プリズムの煌めきの向こう側へ

アイマスとかアニメとか声優とかのことを書く、豚になってしまった人間の記録用紙

2017秋アニメ終わって

魔法陣グルグル

とてもよいアニメ化だった

原作を全てアニメ化するだけでなく、付加されたアニメオリジナル要素がとてもよかった。グルグル原作は、何とか終わらせた感があるけれど、アニメにおいて最終回っぽい盛り上がりを入れてくれた感じ。レイドとか。

過去アニメリスペクトもあり(「Wind climbing」のテクノボーイズアレンジ流してくれるとか神でしかない)、本当によかった。

 

クジラの子らは砂上に歌う宝石の国

以前書いた→2017年のアニメ - プリズムの煌めきの向こう側へ

アイドルマスターSideM

1クールで終わるのもったいないよ。2期くれ。

最終回のライブ、全員がステージ上で同時に踊ってるシーンが圧巻だった。アイマスアニメ史上最多?(二次元アイドル括りだとラブライブ!が劇場版でえらい人数躍らせてるけど、それを除くとかなり多い方では。多いから偉いわけではないが、圧倒はされる)

なお、SideMの最終回配信(理由知らないけど遅れた)を待っていたので、この秋アニメ終わった後感想が遅くなった

 

少女終末旅行

これもアニメ化によって、色々と世界に広がりが出た感じの作品だと思う。

雨音の音楽とか。

最終回近辺とか



Fate/Apocrypha

最後の方の作画すごかったねー

雑な感想



将国のアルタイル

よさはいっぱいある作品なんだけど、「アルデラミン」枠みたいな言われたかをされていたのをきっかけに見始めたので、アルデラミンと比較してしまい、そうすると、アルデラミンの方がよりよい作品だったなと思ってしまう。

ただまあ、何を描こうとしている作品かという点で違うので比較しても、という部分はある。

アニメの後半になっても、重要な新キャラがばんばん出てきてすげーなと思った(アニメはまあそれなりにきれいにまとめて終わったが、原作が終わってないのでまあ仕方ない)

Fate/ZERO

面白かったー

 

アイカツスターズ

時々感想書いてるし終わってないので省略

ガルパン最終章第1話

とりあえず、見ました、というメモだけ

桃ちゃん!

2017年のアニメ

TVシリーズ作品でいうと、今年はやっぱり

仮面ライダーアマゾンズ

アイドルマスターKR.』

の年だったなーという感じがする。いきなりアニメじゃないんだけど。

 

メイドインアビス

今年見たアニメの中で一番印象強いのはアビスかなー

あの世界観や生き物たちが魅力で最初から面白かったけど、やはり後半のリコがタマウガチにやられたあとの展開と、ナナチとミーティを描いた最終回がとてもよかった

 

アリスと蔵六

これは原作を以前から読んでいて、アニメ化決まった時から楽しみにしていて、見ているさいちゅうに解釈違いを感じる箇所もあったのだけど、最終的にはとてもよいアニメ化になっていて丁寧な作品だったなと

『昭和落語心中』

これはもう視聴中から何度も言ってたけど、石田彰がすごいっていう。

恋愛暴君

ギャグ満載のラブコメ作品なのだけど、シリアス目の展開もうまくはまっていた。初主演のよっぴーも、アニメデビューのがのちゃんも、中堅どころとなってきたはらみーとぬーも、それぞれによい演技だった

『賭ゲグルイ』

早見沙織田中美海

アイカツスターズ

2年目面白いっす

宝石の国

CGもよいが、音楽もよい

監督がラブライブ!の監督もである京極尚彦なのは有名ですが、音楽もラブライブ!の音楽やってた藤澤慶昌

クジラの子らは砂上に歌う

これもまた、原作を以前から読んでいた作品

まさかアニメ化するとは思っていなかった作品だったので、それだけでも嬉しい

そして、あの世界をうまく作ってくれて、音声が加わることで広がった感じがする

サクラクエスト

P.A.のつくるお仕事ものはやっぱり面白いんじゃないですか

魔法陣グルグル

2クールで原作を全てやりきったことがまずすごいな、と

そして、それにあたって様々な取捨選択、あるいはアニメ化にあたって原作から変更したり付け加えたりしている点があったけど、それらが上手かったなと思うし、何か作り手のグルグル愛を感じさせる作品だったと思う。

