読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

2017冬アニメ・2016秋アニメ

アニメ

2017冬アニメ

オルフェンズ

継続ー

どんどんヤクザものにw

 

落語心中

待望の2期!

映像演出と音楽と声優の演技がどれもすごい

そういえば、あまり自分の観測範囲では落語心中の話を見かけないのだけど、どうなんだろう。演出考察しがいのある作品のように見えるのだけど。

ユーフォで上下反転の構図あったけど、落語でもあったりしたし。

『昭和落語心中』ってタイトルだけど、2期は途中からもう平成になってますね。

1期は主に、石田彰山寺宏一林原めぐみで、あと関智一小林ゆう

2期は主に、石田彰関智一小林ゆうで、あと関俊彦と小松実可子。みかこしの男の子役がけっこういい。

 

弱虫ペダル

今、何期だ? 4期くらい?

3年生引退し新体制へ

やっぱ弱ペダはキャラものだなあ

とにかくキャラの濃さ=面白さって感じの作品

御堂筋くん出てくるだけで、面白さのギアが3段階くらいあがるw

 

亜人ちゃん

いやー、ひかりかわいいなー

ゆるやかなコメディ感がよい

マイノリティ描写がうまいかどうか判断できる立場にはないけど、少なくとも自分はその点では気になるところはないし、周囲の理解と無理解をうまく描いている気がする。

一方で、高橋先生のあり方は、ほんともうちょっとどうにかしてほしいところで。マイノリティの包摂ってのは巧みに描いているのに、男性教師と女子生徒という点について全然配慮がなくて、どうもチグハグに感じてしまう。不用意に二人っきりになったり、密室にしたり、ハグしたりしない!

町の妄想の中で高橋先生がやたらと諏訪部ボイスwで話しかけてくる、とかそういう方向は面白いんで、そのあたりでメリハリつけたほうがいいのではと思ってしまう。



ガヴリール

めっちゃベタなコメディ

なので、作業中BGVにぴったりw

富田美憂ってゆめちゃんしか知らないから、明らかにゆめちゃんの声なんだけど、キャラとしてはだるい系のしゃべり方してるのが、とても面白い。悪くなってしまったゆめちゃんw

当たり前だけど基本的にゆめちゃんの声。ただ、時々伊藤かな恵っぽく聞こえることもあるなあという感想。

で、それでいうと、大西沙織が種ちゃんっぽいし、そらそらは竹達っぽい。ここはほんと似てると思う。

その後、ざーさんっぽい人出てきたなと思ったら、ほんとにざーさんなのがまた面白いw



けもフレ

完全にブームに乗るかたちで後追いで視聴開始

実際に見てみたらIQが下がるとか全然なくて、主人公たちに明確な目的があり、シリーズ通した謎があり、各回ごとに出会いがあり、問題と解決がありと、はっきりした物語があって続きが気になる作りだし、

動物についての解説が適宜はさまれ(実写部分だけでなくボスによるものも含め)教育番組としても楽しめる。



メイドラゴン

1話と4話を見た。

まあ面白いなあと思いつつ、あまり見れてない。



南鎌倉

4話まで見た。

上しゃま! 広瀬ゆうき! なつ姉!

この3人の声の感じは好みなんだけど、結局あんまりこの話の面白さを感じ取れなかった



アイスタ

最近、ゆめちゃんに実力と自信がともについてきた感じなのが、よいと思います。

やっぱり、ゆず、あこ推しです(「ゆずあこ」推しではない)。

 

コードギアス

妻がギアス2を見ていなかったので、見てる

一度見てるけど、結構忘れてた



あいまいみーも見てるけど、書くの忘れてた)

 

2016秋アニメ

最終回終わった後に感想メモしてたのだけど、途中で放置してしまっていた奴。そのままあげとく。

響け!ユーフォニアム

2期は、久美子とあすかの物語だったなあ

 

灼熱の卓球娘

上しゃま!

上しゃまのために2期を

最終回で、「V字上昇Victory」かかった

 

ジョジョの奇妙な冒険

後半、すごかった

 

ユーリonICE

やはり、毎週毎週スケートシーンを描き続けたのがすごかった

物語やドラマではなく、本当にフィギュア・スケートの大会をそのまま再現したような感じ

 

ガーリッシュナンバー

終盤、真面目路線に入ってどうするのかと思ったけど、ちー様はちー様のままで終わってよかった。

根拠のない自信家で、しかし周囲の声にすぐ凹むというのを「クズ」と称しつつ、それこそが役者気質なのではないか、と思わせる。

 

終末のイゼッタ

後半になって失速した感は否めないが、前半のレベルが高かったこともあり、下がってもまあ、面白いというレベルにとどまった

 

SB69

お師匠様!

 

オルフェンズ

 

アイカツスターズ!

クリスマス回よかった

一番星になる!へと繋がった

 

魔法少女なんてもういいですから

 

バーナード嬢曰く。

 

カゲ路『Chocolate addiction』

アイカツ

冬コミで購入したゴシカツ本第二弾

めっちゃ面白かったので、これ単体で感想エントリ立てる所存

ゴシカツとは何ぞやというと、以下のまとめにある通り

togetter.com

といって、このまとめは膨大なので自分もまとめに読めていないが、『アイカツ!』の劇中劇である「チョコポップ探偵」を、紫吹蘭と藤堂ユリカでやることになったら、ゴシックミステリなのではないかというところから始まった二次創作

pixivでは三次創作まで行われているが、そちらもちょっと追えてない。

twitter上でのおしゃべりを超えて、ハイクオリティな同人誌へと結実した企画でもある。



今回、第二弾である『Chocolate addiction』について感想を書こうかというものだけど、あわせて第一弾についても軽く触れておく。

第一弾、第二弾ともに、設定資料集という形式で作られている。すなわち、アイカツのキャラクターたちによるゴシックミステリの物語が書かれているという(いわゆる一般的な二次創作的な)本なのではなくて、アイカツのキャラクターたちがゴシックミステリのドラマを演じている世界に存在しているだろうブツとして作られている。



『Chocolate Gothic』

第一弾の『Chocolate Gothic』は、映画のパンフレットと見まがうようなデザインで作られている。

各キャラクターの設定画、舞台セットの設定画、そしてインタビュー記事という構成になっている。

このインタビューのクオリティがめっちゃ高いんですよ。

二次元アイドルの二次創作やっている人たちの一部で「実在性」という手法(?)を取り入れられていて、その意味で、ゴシカツはとても「実在性」なんです。

実在性っていうのは、「宮本フレデリカがこの前のオールナイトニッポンでパーソナリティをやっていて」というように、二次元アイドルがこの現実世界で芸能活動をやっている体で語る手法とでもいえばいいだろうか。

(ちなみに、実在性で検索すると、「実在性ミリオンアーサー」関係の方が多くヒットすると思うが、さしあたりここでいう「実在性」とは直接関係ない)

サークル「カゲ路」の唯野影吉さんが、二次元アイドルだけでなく、乃木坂や欅坂などのアイドルもお好きで、二次元アイドルを楽しむにあたって三次元アイドルについても知っておくとよいということを常々仰ってたりするので、そういうところも関係しているかも?

『Chocolate Gothic』はおまけとして、マンガもついてきているのだが、これはドラマ内の各シーンだけでなく、twitter(キラキラッター)への投稿など楽屋裏の様子も描かれている。



『Chocolate addiction』

こちらはA5の判型で、各キャラクターの設定画及びインタビューで構成されている。

さらにおまけとして、脚本&絵コンテ集がついているのだが、おまけというか2冊セットと言った方が正しいくらいにこちらのボリュームがすごい。



まず、本誌の方だが、第一弾には掲載されていなかったキャラクターについての設定画が掲載されている。

ここねの「世界の中心は我々だ」とか、ヒカリの論理の光が眩しいとかが面白い。



順番が前後するが、ゴシカツという作品内の設定を紹介しておこう。

が私立探偵をしており、吸血鬼のユリカが何の酔狂か人間である蘭の助手をしているという物語。

いちごが怪盗、あおいはそのいちごを追い掛けるルポライター。また、しおんが堅物の警官。

令嬢であるおとめは、蘭やユリカとも親しいが、一方で怪盗であるいちごとも通じていて、なかなか怪しい。

さくらは、留学生としてこの街に来ており、おとめを通じて蘭やユリカとも知り合いになるが、実は退魔師の家系で、ユリカを牽制してくる。

また、かえでは資本家の役なのだが、こっちもかなり怪しくて、というか悪役らしい。

ゴシカツは、連続テレビドラマのようで、人気もあり結構長く続いているらしい(ちょっとそのあたり海外ドラマっぽい)。どうも、各話個別のエピソードもありつつ、数話ないし1クールかけて続くエピソードもあるような感じになっているのではないかと思われる。

