プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!! 2日目

2日目もライブビューイングで

あーすげー疲れた。酸欠になりそうになるまで叫んだし。

いいライブ見た後は、なんか頭真っ白になって、もう俺の言うことは何もありませんって感じにもなるけど

でも、見どころが沢山あったから、覚えている限り書いていきたい



大体、17時から21時くらいだったかと。終わり時間は1日目とそれほど変わらなかったような気がする。

出演者は15名

両日参加は9名、2日目のみ参加は6名

1日目と違って、ライブ初参加は2名のみとなり、いわばライブ慣れ(?)してきたメンバーが多く、2日目ということもあって、MCなんかは1日目よりもさらにコミカルな雰囲気が出ていたけれど、ライブ全体で見ると、色々と「泣ける」ライブでもあった。

それにしても、ミリオンは、1stといい今回といい、トラブルを奇跡に変えてしまうチームだ



  1. Thank you!(MILLIONSTARS)

上しゃまがセンター付近にいた! 2列になるときは後ろに下がるけど、1列になるときは、ぴょん吉Machicoの間に入る、というポジションだったっぽい。2列になるときの、上しゃまの隣はりえしょんだったかと思う。



自己紹介

いつもどおり、キャラで挨拶→自己紹介だけれど、ころあずが最上静香で挨拶している時に、ぴょん吉演じる未来が「何か面白いこといって」と無茶ぶり。「すてーきなステージに」といって滑っていたw

あ、あと、ケータリングでうどん出た話か

それから、ゆきよというか恵美から2日連続でサービス

そして、天ちゃんの志保に対して、恵美っていうかゆきよからも無茶ぶりが! しかも、「見逃しちゃったからもう1回やって」まで!*1

とにかく、MCではゆきよがファインプレーを連発していたようなw

あと、風花さんの「大きい」ネタとか

今、「ぜっきーの最初の挨拶でまきこまれたナンちゃんの可愛いこと(o・∇・o)」というのをみかけて、「あ、そういえばそういうのあった……気がするけど、具体的に思い出せないっ」て状態になってる



  1. Growing Storm!(山崎、Machico、夏川、伊藤)(乙女ストーム!4名)

ナンスかわいいんじゃー

Machicoとナンスが並んでるのを見て、ダンス上手いのは確かにMachicoなんだけど、アイドル的かわいさを出してるのはナンスだな、と



  1. Super Lover(渡部)

セクシーゆい㌧

1日目と打って変わってのこの曲。笑顔がチャームポイントなゆい㌧だけれども、この曲ではずっとキリッとした顔をしていて、こういう顔のゆい㌧もすごくいい。

そして、手を、脚から首までそわせていくふりつけと、それを追いかける舐めるようなカメラワーク



  1. VIVID イマジネーション(夏川)

いつも、ミリオンの感想を書くとき、ナンスについては「ナンスかわいい」しか書いてないんだけど、ナンスを蔑ろにしているわけではなく、むしろそれしか書くことがないからで

俺の中で、ミリオン声優TOP5の中に入ってるから、ナンス

昨日、名前を叫んだのが多かった声優、ゆきよに並んでツートップだから、ナンス

もちょがナンスの第一印象について、「アイドルだなーって」と言っていたことがあり、初めて聞いた時はあまりピンと来なかったけど、ミリオンの1stを見た頃に納得がいった。

TrySailの3人でいうと、美人っていう意味では天ちゃんが圧倒している。しかもあの子、目はキリッとした美人なのに、ほっぺたが丸いからかわいさもあって、TrySailというか若手女性声優の中でもビジュアル面では圧倒的すぎる。で、もちょはあの通りなのでキュートさでは圧倒している。

しかし、あの3人の中で一番アイドル的なかわいさを持っているのはナンス

この曲のサビだったか間奏だったかの、手を動かしている振り付けは、本当にかわいくてな

そういえば、今回のライブ、全体的に手を顔の横あたりで動かす、Wink的っていうのか、そういう振り付けをよく見かけた気がする。



  1. トキメキの音符になって(麻倉)

もはや、言うことなし



  1. ジレるハートに火をつけて(藤井、上田)(灼熱少女2名)

きたあああ!!

ゆきよと上しゃまの「ジレるハートに火をつけて」!!

かっこよすぎる!!