亜人ちゃんは語りたい

ひかりがかわいかった

ノラと皇女と野良猫ハート

今年のカオス枠w

1クールのショートアニメの中で本当に色んなことやったなあ、と。カオス枠なんだけどシリアスもちゃんとやっている。でも、シリアスを入れることによって全体としてのカオス度はあがっているというw

製作委員会方式ではなく、原作のエロゲ作ったゲーム会社の1社出資方式という意味でも注目作。ゲームのシナリオライターがそのままアニメでもシリーズ構成・脚本をやっている。

 

第4回『アニラジアワード』

aniradiaward.com

 

https://aniradiaward.com/aniradiaward_radio_program_list.pdf

 

投票を呼びかける番組が出てきて、なるほどそんな季節か、とw

上のpdfの番組リストを見てると、「え、そんな番組もあったの」みたいなのもちらほら見つかったりもして面白い。

とりあえず、上記リストの中から、自分が聞いてる番組などを以下に羅列してみる。

音泉・響・文化放送・A&G・ラジオ大阪、なので

ラジオ関西の「カレーチャーハン」「パリパリパーリィ」やアニメイトタイムズの「みゃらむぅ研究所」は入っていない。あと、youtubeで配信してる「Pick Up Girls!」もない。それから自分が最近聞いてるやつで、これに入っていないのは葛飾FMの「radioclub」か。ゆっきーの奴と藤田さんの奴をちょいちょい聞いた。

 

【新人】

16 妹と加隈亜衣藤田茜とラジオさえあればいい。 https://hibiki-radio.jp/description/radiosae/detail 加隈亜衣藤田茜

何回か聞いたのだけど、結局、アニメ本編を見ていないので途中から聞かなくなってしまった。

大西・加隈と藤田茜のあいだに交友関係ができたの面白いなと

いのりっくまねるやロンリーホームとつながるかどうか分からないけど。

 

39 ガールズ&パンツァーRADIO ウサギさんチーム、まだまだ訓練中! http://www.onsen.ag/usagi/ 竹内仁美、中里望、小松未可子多田このみ、山
岡ゆり、秋奈 音泉

おかゆちゃんか秋奈が出てる回であれば大体聞いている気がする。


40 ガールズ&パンツァーRADIO カモさんチーム、生活指導中! http://www.onsen.ag/gup-r/ 井澤詩織 音泉

これ、特別枠で1、2回放送されただけでは?

聞いたような気もするのだけど、よく覚えてない

 

42 ガヴリールドロップアウト~天使と悪魔のシェアハウス~ http://www.onsen.ag/gabdro/ 富田美憂大西沙織大空直美 音泉

これ、1回くらい聞いたような気もするけど、もしかしたら聞いたことないかもしれない

 

68 システィ&ルミアの禁忌通信 http://www.onsen.ag/rokuaka/ 藤田茜宮本侑芽 音泉

何回かは聞いた

冒頭のぼそぼそとした2人の会話が面白かった

 

71 少女終末旅行~GIRLS RADIO TOUR~ http://www.onsen.ag/grt/ 水瀬いのり久保ユリカ 音泉

これも、2回に1回くらいの頻度で聞いている気がする

 

87 高田憂希・千本木彩花のしゃかりきちゃん https://hibiki-radio.jp/description/syakarikichan/detail 高田憂希、千本木彩花 響

「首の皮1枚」だしイベント行ったし、投票しますw

できれば毎週放送に戻ってほしいなー

 