そのような中で主要なエピソード群と見なされているのが、おそらく氷上編である。

あかりジェネレーションを中心にしており、

まず、スミレがもう1人の吸血鬼で、彼女をマスターと仰ぐ人狼。そのマスターと離ればなれになり手負いとなってしまった凛が迷い込むのが、まどかの邸宅となっている。

スミレに対して教会が派遣した異端審問官を演じるのが珠璃で、中世ないしスチームパンク的なペストマスクを装着している。ちなみに、撮影の合間にまどかがこの仮面を被って遊んだりしているらしい。

あかりは花売りの少女で、彼女の存在がスミレを惑わす。

ひなきは、あおいの後輩にあたる新米記者で、たまたまスミレの写真を撮ってしまった(が吸血鬼なので写らない)ことで事件に巻き込まれていく。

氷上編と並行してなのか、氷上編終了後なのかは分からないが、ひなきはみくると知り合い、みくるにちょっと使われるようになる。

みくるは、元天才詐欺師で、天文学的な刑期の懲役を食らっていたのだが、神崎美月によってスカウトされ今は女王陛下直属の諜報機関に所属している。

さて、いちご世代、あかりジェネレーションだけでなく、ドリアカ勢も出演している。

風沢そら霊媒師だが、かつてみくると共に詐欺稼業していたらしい。

マリアはシスターだが、彼女のいる教会にはそらや珠璃が訪れている。

きいは天才技師で、ユリカの仕込み杖を作ったり、あと何故かいちごとも関わりがあったりするらしいが、どうもきいがとんでもない発明をしてしまい、そこにみくるも関わってきてというエピソードがあるっぽい。

セイラは居酒屋でピアニストをやってて、ひたすら「きいはかわいいもんな」って言ってるw

ここねは阿片窟の王で、かえでを通じて蘭たちと知り合う。みやびはここねのボディーガードで薙刀使い。

ののリサ、ヒカリ、ユウも設定があるが、どのようなエピソードが展開されていくのかは不明。



インタビュー

本誌では、インタビューも掲載されているが、第一弾よりも格段に充実したものとなっている。

「いちご・かえで」「凛・まどか」「蘭・ユリカ」「しおん・みやび」「そら・みくる」と2人一組でのインタビューが5編掲載されている。

実在性すぎて、「うあー」「うあー」って頭抱えながら読んだ

 

いちごとかえでのは、ゲイリー・オールドマンとかティム・バートンとかが出てきて早速、実在性! って感じだし、いちごのマイペースな受け答えにかえでがやれやれって感じでツッコんでるのが面白い

「緋き奇術師」:かえでが本格的にドラマに登場する回。いちごとかえでの対決。

まど凛のインタビューは、本当にもうまど凛ーって感じで、舞台裏のエピソードが多く、たびたび「ちょっと、バラさないでくださいよ」って出てくるのがかわいいw

「翼の毛布にくるまれて」:中期のエピソードで物語が大きく動き出す契機にもなる回。凛がまどかのもとに迷い込んでくる話。

蘭とユリカは、氷上編と呼ばれるエピソードがどのように作られていったのか、スミレとあかりについて、自分たちの演技についてなどを熱く語っている感じ。吸血シーンの違いなど

「血」:氷上編のクライマックス

みやびとしおんは、2人らしいまじめなインタビューなのだが、しおん、みやび、凛、珠璃のアクションについての話が面白すぎる。「私ほど手裏剣を投げたアイドルは他にいない」としおんが言えば、「従来の薙刀の動きにロシアのシステマという格闘技を織り交ぜた」などとみやびが言い始めるw あとやばいのは、紅林さんの「あの動き」w 「「ダン! ダン!」という動きで迫ってくるのは彼女にしか真似できない」インタビュアーまで『リベリオン』を髣髴とさせるとか言い出すし、めっちゃ見たい

「ワイルドハント」:シリーズ屈指のアクション特化エピソード。しおん、みやび、珠璃、凛の四つ巴

そらとみくるは、みくるが非常に感覚的に、そらが非常に理知的に話すというのが面白く、また2人が物語の中では、かつての仲間であり、どちらかが裏切ったという過去をもつことになっており、それについての含みをインタビューの中で漏らすのも面白い。また、みくるによれば、最初のシーズンには出演予定がなく、ドラマが人気が出て続いたことで出演することになり、そらとみくるの関係も後付け設定だとのこと。

「嘆きのイスカリオテ:みくるとそらが教会で再会するエピソード。



脚本&絵コンテ集

付録といっていいのか迷うボリュームだが、付録の脚本&絵コンテ集が、複数のエピソードから部分的に抜粋されている形。

見せ場となるシーンだけを抜き出して連続で読めるので面白くないわけがないのだが、ほんと、これ本編が見たくてたまらなくなる

抜粋されているエピソードが一体第何話なのか明示されておらず、物語の全体像を推測するのは難しいが面白い。

また、各出演者による手書きの書き込みがなされているという芸の細かさで、脚本そのものもめちゃくちゃ面白いのだが、それに加えてそれぞれの書き込みから各アイドルのキャラクターへの解釈や共演者との関係などが垣間見えてくるのが、また堪らない。

 

「扉を叩いたのは誰?」(脚本:星のお姫様)

蘭とユリカが事件解決のために墓地を訪れ、逆に不死者に襲撃されるシーン

書き込みは蘭のもので、シンプルに演技する上での注意点が書き込まれている

 

「駄作の美術館」(脚本:ツバメ・散)

あおいとひなきがいちごに頼まれ、しおんと蘭の足止めをするシーン

書き込みはあおい。蘭のものと似ているが、より線が細い

 

「死の舞踏」(脚本:黒居四季)

ゾンビ回。ゾンビであふれる往来を、しおんとさくらがお互いを補いあうアクションで突破していく。

一方、蘭とユリカは、この騒動の背後にいるかえでの元へと向かう。

書き込みはしおん。自分なりのコメントも交えている。さくらを抱きかかえ「軽い」というシーンに「本当に軽すぎ」と書き込まれていたりする。

 

「紅蓮のファンタスマゴリア」(脚本:えかぺれく)

おとめとかえでの会話

書き込みはおとめ

 

「オウマガトキの訪問者」(脚本:暴力ちゃん

蘭とユリカの事務所にさくらが訪ねてくるエピソード

書き込みはさくら。意気込みが書かれている。長台詞は区切りに印。

 

「狂嵐と舞う」(脚本:ツバメ・散)

スミレがあかりに心動かされ、凛がそれを気にしている中、珠璃と邂逅してしまう

書き込みはスミレ。解釈とも感想ともいえぬ書き込み

 

「ワンダーランドの終わり」(脚本:黒居四季)

凛がまどかと別れ、その後、ユリカに出会い釘を刺される

書き込みは凛。力強い文字。

 

「スユルノム:エム」(脚本:いぬかい)

みくるによる拷問シーン。みくるとひなきが警官に成りすまして死体を検分するシーン。

書き込みはひなき。五芒星の話が出てきて、星のイラストを書いている

 

「スユルノム:エム」(脚本:いぬかい)

みくる、自分に指令を伝えてきた女性との会話

そして、ひなきにより蘭とユリカも事件へと

闇内閣、錬金術五行思想、民族解放運動とルーン魔術の秘密結社、オフラナ、教理聖省、デリンジャー、コルトSSA

書き込みはみくる

 

「交点」(脚本:暴力ちゃん

マリアのもとを訪れるそら。二人の会話。

書き込みはそら。数はとても少ない。感想をコメントしている感じ

 

「煉獄より来る狩人」(脚本:えかぺれく)

マリアと珠璃の会話。二人の信仰のまるで違う形。

書き込みは珠璃。字が大きく力強く、端的な書き込み。

 

「リベットで留めたバイオリン」(脚本:星のお姫様)

酒場で演奏するせいらのところに、オルガン自動演奏のパンチカードをつくったきいが訪れる。

書き込みはせいら。きいについてのコメント多しw

 

マジェスティック・ミステリー」(脚本:えかぺれく)

蘭がみくるを問い詰めるも詰めきれず逃げられるシーンと、みくると美月のシーン

書き込みは美月。演技の解釈だけでなく疑問点も

 

「地獄篇」(脚本:星のお姫様)

ユリカが魔夜さんのもとを訪れる

書き込みはユリカ

 

「甘毒とChocolate」(脚本:ツバメ・散)

かえでが、蘭とユリカを招き、ここねとみやびに引き合わせる。みやびとユリカの立ち合い。

書き込みはかえで。流れるような書体。ユリカや蘭に対する感想も

 

「DEEP BLUE」(脚本:黒居四季)

いちあお!

書き込みはいちご。いちあお!