今回のライブ、上しゃまはかなり「かっこいい」担当だった

ほんと、上しゃまのこと好きでよかった、と思った



  1. Shooting Stars(田所、雨宮、麻倉)(クレシェンドブルー3名)

もちょの目力がすごかった

あと、顔にかかった髪を直す天ちゃん、色っぽい

ところで、2番の歌い出しかどっかでもちょの声が最初一瞬入ってなかったのは、その後の音響トラブルの伏線だったのか何なのか



MC

ゆい㌧、大人の人からセクシーにやるように再三言われて緊張していたとのことで、会場にセクシーだったかを聞く。会場からの反応に得意顔だった。

例の振り付けについて、Machicoが楽屋裏でマネしていたらしく、ステージ上でもそれを披露。→その後、恒例のへそ

もちょのMCでは、最近身につけた毒舌を披露するようにふられて、「全然面白くない」と。それを見たゆきよが、是非自分に対して言って欲しいともちょの前に跪き、「全然面白くない」と言われるとそのまま泣き崩れる

ほんと、このもちょガチ勢はw

いやでも、あれはかなり破壊力高かったので、ちかたない

ところで、あとで知ったんだけど、関係者席にはミンゴスとはらみーがいたんだよね。あっちのもちょガチ勢もたいがいだからな

あ、あと、天ちゃんとぴょん吉とのやりとりで、天ちゃんが「もちょあげます」という流れになったときの、ゆきよの素早い挙手、とかもあった

上しゃまは、次のパートで歌うのでここにはMCには出てこなかったが、ゆきよが、上しゃまの表情が色っぽかったよねと言っていた、はず

次のパートは、2日目のみ参加者のソロ曲



  1. Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!(村川)

今回初めて、「りえしょん面白い」「りえしょんテンション高っ」だけでなく「りえしょんかわいい」って思った



  1. 恋愛ロードランナー(上田)

ロック! ロックなアイドルがここにいた

すごくよかった

海美と上しゃまが出会ってくれよかった

いや、ミリオンやってないので、海美というキャラについてちゃんとは分かってないけど、でも海美と上しゃまの組合せってすごく面白いと思う。

もし仮に、上しゃまが歌手デビューしたとしても、こういう歌は歌わないだろうし、海美だったからこそのこういう歌なわけだし。

あと、上しゃま、アニメの方だとやはり萌舞子やなるといった、ちょっとおとなしそうな声が多く(園田姉妹はそれだけにとどまらない色々なキャラがいて、海美系もいるけど)、今後どういうキャラをやっていくは分からないけど、場合によってはそういうキャラが続く可能性もある

そういう中、上しゃまのこんな歌聞けるとか、最高なんだよ



  1. SUPER SIZE LOVE!!(大関

似た曲調が続く

ぜっきーもテンション高くて、よかった

けど、すまない、記憶が遠くなってる



  1. プラリネ(愛美)

3曲連続ロックの最後を飾るのは愛美

「しぃ」と会場を静かにさせてからの、イントロのアルペジオ

そして、掻き鳴らすストローク



  1. dear…(高橋)

たかみなは、声質がいい

CDとはまた違った感じに聞こえた。このみさん的には不本意かもしれないが、かわいいw

ところで、たかみなって風沢そらなんだよなー。見てる最中は思い出せなくて、「ドリアカの誰だっけ、誰だっけ」ってなってた



  1. オレンジの空の下(末柄)

今回のライブで、一気にファンになった

始まる時は、「末柄さん、あの人か」「すーじーって呼ぶんだっけ……?」だったのが、この曲のあたりで「すーじー」っておそるおそる呼び始めて、ライブ終わる頃には「すーじーっ!!」ってなってた

歌のお姉さんっぽいなという印象

困り眉がとてもかわいいんですが



MC

え? 上しゃまとりえしょんが真ん中に立ってるんだけど、上しゃまとりえしょんが回すの? え? って思ったけど、意外とスムーズ、だったか?

スムーズっていうか、ぬるっと進行していくMCだったな

「じゃあ、次は○○歌った××」って話を振っていくのではなく、ぬるっと繋いでいた、というか。

あいみんのガーターリングで、上しゃまが興奮気味だった

すーじーが、ポップアップに初めて乗って楽しかったというコメント。ぜっきーもそれに乗っかって、見える景色が変わるんだよねと言っていたのを聞いて、シンデレラ3話を思い出さずにはいられなかった。すーじーはそれこそオレンジだったし。そうか、あの景色か!って

ちなみに、すーじーがポップアップ楽しかったのは、ジェットコースターが好きだから、らしいけどw

でもって、その後に全員でてきたところで、ころあずもジェットコースターが好きらしく「一緒に乗りに行こう」って話をしていた。

が、ころあずからすーじーにさらに話があると。イヤモニテストの時にそれぞれの歌のデータが渡されるらしいのだが、ころあずはすーじーの声が好きすぎて、すーじーのデータをダウンロードして聞いていた、とかで、ぴょん吉にいじり倒されてた