89 高橋李依上田麗奈 仕事で会えないからラジオはじめました。 http://www.onsen.ag/shigohaji/ 高橋李依上田麗奈 音泉

前も書いた気がするけど、上しゃまの「それー!」が、明らかにオタクから感染した語彙なのにオタクっぽくなくてよいw

 

102 亜人ちゃんはラジオで語りたい~でみらじ~ http://www.onsen.ag/demichan/ 本渡楓、篠田みなみ 音泉

自分はこれでえーでちゃんを知った、確か

 

118 ノラと皇女と野良猫ラジオ https://hibiki-radio.jp/description/noratoto/detail 種﨑敦美、山岡ゆり

アニメ本編の終了とともにラジオも終わってしまうことが多い昨今、まだ続いていて、コーナーも新しくなった本ラジオ

番組のラップを作ることを目指すコーナーでは、ちゃんと講師までゲストに呼んでて、そのことがすでに面白いw

冒頭のコント、脚本もカオスだが、それに応える演技もカオスw

 

130 Fate/Apocrypha Radio トゥリファス! http://www.onsen.ag/fate-apocrypha/ 古川慎大久保瑠美 音泉

これも2回に1回くらいの頻度で聞いている気がする

 

140 フレッシュたかまつ http://seaside-station.net/program/fresh/ 高田憂希松田颯水 文化放送、超!A&G+

これは、大笑いラジオ賞確定w

っていうか、おおむねさつみがひどいw

 

143 宝石の国ラジオ ~金剛先生がお呼びです!~ http://www.onsen.ag/houseki/ 中田譲治 音泉

これは結局、初回の黒沢ともよ回しか聞いてないんだよなー

 

167 ラジオインアビス ~リコとナナチの探窟ラジオ~ http://www.onsen.ag/miabyss/ 富田美憂井澤詩織 音泉

やっぱりこの番組は、富田飯のコーナーでしょ

 

178 ラジオで エロマンガSENSATION! http://www.onsen.ag/eromanga-sensei/ 藤田茜高橋未奈美 音泉

これも、アニメ本編見てなかったから、数回しか聞いてない

 

179 RADIO NEW GAME! ~あおっちとねねっちの進捗報告会!~ https://hibiki-radio.jp/description/newgame/detail 高田憂希朝日奈丸佳

これはアニメ本編見てたけど、逆にラジオはあんまり聞けてない

 

192 レディオワーク・プラネット~時計仕掛けのラジオ~ http://www.onsen.ag/clopla/ 南條愛乃加隈亜衣大西沙織 音泉

これもアニメ本編見てなかったから、ラジオは最初の数回しか聞いてない

 

193 恋愛暴君暴れん坊ラジオ https://hibiki-radio.jp/description/abarenbou/detail 青山吉能長野佑紀

よっぴーとがのちゃん、よかった

 

 

【一般】

506 あどりぶ http://seaside-c.jp/program/adlib/ 巽悠衣子大橋彩香 文化放送、超!A&G+

安定のあどりぶ


519 Wake Up, Girls!のがんばっぺレディオ! http://www.onsen.ag/wug/ 吉岡茉祐奥野香耶田中美海山下七海高木美佑青山吉能永野愛理 音泉、響

なんとなくおおむね聞いていて、なんとなく面白いんだけど、こう後になって、どんな番組だったかなと思い出そうとすると印象が薄い番組……

 

531 A&G NEXT BREAKS 黒沢ともよFIVE STARS https://twitter.com/ag_five_stars 黒沢ともよ 文化放送、超!A&G+

532 A&G NEXT BREAKS 田中美海FIVE STARS https://twitter.com/ag_five_stars 田中美海 文化放送、超!A&G+

598 虹のコンキスタドール 毎日が放送部 http://pixiv-pro.com/2zicon/ 根本凪、陶山恵実里 文化放送、超!A&G+

FSとFSの箱番組のにじどるそ

安定の面白さ。虹コンも意外とよい

 