 

ディファレンス・エンジン」(脚本:暴力ちゃん

技師連続殺人事件について意見を聞くため、きいのもとを訪れる蘭とユリカ

殺された技師は階差機関に関わっていた? さらに、初代チョコポップ探偵としてのきい?

書き込みはきい。ブレインサンダーのイラストやメガネの自画像もかわいい



全体の流れを推測してみる

各話のタイトルが断片的に明らかになったわけだが、話数の表記がなく、この脚本集の掲載順が話数順ないし時系列順になっているのかどうかも定かではない。また、インタビュー記事で言及されている各話との関係もまた分からない。

以下に示す通り、細かなところで脚本集の掲載順は、話数順ないし時系列順と一致していないのではないかと思われるのだが、大雑把な順序はこれに沿っていると仮定しておく。

すると、大雑把にいうと、かえで編→氷上編→みくる編→ここね編・きい編という感じの流れが見えてくる。

 

まず、かえで編を構成すると考えられるエピソード群

「緋き奇術師」・「扉を叩いたのは誰?」→「死の舞踏」→「紅蓮のファンタスマゴリア

「緋き」はかえでが本格的に登場する回。「扉」でゾンビらしき存在が示唆され、「死の舞踏」が大々的なゾンビ回で、「紅蓮」はゾンビ事件の後となっている。ただ、「扉」と「死の舞踏」はかえで編というよりはゾンビ編と呼ぶ方が正しいかもしれない。ゾンビ事件は、かえでにとって小手調べで、「紅蓮」から本格的に行動を始めている感じ。「紅蓮」が1クール目の最終話ないし2クール目の冒頭に位置づけられるのではないか。

 

脚本集では、これらのあとに「オウマガトキの訪問者」が収録されているのだが、これと「死の舞踏」との前後関係が不明。「オウマガトキの訪問者」で、さくらは蘭ユリカと顔合わせをしているが、「死の舞踏」では既に知り合いになっている様子なので、時系列的には「オウマガトキの訪問者」が先にくるはず。

 

氷上編

「狂嵐と舞う」・「翼の毛布にくるまれて」・「ワンダーランドの終わり」・「紅蓮より来たる狩人」・「血」

氷上編と呼ばれるエピソード群が全部で何話あるのか分からないが、少なくともこの5編は氷上編だろう。

「翼」はまど凛の出会い、「ワンダーランド」はまど凛の別れ、「狂乱」で珠璃は凛と戦闘、「紅蓮」で珠璃は凛と戦闘したことを注意されていることから、少なくとも、「翼」→「ワンダーランド」、「狂嵐」→「紅蓮」という順序になっているはず。また、「狂嵐」はまだ凛がスミレと行動を共にしており、まどかとは出会っていない様子。「血」は氷上編の最終話。

本誌インタビューならびに脚本集あわせて5編もの言及があるあたり、氷上編がやはりこのシリーズにおいて中心的な位置を占めているのであろうことが分かる。



「スユルノム:エム」→「マジエスティック・ミステリー」「嘆きのイスカリオテ

みくる関係のエピソード。

みくるは、シリーズが続いたことによって登場が決まったとのことなので、氷上編以後なのではないかと推測される。「スユルノム:エム」で蘭ユリカが、みくるの関わる事件に巻き込まれ、「マジェエスティック・ミステリー」で蘭がみくるの正体(スパイ)に迫るまで至った。

「嘆きの」は1話完結っぽいので位置が全く分からない。

 

ところで、ドリアカ勢がいつから参加したのかがわりと不明である。

もともとスターライトのアイドルで主要な出演者は占めていて、ドリアカ組は、当初はゲスト枠だったか中盤以降から出演するようになり、次第に出演を増やしていったのではないか、と思う。

脚本集の順序だけでいうと、ドリアカ組が登場してくるのは「スユルノム:エム」より後になるのだが、「死の舞踏」で既にマリアへの言及がある。また、「紅蓮」は既に述べた通り、氷上編の中に位置づけられるエピソードだと考えられる。さらにいうと、「紅蓮」では霊媒についてのマリアの言動を考えると、「交点」→「紅蓮」の順序である可能性は高い。

なので、このあたりの順序は結構よく分からない。

ただ、氷上編が相当長くて、氷上編に該当するエピソードの間に他のエピソードを挟みながら進んでいった可能性も高いので何とも。

また、脚本集の上では、後半に掲載されているエピソードにしか登場しないきいだが、いちごとかえでのインタビューの中で、いちごがきいと絡むことが多い旨発言している。このインタビューも、実際どのタイミングで行われたものなのか分からないので、順序を推定する手がかりにはしがたいのだが、きいも初期から登場していた可能性はある。

 

ここね編

「甘毒とChocolate」「ワイルドハント」

氷上編との順序関係が不明なのはこちらも。

そもそもかえで編がどういう決着をみたのか分からないので、かえで編との関係も不明だが。

「ワイルドハント」は、しおんがここねの阿片窟を捜査していてみやびと出くわすという話なので、ここね・みやびの登場以後なのだが、そこに凛と珠璃も遭遇している。凛と珠璃が「血」以後にどうなったのかはよく分からないが、珠璃はそもそもスミレを討伐するためにこの街に派遣されてきた設定なので、果たして氷上編決着以後もこの街をうろうろしているのだろうか、という疑問はある。もっとも、珠璃の行動原理は、人外は全て抹殺なので、スミレがいなくなったあとも、人狼がこの街にいる限りは残って凛を追い続けている方が蓋然性が高いとも言える。

 

きい編

「リベットを留めたバイオリン」「ディファレンス・エンジン

きい編は、新編突入という雰囲気を感じる。人外や隠秘学(オカルト)の跋扈していたエピソード群から、スチームパンク的テクノロジーが鍵を握るエピソード群へ、といった。まあ、ゴーレムとか言ってるのでオカルトも関わってるけど。

 

「駄作の美術館」「DEEP BLUE」

どちらも、いちご編、というかいちあお編みたいなエピソード。

おそらく、脚本集の掲載順通り、「駄作の美術館」は初期の、「DEEP BLUE」は中盤以降のエピソードなのではないかなあという雰囲気はする。

いちごについては、連続したエピソード群があるというよりは、時々、怪盗星宮いちごの登場する回が挟まって少しずつ進んでいく感じなんじゃないかなあ、と。

 

「地獄篇」

2頁しかなくて前後が類推できません。



THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-

アイマス イベント

現地、2日目のみ参加。

9th以来の東京体育館。9thの時は天気が悪くて駅前の混雑が大変だったことを思い出す。

フラスタ、基数は限られていたがクオリティの高さは相変わらず。

東南アジアプロデューサー連合なる名前で送られたものもあれば、花で作られた律子がいたり、すごかったのは、事務所の模型をセットしていたものか。アイデア賞としては、萩原組の名前で出ていたものがいかにも実在する企業っぽく出していた。



席は2階席下手前方。

スタンド席のなかではかなりよい方ではないかと思う。普通にステージ上がよく見えるし、真横を向くと目の前にスクリーン。



プロデューサーミーティングということで、いつものライブとは違う感じだが、今までアイマスになかった趣向として、冒頭にVR天海春香が登場したことが挙げられる。

見たときは、アイマスもこういうことするようになったのかーと思ったくらいだったんだけど、後から、モーションアクターさんの動きをリアルタイムでキャプチャしていたと知ってちょっと驚いた。

 

M-01 : 団結2010 / 765PRO ALL STARS

イントロが流れてきたときのどよめき

自分も思わずガッツポーズをして何か叫んでいた。

歌う組合せ順に、ステージ上へ、3人、4人などと現れる度に感動がじわじわと胸に迫ってくるというか、「団結」でこんなに感極まることがあるとは思わなかった。

全員が揃うライブは、7th以来。7thって自分が初めて参加したアイマスライブだよ。



プロデューサーの声を聞いてみよう "プロデューサーズボイス"

挨拶もそこそこに次のコーナー

赤羽根Pを司会に、事前にとったアンケートの結果を見ながらのトークコーナー

みんなのフリーダムな振る舞いに、バネPがもうたじたじで、見かねて若林さんが進行仕切ってたりw

本題のトークには入ってこないのに、いっせーのせで親指を挙げるゲームで誰も指を挙げないことを新潟では「いも」と呼ぶという話を、全力で入れてくるアッキーとかw

めちゃくちゃ脚をブラブラさせてるくぎゅとかw

発表されたのは、出勤時に聞きたいアイマス曲と、オープニングアクトの曲のそれぞれ上位20曲。

終わった後に他のPたちと呑んでたときにも話題になったのは、出勤時に聞きたい曲の7位あたりにあった「I'm so free」だけガチすぎる、ということw

あと、並み居る定番曲を抑えて、「団結」と「チェリー」を1,2位にしたPたちの采配はほんとすごいな、とも。

「Colorful days」や「L・O・B・M」なんかも聞いてみたかったなあと思うけどw

 