恒例のウェーブ

1日目は上手から下手だったが、2日目は前方から後方へ。「りえしょんが見逃したからもう一回やってだって」とはゆきよw そして、後方から前方も。2日目はLV会場でもウェーブができてた。



  1. THE IDOLM@STER(MILLIONSTARS)

トロッコに乗るとき、ゆきよとすーじーのからみがなんかあったような

トロッコに乗るのは、現地はもうたまらないんでしょうが、LVはLVでよくて、客席も近いがカメラも近い。結構、カメラ目線もくれる。

ゆきよのカメラ目線の時、そのカットが結構長くて、思わず叫びました。不規則絶叫でした、すみません。



  1. PRETTY DREAMER(山崎、村川、高橋)

あ、ここかも、りえしょんのかわいさが爆発してたのは



  1. Sentimental Venus(夏川、渡部、末柄)

今回の伝説が起きた曲

わざわざ書くまでもないと思うが、最後のサビでオケが止まってしまうという音響トラブルが発生するも、会場全体が合唱してその場を乗り切った

「演出かと思った」という感想をいくつか見かけたけど、自分も一瞬そう思ったくらい、すごく自然だった。けど、この曲、このタイミングでそんな演出はいくらなんでも不自然で。

SSAあずみんが歌えなくなった時、会場が歌うっていうのはあったけど、オケが全部止まっちゃうというトラブルは

あそこで耐えて歌い続けた3人は本当にすごいと思う。

曲が終わった後も、しばらくトラブルは回復せず、次の曲に移るまでに間があいたが、そのあいだも自然と手拍子が起こり、UOが焚かれていく。

現地は、「てってってー」やってたらしいと聞くが、LVではそこまで伝わらず、手拍子だった。



  1. Helloコンチェルト(田所、伊藤、大関

この曲が始まったときの、ころあずの笑顔!

あの笑顔を見てテンション高まったんだけど、ころあず、みっく、ぜっきーが笑顔で歌っているのを見ているうちに、結構ぐっときて、泣きそうになった。

あのトラブルのあとの、この笑顔



  1. Marionetteは眠らない(Machico、麻倉、上田)

いやだから、上しゃまがかっこよすぎでしょ

この3人がかっこいい曲をかっこよく歌える、というのはミリオンのライブを見たことある人にとっては既に自明だが(あ、でも、かっこいい曲は上しゃま前回やってないか。でも、上しゃまならやれると当然のように思えるから違和感なかった)、この3人の普段の様子しか知らないと、かなりギャップはあるだろう。

もちょがちょっと涙ぐんでいるようにも見えたが、気のせい?



  1. Blue Symphony(雨宮、藤井、愛美)

1日目と同じく、ゆきよがセンターで

あいみんのダンスがセクシーすぎるよ



休憩

前日と同様の休憩

直前のパートで叫びすぎて、くたくたになってた

CM、最後の方で寝オチしそうになるくらいには



  1. Believe my change!(Machico
  2. フローズン・ワード(藤井)
  3. ライアー・ルージュ(雨宮)

かっこいい系三連続!

Machicoは、やっぱり美希・アッキーの系譜なんだなあという感じ



  1. HOME, SWEET FRIENDSHIP(渡部、村川)(リコッタ2名)
  2. Eternal Harmony(愛美、末柄)(エターナルハーモニー2名)

楽しい系二連続!

ゆい㌧とりえしょんの声のかわいさが重なってたたき込まれる

エタハモは、予習不足でも十分楽しかったけど、自らの予習不足が多少悔やまれた

 

  1. ドリームトラベラー(大関、高橋)(ミックスナッツ2名)

これも予習不足で……トゥインクルはかろうじてわかった



  1. 空想文学少女(伊藤)

みっくについて、これまでの感想がいつも「安定してる」ばっかりで、まあ実際にそう思ってたし、その安定してる感じが彼女の能力の高さだと思ってた。

でも、この曲のダンスを見て、みっくのダンスの巧さってこういうことかって、初めて合点がいった

歌いながら、お腹から腰のあたりを前後に動かしている振り付けがあったと思うのだけど、あれを他の人がやっているところを見たことがないような気がして、自分はダンスに全然詳しくないからもしかしたら的外れのこと言っているかもしれないが、もしかしてみっくのレベルだからこそできる振り付けなのでは、と

それ以外にも、何気なくやってるけど、この振り付けかっこいいな、とか

この曲自体は、いわゆる「かっこいい」系ではないけれど、「みっく、かっこいい」と思って震えてた

あと、自分の曲の好みとして、「透明なプロローグ」より「空想文学少女」の方が好きかもしれないということにも気付いた。リズムが食ってる、というのか? 違うか? まあ、なんかリズムが小気味よい気がして。