561 清桜~ラジオはじめました~ http://www.onsen.ag/shizakura/ 清水彩香、中村桜 音泉

そもそも、月1更新だからわりと更新を見逃すし、数回に1回くらいの頻度でしか聞いてない気がするけど、時々聞いてみると、まったりしてて面白かったりする

 

572 セブン-イレブン presents 佐倉としたい大西 http://www.onsen.ag/toshitai/ 佐倉綾音大西沙織 音泉文化放送、超!A&G+

最近時々見逃していることもあるけれど、大体見てる。

自分が今見てる中から投票対象を選ぼうとすると、しかし、「また、としたいかよ~」ってなってしまって、悩む

 

622 松井恵理子のにじらじっ! http://www.onsen.ag/matsui/ 松井恵理子 音泉

癒しコーナーもあるし、癒し枠確定でw

1人ラジオってあんまり聞かないのだけど、これは大体欠かさず聞いている気がする

カッターはいろいろとよい

 

投票

 

新人枠

 

  • 投票なし



  • 高田憂希・千本木彩花のしゃかりきちゃん



  • フレッシュたかまつ



  • ラジオインアビス ~リコとナナチの探窟ラジオ~



  • 高橋李依上田麗奈 仕事で会えないからラジオはじめました。



  • ノラと皇女と野良猫ラジオ



  • 恋愛暴君暴れん坊ラジオ



 

一般枠

 

  • 投票なし



  • 投票なし



  • 投票なし



  • 投票なし



  • 松井恵理子のにじらじっ!



  • 投票なし



  • 投票なし

 

 

 

アニメマシテ

アニラジアワードとは全く無関係なのだけど、過去記事見てたら、アニメマシテについてメモってるのがあったので、それ以降の分をメモ

10月に番組終了しちゃったし

これは、時々気になるパーソナリティ回だけ見ているという感じで、2016年~現在で見た回をtwilogからひろった。

2月下地・和久井

ゲストにアイカツとしてゆっきーらが来て、アイカツでそろった回があったはず

3月かな恵・小見川

4月ちなみん・りえりー

4月原・松嵜

7月ゆっこ・ひーちゃん

10月ゆっきー・丸ちゃん

2017年3月だーみな・えりぴょん

sakstyle.hatenablog.com

 

5月 藤田茜大森日雅

5月 千本木彩花・本渡楓

7月 青木瑠璃子福原綾香(ただし1回見逃し)

 

高田憂希・千本木彩花のしゃかりきちゃん〜クリスマスイブイブSP〜

しゃかりきちゃんの公録イベントvol.2

1回目の公録は行くことがかなわず、その後、番組が隔週になり、「首の皮一枚つながっている」などと言われるようになり、行けなかったことを悔やんでいたのだが、無事第2回の公録が開催され、参加することができてよかった。

場所はYMCAアジア青少年センタースペースYホール

声優ラジオイベントでよく聞く場所の一つで、自分としては、以下のイベントに引き続き2度目だった

sakstyle.hatenablog.com

 

入場(というか物販か)に時間がかかり、15分押しでスタートした。

ところで、同日の前の時間帯に別のイベントがあったっぽくて、入り口の陰になるところに、別の声優宛のフラスタが出しっぱなしになっていた件……w

 

席はなんと前から4列目!

さらにいうと、今回は前方3列は椅子をいれて席を作っていたので、会場の固定席という意味では最前!w

ゆっきーは、グレー(スタッフ用)のイベントパーカーにショーパン・厚手の黒タイツ

ぼんちゃんは、黒のイベントーパーカーに白いワイドパンツ、といういで立ち

 

ゆっきーは今までナナシスライブでしか生で見たことなかったから、この近距離で見れるのは初めて。

ほんとかわいい

髪の毛が細いのと泣きぼくろが……

ぼんちゃんは生で見るの初めてだけど、美人っすなー。そして目力が強い。今ふと思ったんだけど、えーでちゃんと並んだらすごそう

上に述べたとおり、会場にもともと設置されている席に加えて、前方にさらに3列分椅子をいれて座席を増やしていたので、最前列とステージの距離が本当に近くて、始まった当初、ぼんちゃんが「圧が強くて怖い」としきりに繰り返していたw