朗読劇「765プロ大感謝祭」

前半のメインは朗読劇

かつてのアイマスライブでは朗読劇をよくやっていたと話に聞いたことはあったけど、なにせ自分は7thからでその時代は知らない。ただ、アイマスイベントでの朗読自体は何かで見たことはある。

765プロ大感謝祭というライブをやることになったので、バラエティ班(律子、千早、美希、あずさ)、演劇班(亜美真美、伊織、雪歩、貴音)、歌班(響、春香、真、やよい)に分かれて準備を行うという筋書き。

途中、分岐が存在し、会場のPがサイリウムを振ることで選択されていく。

また、ところどころにアドリブ・無茶振りを挟むところがあって、演者が戦々恐々としながらやっていたw 1日目の方がもっとひどかったと聞いたがw

キングが、PPAPとおっぱいを組み合わせて、あずさとキングのギャップを最大に活かしたネタを入れたり、「あずとく回ってニャン」というセリフを次々と押しつけ合ったりw

「真ちゃんに名前を呼ばれてこんなに嬉しくなかったのは初めてだよ~」は、1月にしてアイマス流行語大賞待ったなしw

あずみんは、あざといボイスからイケボまでをこなす活躍ぶりだった。

あざといでいえば、ぬーもあずみんに負けず劣らずのあざとさを発揮した上に、仁後ちゃんへの振りも行い、「アッキーやんなよ」を封じてやらせていた。

サプライズゲストで、玲音役のみのりんが登場。みのりんに対しても、容赦なくPによる無茶振りの選択肢が示されるも、渾身の演技でさすがのオーバーランクっぷりを見せつけていた。



765プロアイドル・スペシャルライブ映像 -

 (いっぱいいっぱい~七彩ボタン~My Best Friend~edeN~目が逢う瞬間~オーバーマスター)

 

プラチナスターズによるライブ動画をステージ上の大画面で

まあ、もともと開幕前とか休憩時間とかにCMとしてゲームの映像がライブ会場で流れることはあったけれど、メイン枠で流れるのは新趣向かと。

ただ、以前からゲーム映像をライブ会場の大画面・大音響で見てみたいと思っていたので、これはあり。最初のVR春香とあわせて、今後二次元寄りのライブというのも展開されていくことになるのかもしれない。

最初はノリがあまりよく分からなかったので、「いっぱいいっぱい」を聞きながら少しずつ声が出ていった感じ。確か、スタンド席はこの時着席したままだったし。

ゲームサイズなので1曲の尺は短いが、セトリはかなりいい感じだった。

「いっぱいいっぱい」は言わずがなとしても「My Best Friend」とか「目が逢う瞬間」は何度も聞いた曲だし、それでいてライブで聞くことはあまりない曲だしで盛り上がったし。「目が逢う瞬間」は春香と千早のデュエットだった、そういえば。それから「edeN」もかったこよかった。

ちなみに衣装はこのライブのために新たに作られたもので、その後キャスト陣も同じ衣装で登場。



M-02 : アルティメットアイズ / 茅原

ライブパートのトップバッターはみのりん

やっぱりすごいね、みのりん

歌もダンスも全然違う。

 

M-03 : ザ・ライブ革命でSHOW! /765PRO ALL STARS

この曲に限らずだいたい、下手側にアッキーとにごちゃんがいること多くて俺得だった。あと、あさぽんくぎゅ

 

M-04 : Miracle Night / 釘宮、中村、下田、平田

この曲、なんかすごく不思議な曲だな

コールが入ったことによって、ノリがよく分からなくなったw



M-05 : 僕たちのResistance / 沼倉、今井、仁後、長谷川

いいメンツだな

この曲にこの4人

トークでの無茶振りのやり合いを「殴り合い」と称していたけれど、歌にしたってこのそれぞれの全力のぶつけあいは、アイマスだなって感じがすごくする



M-06 : アマテラス / たかはし、浅倉、若林、原

この曲楽しすぎる

渡辺量さんありがとう

若林さんがかわいかった



M-07 : 紅白応援V / 765PRO ALL STARS

下手側=白組は、くぎゅがリーダーで、あさぽんやアッキー、にごちゃんがいた

紅組のターンで、白組がステージの後ろに戻っていく時のアッキーがかわいい

 

M-08 : Happy! / 765PRO ALL STARS

くぎゅの、かかとをすっと立てる動作がきれいだった。

 

最後のMC

順番がきれいに左から右だった。大抵だと、両サイドから進んで、真ん中にいる中村・今井は最後ってことが多い気がするけど。みのりんから始まってバネPがトリだった。

印象に残ったとこだけ言うと

まずは、平田さんがオファー受けたときちょっと迷ったみたいなニュアンスのことを言ってたこと。全員が揃うと知って承諾したらしいんだけど。

それから、ミンゴスが「歌だけのライブをしたい」と叫んだあとに突っ伏して、そこにくぎゅたちが駆け寄っていたこと。まあ、ミンゴスはそもそも思い詰めるところがあるけれど、そうだとしても「歌だけのライブがしたい」というだけの言葉が、今の765ASにとっては重い言葉なんだな、と。

今日は、全体の雰囲気としてトークありネタあり、歌も明るい曲ばかりだったし、カラッと終わるかなと思ったけど、思いのほか結構みんな泣いていて、特にびっくりしたのはにごちゃんが泣いてたこと。MCでにごちゃん泣いてるの珍しいと思う。

くぎゅとタオルで拭き合ったりしてやよいおりだった。

一方、アッキーがわりとカラッとしていて、空気を変えてたのもちょっと「おっ」と思った。



今回のステージ、タオルや水がステージ前方にあって、それを取りにキャスト陣が時々前に行ってはしゃがみこむのがちょっと面白かったw




M-09 : THE IDOLM@STER / 765PRO ALL STARS、茅原

ステージを端から端まで使っての歌マス!

結構みんな来てくれてよかった

若林さんが間奏でバンバン煽ってきて、「そうだ、そうだ、この煽りだよ」って。

1月はナナシスライブだのWUG舞台だのあって、前日も全く別件ででかけていて、なおかつ最近のこの寒さもあって、ちょっと疲れが出てきた頃合いでもあり、声出すのとかセーブ気味だったんだけど、若林さんから煽られたらもう声出すしかないんだよ、最後の曲だし! って感じだったw



今回、下手側でアッキーがよく見えたからというのもあり、かなりずっとアッキーを見てたんだけど、アッキーが変わらぬアッキーで。

MONACAフェスで見ていてから、復帰後の姿を見るのは2度目だったけど、信じられないほど変わっていないというか。

度々、真横のスクリーンのどアップとかも見てたけど、髪型を覚醒美希みたくしてて、とてもかわいかった。

「僕たちのResistance」なんか見ても、かっこいい歌やダンスは衰えてないし。

最後のMCで、バネPにフォローしてる様子も面白かったし。

 

ダンスという点で、目につきやすかったのは、あとあさぽんかな。

ぬーは上手側にいることが多かったので

若林さんも相変わらずパワフルだったと思う。ブログを読むと泣けちゃうけど。

wakachoku.way-nifty.com



若林さんが、最後のMCで「30年後も」って言って、その後MCする人たちがみんな「30年」に触れていたけれっど、やっぱ765ASってみんな唯一無二でこのメンバーでないと出せない空気感があって、それを見れるのがとても楽しくて。これはもうほんと、ここまで続けてきたからこそのもので。それでいて、ここから先も見たいと思わせてくれるものだった。




news.mynavi.jp

 

 

news.mynavi.jp

 

 

japan.cnet.com

 

1日目はサプライズが三瓶さんだったけど、とまっちゃんも出たし、残るはざーさんか

涼ちん見れなかったのは残念だったけど、まあまだそんなに悔いはないけど、絵理はちょっと見逃したくないかも。いつサプライズで出てきてもいいように765組のでるライブは欠かしてはだめかなw

 

舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」

WUG イベント

やっぱ、よっぴーなんだよなあ

 

というわけで、WUG舞台の感想

渋谷にあるAiiA2.5 Theaterにて上演

WUGの7人については、声優が舞台版でも同じキャスト

I-1clubについても、志保役の大坪由佳が舞台版でも志保役を演じた。

個人的には、小早川ティナ役をprizmmy☆のみあ(日下部美愛)がやっていたのも注目だった。prizmmy☆のライブを解散までに見に行くことができなさそうなので、せめてここで見ておこう、というか。

 

上演時間はほぼ2時間ぴったり

舞台パートに加えて4曲のライブパートもあったが、舞台パート中にもライブシーンが結構入っていた(ちなみに最後のライブパートでは立ち上がってサイリウムを振ってよいが、舞台パート中は、それらは禁止。ただし、声援は可)。