  1. Precious Grain(田所)

ころあずの歌声は深い

みっくのダンスのあとに、ころあずの歌

ミリオンの巧者をそれぞれ見せつけられた感じ



  1. 未来飛行(山崎)

二日目のソロのトリは、ぴょん吉だった

うーん、すごい

前から言われていることだけど、えりりんともはっしーとも違う、ミリオンの赤になってきたなあ、と

なんかうまく言えないけど、どんどんリーダーになっていってる

メンバーの何人かが「頼りになる」的なことを言っていたけれど、納得できる

そして、最後に他のメンバーが後ろにならぶ演出。だからそれやめろって、条件反射的に「約束」思い出しちゃうからw



MC

  1. Welcome!!(MILLIONSTARS)



挨拶

アンコールで出てくるときに、天ちゃんがぴょんぴょんしてた。どのタイミングだったか忘れたけど、天ちゃんとゆきよが2人揃ってぴょんぴょんしてたりして、かわいすぎた

ぴょん吉

Machico

もちょ

自分は幕張に立つのは初めてでと言おうとするも、初めてか分からなくなって、客席に訊ねるw

1日目の「よろしくお願いしました」に続き、2日目は「思いも寄りませんでした、とさ」と、語尾が不安定w

天ちゃん

ゆきよ

なんかすっかり客席からいじられるキャラになったなw 泣きそうになる→「頑張れー」って言われる→「やめろー」って返すという一連の流れ

あと、「明日は月曜日だー」とか、もうやけくそで「おー」って返すしかない

いやでもほんと、この年になってこんな絆に恵まれるなんてって言葉は、ゆきよと同じ年齢なのですごく突き刺さる。よかったな、ゆきよ。ほんと、まずもって普通はないことだと思う。

すーじー

初参加の涙

あいみん

練習をしているとギターを触らせてほしいとか彼女にしてほしいとか言われて、彼女が沢山できた、というと、前列を中心にみんな手を挙げてたw

上しゃま

すごく丁寧に語っていたなあという記憶

りえしょん

知らなかったのだけど、直前まで喉の調子が悪かったらしく、そのことで心配をかけたことを謝るところから始まったけど、それ自体が妙におかしみのある展開になる

これ以上尺を取ったらまた怒られちゃう、とか

ぜっきー

今回のライブの前に、1stのBDを見返していたというぜっきー。1stの時はすごく緊張していたのが改めて分かったとも。

今回のライブのぜっきーは、非常に楽しそうにやっていたような印象をうけた。最後のこの挨拶が一番緊張していたようにも。

たかみな

最年長のキャラクターであるこのみさんを演じている自分が、このチームのために何が出来るか考えて、リーダー役はぴょん吉がいるし、自分は笑いをとることにしました、と。

それから、愛美の次ということで、この空気を絶対に壊したくないと思い、集中力が高まって、高橋ゾーンに入ったというと、両隣のぜっきーとゆい㌧がリアクションとってた

MCの時、しゃべってる人以外も見てみると、リアクションしてたり、ひっそり泣いてたりするんだよね

ゆい㌧

世紀末、じゃなくて世紀の大発見、Sentimental Venusでの大合唱は、Enjoy H@rmonyだった!

その後、テンション上がって、関西弁に切り替わってしまったのもよかった

みっく

泣くのを必死にこらえていたけれど、最後に泣いてしまった。いやでも、パフォーマンスの安定性につい忘れそうになるけど、この中だと最年少のうちの1人なんだよな(木戸ちゃんがいると、木戸ちゃんが最年少だが)

ナンス

もう一人の最年少であるナンス。逆にちょっとしっかりしすぎだよっ

自分個人からは、といってお礼の言葉を述べて、「応援ください」「応援するよ」のくだりをそそくさとこなしたのち、すーじーとゆい㌧を呼び、3人揃ってスタッフ、メンバー、会場に感謝を述べ、そして歌えなかった最後のワンフレーズだけを3人で歌った。

このくだりはおそらく、ナンス、ゆい㌧、スージーの3人と、それからいわゆる「大人たち」のあいだで、予め打ち合わせたことなんだと思うし、あのトラブルに対して何らかのコメントは出さないわけにはいかないし、そのコメントを言うとしたらナンスになるということは想像がつく。

あーでもなーあー

何も言えねぇ

ころあず

「ここに立てることが幸せ」

 

 

最後の挨拶では、自分のキャラが隣にいてくれてって言ってたキャストさんが多かった気がする



En01. Thank you!(MILLIONSTARS)

 

*1:見逃したからもう1回って1日目のウェーブの時に言った奴を受けてるのか