いに近付いていってちょっかい出したりしていたのがかわいい
まるメールでは、お互いの尊敬するところを言ってくださいというのがあったりして、もちょと天が抱き合ってたり、ナンスと天が抱き合ったりしてた


バラエティパートは、朗読劇というかコント
3人の衣装も、ちょっと漫才師っぽい蝶ネクタイをつけたものになっていた
「漫画喫茶」「取調室」「催眠術師」という3つ
どれも、ナンスがツッコミポジションで、もちょと天ちゃんに振り回されるという、まあいつも通りといえばいつも通りの配役だったw
「漫画喫茶」では、いちいち厨二じみたポエム調で話す謎の女性客を天ちゃんが演じて、ナンスともちょが店員役。ナンスは、天ちゃん演じる女性客にいちいちツッコミをいれるのだが、もちょはちゃんと応じるのでそっちへのツッコミにも回るという展開
「取調室」では、無実の罪で逮捕されたナンスに、凄腕のもちょ刑事が、というもの
「催眠術師」では、バラエティ番組に出演したナンスが、催眠術師もちょの催眠にかかったふりをするようにスタッフの天ちゃんから言われるのだが、もちょの催眠がわりと無茶ぶり


そして、ライブパート
これがすごくよかった! 
まずは、天ちゃんからなのだが、着替えのあいだのつなぎでナンスともちょのトーク。マイクスタンドを使った天ちゃんのパフォーマンスを真似したりしていた
天ちゃん1曲目は、「Sky Reach」
生で聞くとかっこいい、これ
そして、2曲目「夢見る少女じゃいられない」!
実は、始まる前にTLを眺めてたら昼の部のセトリが流れてたので、この曲やるようだということは知っていた。
MCで、3人でカラオケ行くと、自分ともちょが80,90年代の古い曲を、ナンスは新しい曲を入れると言っていて、そうだよなあー相川七瀬はもう古い曲だよなーなどと思ったり、80年代と90年代は同じくくりなんだなーと思ったりw まあ自分だって、70年代と80年代は同じくくりだけど。
始まる前は「そうだよねー古いよねーふーん」みたいなテンションだったんだけど、いざイントロがかかったら、ちょっとなんていうか、感極まるというか、ぶわってきた
まさか、2015年になって相川七瀬の曲を雨宮天が歌っているのをライブで聞けるとは思わなかったよなー
10代の頃に相川七瀬を聞いててよかったって思った(ちょっと意味不明だけど)
まあ正直、10代の頃の自分が、アラサーになって女性アイドル声優が「夢見る少女じゃいられない」を歌っているのを聞いてサイリウムふってコールしてるってのを知ったら、どん引きするだろうなとは思うんだけども
10代の頃の俺に顔向けできないけど、感謝してるっていう感じだった
天ちゃんの「夢見る少女じゃいられない」、とてもよかった
で、続くナンスが、aikoの「ボーイフレンド」ですよ
殺す気か
二人して、アラサーのおっさんを殺しにかかってる
しかもナンスのダンスがかわいすぎる上に、歌い方がちょっとaikoに寄せてて
自分の中では、ナンスの歌≒杏奈の歌だったから、ちょっと新鮮なところもあり
ナンスかわいいよナンス!
ナンス2曲目は、「GO-GOたまごっち!
これはサビの振付をちょっと真似して一緒にやるという奴だったり
もちょは、月島きらりの「恋カナ」と松田聖子の「夏の扉」だった
相川七瀬カバーとaikoカバーに完全にやられてしまった後なので、ちょっともちょはレポートできない
月島きらり松田聖子も分からないしなー。松田聖子の曲はサビは知ってたけど。80年代と90年代が彼女らにとっては同じくくりなのかもしれないけど、自分にとっては完全に別のくくりなのでw
そして、3人揃ってTrySailとしても以下の3曲
まず、「レッツ貢献」
これ定番になっているらしいんだけど、自分としては、「やっとライブで聞けた」という感じ
3人がフォーメーションをくるくる変えながら、ちょっとロボットっぽい動きでこの曲歌うの、ちょっとPerfumeっぽいよねw
「レッツ貢献」は元々好きな曲だし、オケもかっこいいし、聞けてよかった。生できくとなおかっこよかった
それから、「カントリーロード
多分、3部合唱になってたと思う。もちょがメロディで、天ナンスがハモリパートで
このハモリがまたよくてな
この2曲が聞けたのすごくよくて、ライブ満足度の高さにつながっている
それからMC挟んで、最後の1曲は「Youthful Dreamer」
これ、Bメロあたりで3人のパートが交互になっていくあたりが楽しい曲だった

 

ナンスはステップがハキハキしててかわいい