物語としては、最初の劇場版とほぼ同じ。

サファイア玲子がグリーンリーブスを辞めたところから勾当台公園でWUGが初ライブをするところまで。

I-1クラブ側の話が少し増えて、クリスマス東京ドーム公演までの練習シーンなどがあったほか、真夢参加後から勾当台公園ライブまでの間に、WUGメンバー同士で話し合うシーンなども舞台版での新規シーンだったかと思う。



まず、最初に太田組の3人が登場。

物語上で彼らは出てこないが、冒頭と幕間、最後(ライブパートの前)に現れて、諸注意などを説明する役を担った。WUGちゃんあるあるを紹介するコーナーがあったが、あれは日替わりだったのだと思う。

今回、ステージ上だけではなく、客席内通路を使う演出も行われ、太田組は基本的に客席内通路からで出ハケしていた。

WUGちゃんも何回か通っていたので、近い席の人は本当に目の前で見れただろう。松田の客いじりもちょっとあったりした。

真夢が雨の中走るシーン、ステージだと狭いのでどうするのかなと思ったら、客席内通路を走ったので、なるほどなと思った次第。

 

さて、一番最初のシーンは、勾当台公園から。

勾当台公園のタチアガレから始まって、勾当台公園のタチアガレで終わるという構成になっていて、タチアガレが2回聞けるという贅沢さ。

それにしても最初に「私たち、仙台を中心に活動している」云々の口上を聞いた瞬間、うわあ2.5次元やばいって感じた

 

6人のオーディションシーンは、バラエティパートみたくなっていて、丹下社長の無茶ぶりに答えてメンバーが一発芸を披露するような感じになっていた。

このあたりは、キャラではなく中の人がにじみ出る感じだったのだが、舞台ならでは感ではある。

そのポーズは絶対片山美波や久美菜々美はしないよなあとかw 藍里ならぬ愛理がオタ芸打ってたりw

 

あと、WUGメンバーはみんな宮城出身だと思いこんでたけど、青山佳乃は青森で、久美菜々美は山形なのね、知らなかった。

 

真夢がI-1を辞めるシーンもあったので、I-1衣装着ているまゆしぃも出てきた

 

WUG、I-1ともに新曲が1曲ずつあり、舞台パートで披露されたのち、ライブパートでも披露された。

WUG新曲はTwinkleの曲という設定。

I-1新曲Knock outは、ジェラに引き続き、これまたかっこいい曲で、2回も聞けてありがたかった

贔屓目もあるかもしれないけど、やっぱり歌とダンスは、みあが頭1つ抜けてたなーという印象。

それから、BtBをBtB衣装で見れて、嬉しかった。

そのままBtB衣装のWUGとI-1とで、極上スマイルも聞けた。

自分は、極スマを生で見るのは初めてだったので、これも聞けてよかった。



で、冒頭の感想に戻るけど、やっぱり、よっぴーなんだよなあ。

WUGの中のお笑い担当的なポジションにいるが(いや、そもそもWUGは大体全員そういうとこあるが)、歌やダンスもうまいし、舞台上の演技も結構よかったと思う。真夢が佳乃や他のメンバーに向けて語るシーンにおける表情の芝居とか印象に残っている。



そういえば、目の前に座っているカップルが2人とも、終始、前屈み気味で見ていた。

以前、「背もたれから背中を離してはいけない」という観劇マナーを初めて知ったときは「何だそれ?」と思っていたのだが、実際に目の前でやられると「あー確かに邪魔ねー」と分かった。

ただ、見ようと思えば見れたのと、実際に声を掛ける勇気(?)がなかったのと、何て説明すればいいのか分からなかったので注意しなかったけど。

 

前の席に座っていたのがカップルだと書いたけど、他にも、思ってたより女性客を見かけた。

偏見だけど、WUGはなんかもっと男ばかりだと思ってたw

女性で法被着てる人も見かけたし。ワグナーは確かに法被のイメージあるが。

 

 

梅谷さんが結構詳しくレポってくれている

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

 

EPISODE.KARAKURI

ナナシス

先週から、ナナシスのアプリでは、Episode.KARAKURIが配信されている。

先週が1・2話、今週が3・4話の配信で、来週は5・6話、再来週に7話が予定されている。

KARAKURIは、ナナシスにおいては、アイドルではなくライバルユニットという位置付けであり、双子の謎めいた存在として描かれてきたが、そのバックボーンまで掘り下げられたエピソードはこれまで披露されてこなかった。

一方、同じくライバルユニットである4Uは、2015年3月にEPISODE.4Uが公開され、その過去が描かれるとともに、支配人たちのあいだで4U人気が高まった。非常に濃密なストーリー展開で、「ナナシスはシナリオがよい」と呼ばれる際に挙げられる代表的なエピソードであり、ナナシスという作品の魅力を語る上で欠かせないものとなっている。

ということもあり、EPISODE.KARAKURIは、長いこと支配人たちの間で待望されてきたもので、3周年を直前に控え、いよいよ満を持しての公開となったものなのである。

 

 

3・4話の公開直前、運営からの予告ツイートには「Tokyo 7th シスターズにとって」という意味深な言葉が。「KARAKURIにとって」でも「ナナスタ」にとって」でもなく、「Tokyo 7th シスターズにとって」とは?



ナナスタとゴシップ騒動

1・2話は、KARAKURIと777☆シスターズがグラフェスというライブフェスに参加することになり、合同レッスンなどをして、切磋琢磨しあうライバル関係としてより親しくなっていく、というものだった。

3話では、そのような和気藹々とした雰囲気が一転。

ナナスタとKARAKURIはお互いを嫌い対立している、というゴシップがにわかに世間を騒がせはじめることとなる。

ゴシップに悩まされる、あるいは自分の真意が周囲には歪んで伝わってしまうというのは、アイドルものにとって定番ともいえる題材だが、ナナシスで取り上げられるのはおそらく今回が初めてである。

元々、ナナシスの世界はアイドルがすっかり廃れてしまった時代であり、誰からも見向きもされないところが始まっていた。地元の商店街でライブをする、というのが彼女達の最初の頃の仕事だった。まだまだローカルな存在で、ゴシップとは無縁だったのだろう。

今回のエピソードにおけるゴシップ騒動は、KARAKURIという大スターが関わっていたからということはあるだろうが、ナナスタという存在がこの世界の中でも大きくなってきたのだということを感じさせるものだといえる。



騒動がこれ以上拡大することを危惧し、ナナスタメンバーはKARAKURIに会いに行くことができない。

そんな時、彼女達に代わって4UのウメがKARAKURIに会いに行き、KARAKURIの過去を知らされる、というのが続く4話の展開である。

ここでウメが、KARAKURIとナナスタとの間で動く、というのも、これまでの積み重ねがあってこそなので、なかなか感慨深い。

 

プロジェクトKARAKURI

さて、肝心のKARAKURIの過去である。

ここがまさに「Tokyo 7th シスターズにとって」重要な話となっているのだ。

箇条書きにすると、以下のような話である。

・KARAKURIの2人は「孤児」

・2人と同じような境遇の子どもが集められ、将来のスターとなるべく、歌についてだけ教え込まれる施設のようなものがある

・この育成計画がプロジェクトKARAKURI、統括していたのが「Dr.Serge」

・ヒトハとフタバは、プロジェクトKARAKURIで最後まで脱落せず残った2人

・KARAKURIは、まずセブンスシスターズを敵として倒すことになっていたが、KARAKURIデビュー直前にセブンスが解散した


この話にウメは絶句するが、ヒトフタはTokyo-7thにはよくある話であり、光には必ず闇があるのだという。

 

KARAKURIとナナシス

ナナシスには、アイドルものにしてはやけに過剰な、厨二じみた世界観設定が色々なされているが、これはいよいよそうしたナナシスの裏設定を掘り下げていくことになるのでは? と感じさせる怒濤の情報開示で、EPISODE.KARAKURIの今後の展開だけでなく、これから続くことになる、3周年、3rdライブ、アニメMVが一体どんなことになっているのか、否応なしに期待が膨らむところだ。

いくつかコメントしていこう。

 

まず、Dr.Sergeについて。

これは、KARAKURIの1曲目である「B.A.A.B」の作詞者としてクレジットされているのと同じ名前である。

ナナシスにおいて多くの作詞を担当しているSATSUKI-UPDATEとカナボシ☆ツクモが、実在しない架空の名義であるらしいことは支配人の間では知られていることである。

また、4Uの曲も、ナナシスのwebサイトでは、「UM-E-MO」とクレジットされ、作中人物のウメとエモが作詞していることが示されている。

というわけで、Dr.Sergeもどうも実在の人物ではないと推測されていたが、これまで一切情報が出てきていなかった。

しかし、SATSUKI-UPDATEとカナボシ☆ツクモは、まだ作中では名前が出てきていないし、UM-E-MOも直接的にこの名義の表記が作中で明示されたことはない(ノベライズでウメとエモコが2人で作詞したことは書かれている)。対して、いきなり直球で、作中の人物名として出てくるとは思わなかった。

