プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

エピソード3.5「誰かの光」

名作ひしめくエピソード3.5シリーズ

ついに今週は、角森ロナ編

2.5でも屈指の名エピソードだったロナ編で、3.5でも期待されていたわけでだけれども、先週の予告で「誰かの光」というサブタイトルが出てきた時点で、もう支配人たちの目には涙がw

「FUNBARE☆RUNNER」の歌詞からの引用であり、そしてまた、ニコ様に憧れたロナが「誰かの光」になれたのかなということを暗示させるタイトルで。

 

というわけで、今回の話を満喫するために、ロナの「オール・アバウト・マイ・アイドル」と「ウィッシュ・ユー・アー・ヒア」を読み返して、万全の態勢で「誰かの光」に臨みました。

いや、これは読み直してよかった

読み直しマジ推奨案件

以下ネタバレ全開で、関わってるあたりをピックアップ

 

オール・アバウト・マイ・アイドル

読みかえしていたら、早速ここで、「お前はウメか」と早速うるんでしまったシーン

f:id:sakstyle:20170609231625p:plain

ロナは、ウメにたいしてシンパシーを抱いていたけれど、本当にロナとウメって似てる境遇で、ネガポジの関係にあるんだなあ、と。

このころはまだムスビが角森さんって呼んでる

f:id:sakstyle:20170609231619p:plain

ハルムスロナの初期メン3人の組み合わせが地味に好きで

尊みを感じるというか。自分が最初に「尊い」と感じたのが、アイカツ!のソレイユで、ソレイユが自分にとっての「尊い」の基準になっているんだけれど、その基準に適う感じがこの3人にはある。

f:id:sakstyle:20170609231614p:plain

唐突なライブバトルw

そういえば、エピソード1の頃はこういうのあったなーと

以前は、前編と後編の間に必ずバトルが挟まる仕様になっていて、シナリオの中でも唐突に、ライブだのなんだのやってたりするんだけど

いやあ懐かしいなあとか思っていたら、思わぬ伏線になっていたというのに、まだこの時点では気づいていなかった……

あと、この頃ならではというと、選択肢がまだあったなーって。完全に忘れてた。

 

 

ウィッシュ・ユー・アー・ヒア

sakstyle.hatenablog.com

以前読んだ時に感想を書いてはいるのだけど、改めて読んでみて

 

f:id:sakstyle:20170609231610p:plain

f:id:sakstyle:20170609231605p:plain

f:id:sakstyle:20170609231842p:plain

 

やっぱ、ハルムスロナなんだよなー

エールを与えたのはハルたちだけど、でも、ロナの勇気はロナのものというか、ロナ自身によって生み出されたもので

ナナシスにある、自分を救うことができるのは自分(アイドルが救うわけじゃない)っていうのが、ここにもあったんだな、ということに気付かされた。

 

ハルは、「オール・アバウト・マイ・アイドル」で

f:id:sakstyle:20170609231826p:plain

こう言ってていて、

「ウィッシュ・ユー・アー・ヒア」では

f:id:sakstyle:20170609231822p:plain

こう言っていて、

他ならぬロナの魅力を言ってくれるんだなーって。

ロナはロナにしかない魅力があると言ってくれるから、

ロナは、ニコ様みたいになるから、ニコ様みたいにならなくてもいいんだ、という方向へ進めたんだろうな。

 

誰かの光

「ウィッシュ・ユー・アー・ヒア」は全編にわたって、シリアスが続くエピソードだったけれど、「誰かの光」は、意外にも(?)緩急があって、というか、モモカが出てくることによって、コミカルな空気も出ている話だった。

でもまあ、号泣しました

f:id:sakstyle:20170609232104p:plain

f:id:sakstyle:20170609232057p:plain

f:id:sakstyle:20170609232050p:plain

ニコ様みたくならなくていいんだと、自分で言い切ったロナ

こんなの号泣ですよ

 

f:id:sakstyle:20170609231816p:plain

f:id:sakstyle:20170609232043p:plain

ハルムスロナー!

一番長く一緒にいる3人だからこそなんだよなー

このあとの「頑張れロナ」っていうムスビの声の優しさ

そして、ライブバトル!

シナリオ中にこの言葉が出てくるのめっちゃ久しぶりなのでは

この強引さ、まさにハルがロナにライブバトルやろうって言ったときのよう!

f:id:sakstyle:20170609232037p:plain

 

終わった後のロナのこのセリフも、一緒に踊りたい、歌いたいっていうのは、似たようなことを「オール・アバウト・マイ・アイドル」でムスビから言われていたような気がする。

そして、「勇気」は「ウィッシュ・ユー・アー・ヒア」(と「僕青」)から来てる

こんな感じで、エピソード1やエピソード2.5と呼応しながら、ロナの成長を描くエピソード3.5だったという話でした