また、「B.A.A.B」はDr.Sergeが作詞しているが、続く「-ZERO」「Wining Day」はSATSUKI-UPDATEが作者としてクレジットされている。これも1つの謎だったのだが、この2つの曲の歌詞を改めて読んでみると、プロジェクトKARAKURIの運命への抵抗や諦念を感じさせるものとなっており、その違いに気付かされる。

次に「孤児」について。

これまでナナシスを追ってきた者であれば、孤児と聞いてある別のキャラを想起せざるをえないだろう。

セブンスシスターズが1人、寿クルトである。

彼女もまた孤児であるのだ。もっとも彼女の場合、サーカスで育てられたという過去があり、プロジェクトKARAKURIとは直接関わっていないかもしれない。しかし、Tokyo-7thには、孤児を計画的に芸能人に仕立て上げる何らかの施策があるのでは、と推測してしまいたくなる。

例えば、ナナシスには、2028年に「特別芸能人格支援法令」が制定されたという謎の設定があったりするわけだが(ちなみに2028年時だと、ヒトフタ6歳、クルト10歳となる)。

セブンスシスターズは、Tokyo-7thのこうした事情を何かしら知っていた可能性は高いはずである。御園尾財閥の娘なんてのもいるわけだから、知ろうと思えばかなりの情報にもアクセスできそうだし。

となれば、セブンスシスターズがデビュー間もない「SEVENTH HAVEN」の時期に掲げていた「破壊」とは、一体何に対する「破壊」だったのか、想像してしまうところである(既存のアイドルのあり方・価値観を破壊するのだと思っていたが、物語的にはそれはTokyo-7thという都市のあり方を破壊するというものとして具体化されるのかもしれない)。

そして、KARAKURIデビューとセブンス解散時期について

KARAKURIは、当初セブンスシスターズを倒すことが目的であったが、図らずもセブンスが解散してしまい、その目的は達成することができなかった。

KARAKURIの2人にとっては、セブンスの解散は全くの想定外だったようだが、無論これは偶然の一致などではないだろう。

セブンスの解散とは、ナナシスという作品においていまだ明かされていない大きな謎である。

ここでわざわざ1話と4話の二度にわたって、セブンスはKARAKURIがデビューする直前に解散したことを述べているのだが、これはもちろん、セブンスの解散の謎に対するヒントなのだろう。


KARAKURIはアイドル?

KARAKURIは、アイドルではなくアーティストという位置付けがなされているのだけど、

プロジェクトKARAKURIのあり方ってむしろ断然アーティストよりアイドルに近いのではないだろうか。

ま、アーティストとアイドルをどのように捉えるか次第だけれども。

プロジェクトKARAKURIは、潜在的な才能を秘める多くの子どもたちを、欲得に駆られた大人たちが育成・選別し、満を持して世の中へと売り出した「あやつり人形」としての歌手、である。

これは結構通俗的なアイドルのイメージに近しいところがあるのではないだろうか。



ところで、まだ何も書いてはいないものの、アイドルテロリスト七咲ニコルとセブンスシスターズが、比喩ではなく文字通りテロリストだったら、という二次創作ネタを抱えており、めっちゃ公式に燃料を投下されてしまった感じw

KARAKURIも組み込まなきゃだめかーw

t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5-

イベント ナナシス

ナナシス初の大阪公演

昼夜2回参戦して参りました

1月ちょっと予定が立て込んでいて、大阪遠征ちとつらいなとか思ってたりもしたんですけど、大阪行くことができてほんっっっとうによかった

ナナシスのライブはいつも大所帯なところ、今回は777シスターズとLe☆S☆Caのみ。といっても、総勢15人もいるので多いんですが、普段はこれにさらに10人くらい加わるので、いつもよりは少ない。

とはいえ、2時間19曲、昼夜で曲が変わったところをいれると23曲という充実のセトリ。

とにかく曲が次々と押し寄せてくる感じは、昨年夏、パシフィコ横浜で開催された2ndライブを踏襲していた。

しかし、単に2ndの大阪ツアーというものではないあたりはやはりナナシスで、コンセプトはがらりと変わっていた。

新たな出発というか、リスタートというか、そういうものを感じた。



今回のライブの特徴は、大きく以下の2点が挙げられるのではないかと。

(1)生歌導入の拡大

ナナシスライブはこれまで、歌についてはCD音源の被せ、いわば口パクが多かったところ、今回は生歌となっているところが多くなっていた。

おそらく1st、2ndではダンスの完成度を優先させていたのだろう(逆に言えば、1st、2ndで生歌が入っていたのが、4UとKARAKURIだったのは、ダンスがない、激しい動きが少ないという理由だったのかもしれない)。

今回、生歌が解禁(?)されたのは、ダンスはある程度目処がついてきたので、次は歌だ、ということだったのではないかと思われる。

とはいえ、2.5においても完全に生歌に置き換わったわけではなく、CD音源を被せているところはあり、生歌部分でもいくつかミスというか声が十分に出ていなかったところ(音響調整ミス的なものもあったけど)もあり、不完全さが見られるものだった。

が、その不完全さというのは、生であることを印象づけるものでもあるし、また、特にアイドルというジャンルでは、ファンが求めてしまうところでもある。

ここから成長していくんだということ、リスタート的なライブであることを感じさせるポイントだったかと思う。

 

(2)キャラによるMC

こちらは、かなりナナシス特有の演出ではないかと思うが、ナナシスの今までのライブと比較しても特殊だった。

通常この手のライブ、というか声優が顔出しするイベント全般において「○○役××です」と名乗るのが普通だが、一番最後の挨拶になるまでそのような挨拶はせず、冒頭では「○○です」と役名のみを名乗り、ライブ中のMCは全て、そのキャラとして演じるというものとなっていた。

今までも、ナナシスライブのMCは台本の縛りが強い感じがあったのだが、今回は完全にずっとキャラとしてステージ上に立つというものとなった。

この演出について、特に個人的にはそれほど語るポイントはないのだけど、終演後の他の人の感想を見ている感じ、かなり好意的に受け取られているし、ライブタイトルに銘打たれた「2.5」が2ndと3rdの間という意味だけではなく「2.5次元」という意味として解釈されていたようだった。ナナシスのキャラを演じる声優さんのライブ、ではなくて、まさにナナスタのアイドルたちのライブとして参加することができた、という感じか。

また、ステージ上で声優がキャラを演じるということについて、自分の少ない経験では、冒頭の挨拶だけキャラ台詞というパターンか、朗読劇というパターンくらいしか思いつかず、その点で珍しいなと思った。朗読劇というのは、ステージ上にスタンドマイクを並べて台本を手に持ちながら演じるものである。

基本的に声優の場合、舞台・映画・TVドラマのいわゆる顔出しする俳優と違って、台本を見て演じるのが主なので、台詞を完全に暗記するということは少ない(舞台出身の某声優が、声優の仕事を始めた頃に全部覚えてアフレコにいったら驚かれた的なことをラジオで話していた)。

そうは言っても、声優も役者であることには違いないし、養成所とかで舞台の練習もしているはずだし、やってやれないことはないと思うんだけど、わりと珍しいことなのではないのかなと思った。あと、プロンプターはステージ上にあったはずなので、完全暗記でもなかっただろうなと思うんだけど、そんなにそちらを見ていた印象はなかった。

だからなに、という話でもなく、珍しい趣向だなと思った次第。



今回は、知っての通り、大寒波の中での開催となった

思い起こせば、1stは5月にしては珍しい猛暑の中での開催だったし、2ndは結果的には快晴だったものの直前まで台風が懸念されていたことを思うと、なかなか天候との相性が悪いなと思うのだが、こういうことあると思い出には残るw



個人的には、初めてプレゼントBOXに入れるようのファンレターを書いてきたのだが、タイミングを逃して入れることができなかった、というのが大きな反省点



また、今回は1階はオールスタンディングでのライブであった。

2ndがパシフィコ横浜、3rdが幕張メッセと順調に規模を拡大しているところなので、最後のオルスタライブになるかもしれない(今後ありうるとしたら、全国ツアーやって東北とか九州とか行く時くらいだろうか。関東圏、名古屋、大阪あたりだともうオルスタ規模のハコではやらなさそう。まあ、名古屋、大阪のハコの規模感分からないのでテキトーなこと言ってるけど)。

リスタート的なライブ、ナナスタとしてのライブが、オルスタだったのは結構意味があったと思っていて、現在のナナシスというコンテンツの、マイナーメジャーというかメジャーマイナーというかくらいの位置付けとあわせて、これくらいの規模感がすごくしっくりきたというか。

単に自分の好みというのもあるかもしれないけど。

まあ、良くも悪くも「距離の近い」ライブだったよね、と。



うーんと、「オルスタ最高!」で終わらせたいのだけど、どうも、オルスタだから仕方ないと言ってすますにはやや度の過ぎたトラブルもあったようだ、というのがtwitterで流れていた、ということだけは付記しておく。自分は多分結構近くにいたのではないかと思うけれど、直接目撃はしてないので、これ以上は何も言うことはない。



さて、今まで参加してきた声優系のライブの中では、もっとも前方へ行くことのできたライブになり、かなりの至近距離で見ることができた。

近くで見れると、まじヤバイ、かわいい

帰ってきた後で、2ndライブのBD見たんだけど、普段なら「やっぱり映像は現地で見るよりも表情とかまでよく見えるな」って思うのに、今回ばかりは逆だったので、衝撃を受けました……。

もちろん、ライブという環境上、どうしても他の人がかぶる、自分も揺れ動いたり時に飛び跳ねたりしている、周囲の人も同様に動いているといったことがあるため、視界は結構制限される。

あと、昼よりも夜の方がさらに前に行ったのだけど、近づけば近づく程、周囲の人口密度が高くなる及びステージの見かけの高さが高くなるので、「近づく程見る姿勢がきつくなる」ということはかなり実感した。

MCとかだとまだそれなりに全体が見れるのだけど、曲が始まると、自分の前にいる2,3人くらいしか見れない感じで、自分は上手側にいたのだけど、センターまではまだ何とか見えるとして、下手は全く見えてなかった。

しかし、それでも、視界が上手く開けた時には、足下まで含めた全身が見えたので、全く悔いない、というか非常に満足度高い。

当日の感想ツイのtogetter

えーと、基本的には顔! 顔がよく見えた! ってとこなんだけど、まあちょっと、文字通りやらしい話も、心の中に潜めておくことができないのでメモっておくと

いわゆる見せパンって奴が一瞬見えました。

普段、「あんな短いスカートであんなに飛び跳ねてるのに見えないもんだ、衣装ってのはよくできてるな」くらいに思ってたけど、見える時は見えるんですね。

ノルカソルカでしーたむが「見せパンって短パンだよ? 見えて嬉しいの?」と言って、リスナーが「それでも嬉しいんです」というメールを送るみたいなやりとりがあったけど、「エロいものが見れて嬉しい」というより「レアなものが見れて嬉しい」の方が大きいかな、と。ライブの感想レポじゃない脱線話が続くけど、エロいものは基本的に隠されているため必然的にレアなものとなるので、その区別が曖昧になってしまうんじゃないかな、と。



ライブレポに戻ります。

えーと、開演前の注意事項は、ジャーマネのコニーさんから

腕を大きく振り回す等の迷惑行為の他、メモルンジュースの販売も迷惑行為として禁止ですw

そして、ナナシスライブ恒例となった、デジタル時計のカウントアップで、2017年から2034年へ

オープニング時のロック系なBGMに、ちょっとばかり、今回は未参加のQoPみを勝手に(!)感じて「QoPはいないけど意識されてるんだな」と勝手に(!)思ったりしてた。

 

togetter.com

 

 

01.僕らは青空になる / 777☆SISTERS

02.KILL☆ER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS

03.Cocoro Magical / 777☆SISTERS

ノンストップ3連続叩き込み!

今回は、1stにはあって2ndにはなかったキラチュナの「どうやって どうやって どうやって 叶えよう」をフロア全体で歌うパートが復活。大西沙織が満面の笑みでマイクをフロアに向けてのが見えたああ

上手側だったので、桜さん、しーたむ、あしゃかさん、道井、大西あたりが多かったかなあ。清水さん、ゆっきーもちょいちょい見えたかな。だーみな、ゆいにゃんあたりは全員曲の時はあまり見た覚えがない。曲によって結構立ち位置変わるので、全く見てない人はいないけど。

「2・0・3・4」の手の動きとかもばっちり見えた。



ハルちゃん(だーみな)が冒頭の挨拶をすると、最初のMC組であるハル、ヒメ、スイ、カジカの4人を残し、早々に他は一度退場。

カジカが「2.5ってどういう意味なんですかー」と会場に問いかけたり、ハルが「コニーさんが「深い意味があるんだずー」って言ってました」とモノマネをしたりしてMCパートは終了。次は、ポンコツ娘やスパッツのいるあのユニット、と言ってLe☆S☆Ca呼び込み



04.YELLOW /Le☆S☆Ca

05.Behind Moon / Le☆S☆Ca

2曲連続!

上手側だったので、藤田さんが入ってくるのを目の前で見れたぜ! 昼は上手寄りだったので、センターあたりに集まるとよく見れなくなったりしたため、夜はもっとセンター寄りに行くぞと決意し、よりセンター寄りの上手側に立てたのでよりちゃんと見れたかな。

Le☆S☆Caは、お互いが顔を見合わせる振付多くて、振り付け師マジ有能!

基本的に上手側は、1番の時に藤田さん、2番の時にひかるんが来ることが多かったかな

ひかるん、髪型がゆるふわツインテールになっていた。近くで見ると、マジでお人形さんみたいな顔立ちをしています(童顔であるという意味も含む)。

Le☆S☆Caは、YELLOWとビハムンでがらっと表情が変わるのもポイントで、特に藤田さんなー。表情の表現が1つ飛び抜けてる。

歌への情感のこめ方もすごい。

生歌で聞けてマジよかった。藤田さんが歌い上げているところがすごくよいんすよ

夜公演、ビハムン間奏での腰回すダンスの時、ちょうどうまく視界が開けて、目の前で藤田さんを見ることができた。



MCでは、レナが「何か話題ない?」とふり、キョーコが「好きな食べ物」と提案し、ホノカが「とんこつラーメン!」と答え、ラーメントークへ。

このあたり、おそらく台本では「支配人さんもとんこつラーメン好きだろうか」→「とんこつラーメン好きな人は手を挙げて」→会場手を挙げる、という流れだったのだろうけど、「好きだろうか」の段階でフロアは即座にリアクションとっており、それでいてホノカ(ひかるん)は、何とか台本通り続けようとするので、ちょっとチグハグになりかけたのだが、レナ(藤田さん)がフォローを入れていた。

この中だと、藤田さんがこういうの一番うまいよなと思いつつ、このあたりは結構、レナと藤田さんの境界が溶けてて、レナとしてのアドリブなのか、藤田さんとしてのフォローなのかという区別がなくなってた気がする。

ちなみに、夜になるとひかるんも馴れていて、このあたりも余裕をもって進行していた。



06.昼・PRIZM♪RIZM、夜・ラバ×ラバ / WITCH NUMBER 4

昼と夜とでセトリ違ったところ

やっぱ、ウィッチは盛り上がりますね

しーたむのダンスが上手くなっていた、ような気がする。

上手側、基本的にしーたむなので、わりとずっとしーたむ見てた気がするんだけど、前髪サラッサラだなーとか



07.昼・お願い☆My Boy、 夜・AOZORA TRAIN / SiSH 

SiSHといえばダンス番長あしゃかさんですが、今回、生歌になったことで、歌だと清水さんだな、と思ったり。

清水さん、今回は髪型をウスタに寄せてきてましたね。

そして、道井

……めっちゃかわいいし、美人なんですが

知ってた、知ってたけど、近くで見ると、今まで思ってたのを遥かに上回ってくるんですけど

顔ちっちゃい、黒目おっきい

SiSHの時の無表情に近い表情の時は、まさに「目に吸いこまれそう」という形容がぴったりくるし。

全員曲の間奏とかは、本当に細かく会場のあちこちに目を向けたり、手を振ってたりするのが分かり。



08.昼・オ・モ・イ アプローチ、夜、You Can’t Win / NI+CORA 

基本的に、フロアの盛り上がりに身を任せて前へ前へ行ってたんだけど、NI+CORAはやばいだろうなと思って、このときはやや引いてたw

YCWは、2ndの時、自分もすっかり舞い上がってるからステージをちゃんと見れてなかったりしたのだけど、今回は近くからちょこちょこと見れて、細かい動きが多いなあと。難しいって言ってたもんなー。

ただ、バッキュンは、人の隙間からかろうじて見えたか見えないかくらいだったけどw 上手にいた大西のは見えたけど、下手にいたゆっきーの方はちゃんと見れなかった感じ

近くで見ると、まじ2人ともかわいいよね

知ってたけど

ゆっきーの、オモチ歌っている時も思わず笑顔が綻んじゃう感じがすごくかわいい



09.昼・たいくつりぼん、夜・Clover × Clover / サンボンリボン 

桑ちゃんは、ほんとにずーっとずーっとあの満面の笑みを浮かべててかわいい。たいくつりぼんの時もずっとあの笑顔で。

サンボンリボンっておとなしい曲のようでいて、ライブで聞くと実はそうでもないのが面白いw

たいくつりぼん、ライブで聞くと低音がめちゃくちゃ効いてて、とてもよいw

さて、今回のライブで、個人的に一番やられてしまったのが、高井ちゃんで。

「あれ、高井ちゃんってこんなにかわいかったっけ」っていう

藤田さん、ゆっきー、道井、だーみな、しーたむ、大西あたりは、まあ以前からの推しなので、推しがかわいいってのは当然の話で、近くで見るともっとかわいいってのも、嬉しいことだけど驚きではない。高井ちゃんは、言ってしまえば、今まで推しでも何でもなくて、ノーマークなわけで。

高井ちゃんも結構細かく会場のあちこちを見てたり、手振ってたりするし、投げキスするし。この子やばいぞってなる

高井ちゃん、サンボンの時は、わりとぎゅっと口結んでるのもかわいいなあ



ここでMC

スース(NI+CORAパーカー!)、スミレ、モモカ、ロナ

Le☆S☆Caが残していった「コイバナ」をスースが拾い、何故かそれにモモカも食いつき、スミレが焦る。

「モモカはどっちでもいいよー」って言ってスミレを翻弄したり。

スースに指名されてしまったロナが「好きな人を発表します!」と力を込めるが、「ニコ様です!」と。スースが別の意味で食いつき、「SEVENTH HAVEN」のイントロが流れて、スースとロナがダンスを真似する。加隈・大西のちょっと砕けた感じに「キャン丁目!」と声がかかったりしていたw

このパートは昼・夜ともに安定して面白かったけど、夜はよりアドリブ入ってた気がする。



10.Girls Talk!! / NI+CORA

11.セカイのヒミツ / サンボンリボン

12.SAKURA / WITCH NUMBER 4

13.さよならレイニーレイディ / SiSH

MCからの流れでそのままGTへ

さよならレイニーレイディは、ほんと細かくポジション変わるなあと改めて思ったり。



14.トワイライト / Le☆S☆Ca

レイニーレイディからトワイライトへの流れ!

ビハムンとトワイライトはもうとにかく藤田さんなんですよ!

歌も表情もダンスもエモい!

で、藤田さんはほぼ生歌だったかと思うのだけど、吉井さんとひかるんは、CD音源被せもしていたのではないかと思う。

で、これは勝手な個人的妄想の類なんだけど、このどこまで生歌でどこまで音源被せるかっていうの、同じユニットの同じ曲の中でもこういう調整があるというのは、これを決めるにあたって裏ではどういうことがあったんだろうかって。これ絶対語られることはないんだろうなって思うし、あるいは自分が勝手に想像しているようなドラマなんて全然なかったかもしれないんだけど。「できます!」「いや、今回はやめておこう」みたいなやりとりがあったのだとすれば、何だよ、それ、マジでアイドルアニメじゃんっていう。

自分の耳には全然自信がないし、こういうことの実態にも全然詳しくないので、ほんとただの勘違いの可能性もあるけど。

YCWも、BPMが遅かったらしいので、Le☆S☆Caに限らず、生歌を入れるにあたって、色々難易度調整はあっただろうとは。

っていうのを、1番聞いた時には思っていて、で、先ほど、吉井さんとひかるんは音源被せてたと書いたけど、サビの最後にソロになる部分は生歌になってんですよ!

昼はちょっと音響側のミスがあったような気もするんだけど、夜は多分そういうのはなくて。

「トワイライト」のアクトは、今でも鳥肌もんのいいものなんだけど、まだまだこれからどんどんよくなっていくんだってのを感じてた。

こう言っちゃなんだけど、まだ現段階だと「藤田茜がすごい曲」にとどまっている気がする。「Le☆S☆Caのトワイライト」は、まだこれから出てくるぞ



15.タンポポ / Le☆S☆Ca

そして、一転してのタンポポ

トワイライトからタンポポへ雰囲気がガラリと変わるのがほんとLe☆S☆Ca

表情の変化がすごくある

ひかるんが、これまでこらえていた笑顔を爆発させるような感じがあって

タンポポは、ダンスの振付がめちゃくちゃかわいい

3人横に並んで1人ずつ腕あげていくようなのとか

立ち位置も結構変わる

1番は上手がレナだけど、2番は上手にホノカが来てて、でも3人が縦に並んでいるところだとホノカが一番前にいたりするし

2番のサビで、ひかるんが腕振って煽って(?)くるのかわいい(横ノリなんだけど、2番のサビは腕を縦に振っていたような)

 

16.ハネ☆る‼ / はる☆ジカ(ちいさな)

タンポポからのハネ☆る!!

かわいいの連鎖!!

タンポポ終わった後に、この曲のイントロ流れてくると、テンションの高まりでちょっと頭おかしくなるw

だーみなって、WITCHの時はそんなに表情動かさないけど、はる☆ジカの時はめっちゃ笑ってる

2人がぴょんぴょん跳ねるのと同じタイミングで跳ねるの楽しい!




最後のMCは、サワラ、シズカ、シンジュ、ムスビ

ダジャレ解説シィちゃんは桑ちゃんだったw

こっちも夜は桑ちゃんがアドリブ入れていたような

サワラ、シズカ、シィちゃんがぐるっと走るの、2ndの「回ってー」思い出すw

最後にシズカが、2.5とは「私たちと支配人をつなぐ」意味だと述べる。

 

17.Snow in “I love you” / 777☆SISTERS

この曲めっちゃ好き

めっちゃ盛り上がる

同じタイミングでジャンプすると楽しい

 

18.H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!! / 777☆SISTERS

ピアノイントロから

スノラブとハジマリウタは、ほんとナナシス全員曲のよさみが詰まってる。

振りコピとかほとんどしたことないんだけど、夜の時、この曲の一部について少しだけ真似してた。確かに楽しいかもしれないw

片腕だけの振りが多いから、この曲は思わず真似したくなるところがある。

あと、夜は、ゆっきーの笑顔がたまらんかったなー

もちろんいつも通りの楽しそうな笑顔なのだけど、どこか誇らしげというか、すごくいい笑顔だった。

 

そしてメッセージビデオが流れる。

ゲーム画面に表示されるのと同じナナスタの画面に、各キャラの立ち絵が映って、1人ずつ支配人への感謝を述べていくというもの。

ロナのを見ると、どうもいつも泣きそうになる。

ライブ後の感想TLで、「今回のライブは、客も声優名でなくキャラ名で叫んでいてよかった」的な感想が流れてきたとき「終始声優名叫んでましたwwサーセンwww」と思っていたのだが、考えてみれば、このメッセージビデオの時に限って言えばキャラ名叫んでました。

メッセージビデオの後、スタッフロールが流れてきて、「え、もう終わり?」となったところで、画面にノイズが走り、キャストがステージ上へと走り込んでくる。



19.FUNBARE☆RUNNER / 全員

777だけでなくLe☆S☆Caも含めた全員が、ライブTシャツに着替えてFUNBARE

この曲、結構ひっきりなしにポジションが変わる。

どうしても視界が限られて、上手だけが見えているような状態だと、次から次へとキャストが入れ替わり立ち替わりにやってくるような感じだった。

Le☆S☆Caメンバーのいるバトン渡しが見れたのもよかったし、後半の並び順だと、ハルがムスビに渡すところから始まるんだなってことも知ることができて

 

最後に、キャストから一言挨拶していって締め

巻きの指示が入っているようで、早口で短めに終わらせていくのが可笑しかった。

夜では、桑ちゃんが「今回は面白いものにすると聞いていて、面白いと言ったら私でしょ」と言い、会場からの反応にガッツポーズしていたのがかわいかったw



『MIW-MUSIC OF IDOL WORLD-』委託開始!

先日開催されたC91にて発行した二次元アイドル音楽本『MIW-MUSIC OF IDOL WORLD-』をメロンブックス様にて委託を開始しました。


8本の「エッセイ」、19本の「作品別ガイド」、129人の「作家別ガイド」、1478曲の「楽曲リスト」により、アイマスラブライブアイカツうたプリ、あんスタ、キンプリなどの二次元アイドル作品の音楽面を徹底ガイド!
MIW-MUSIC OF IDOL WORLD-(MIW製作委員会)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
内容紹介はC91告知!『MIW−MUSIC OF IDOL WORLD−』発行!! - logical cypher scape
#C91 二次元アイドル音楽本『MIW』告知!3日目東U12b - Togetterまとめ

感想の声





上記以外は、二次元アイドル音楽本『MIW-MUSIC OF IDOL WORLD-』感想まとめ - Togetterまとめ