結構、ステージを右から左へ動いてくれたりして嬉しい。

それから、しゃかりきちゃんのイベントといえば、スタンディングオベーション

結構みんな立ってたし、自分も立ったw

 

公録パート

ふつおたコーナーから

メール読まれる人、わりと1~5列目あたりに座っていてすごいw

自分の目の前に座っている人も読まれていた

ところで、ナナシスのような作品にかかわるライブだと女性客の割合ってだいぶ多いが、やはり女性声優のラジオイベントともなると9割以上が男で、今回も女性客は2人くらいしか見かけなかったのだけど、そのうちの1人がまさに目の前に座っている人で、なおかつメールも読まれていた。しかも10代だった。強い……。

コーナーは、古今東西で、クリスマスに言ってもらいたいセリフーという奴

会場にいると、そっち見ながら言ってもらえるんだなーと

いやしかし、きゅんきゅん言わせるセリフのはずなのに、笑いしか起きないw

それから、「やる気と元気は彩花から」見れたのがよかったw

 

会場限定コーナー

定番ショーのコーナーを、会場に来ているちゃんちゃん(リスナー)と一緒にやる。

司会進行は、おじさん(放送作家

この人(大村さん、というのか)の番組で聞いてるの、これとキャン丁目だけど、この人自身も結構面白く好きなので、実物見れてよかったw

おじさんが、会場にいる人を指名してステージ上にあげる。

1回につき3人で2回やったので、計6人のちゃんちゃんがステージ上に

最初の3人、見た目の圧がすごかった気がするw

さっき、10代の女の子がいたという話を書いたけど、ぱっと見ではやはり大学生くらいの20代男性が多い印象なのだけど、ステージ上にあがった人たちの平均年齢は、会場の平均年齢より高いw

2回目は、「〇〇ロン」といえば、というお題

投稿者の策にはまってしまって「ポポロン(投稿者のラジオネーム)」と答えるぼんちゃん、最後にロンがつく言葉だって言ってるのに「ロンドンハーツ」と答えるゆっきー、というパーソナリティ陣に対して、「麻雀のロン」「バーチャロン」「世論」とこのコーナーに求められている回答をそろえるちゃんちゃん3人に、おじさんが思わず「このコーナーでやりたかったのはこういうこと!」「みなさんがオフ会でやった方がちゃんとできる」とか言い出していたw

プレゼントコーナー

パーソナリティの2人が抽選して、プレゼントを渡すコーナー

 物販コーナーで飾っていた、この声グラ嘘表紙などの他、2人が定番ショーで使ったスケッチブックときて、さらに「おじさんのスケッチブック」という謎プレゼントw

実は、時間がおしてできなかったジェスチャーゲームのお題が書いてある奴で、ボツになったお題なども載っている、というレアなんだかなんなんだかよくわからない代物w

しかし、それを説明するために「今回できなかったコーナーがあって」と言っているうちにテンションがあがったのか「次回のイベントでやります!」と次のイベントもある宣言をしてしまうおじさん

なんかイベント終了後のtwitterも熱いことを言っていたし、何か今回のイベントはおじさんに火をつけるものだったようだ

 そして、最後のプレゼントは、声グラ今月号のポスター、といういよいよもって、番組と直接関係ないものが

抽選終わった後に、スタッフがポスターを持ってくると、それはなんと雨宮天ポスターで会場爆笑

「私たちにも会えて雨宮さんのポスターももらえて、一度で二度おいしいね」というゆっきーの謎コメントでイベントも終了

 

『アイカツスターズ!』84話「夢は一緒に」

 

あこきらしんどい無理

 

sakstyle.hatenablog.com

 

これを受けての、あれだから

きらら、お前ほんとな……

 

ファンのためのアイカツをやって、グリッターを勝ち取れなかったあこちゃんが、

きららにファンのためのアイカツを説いて、大会の優勝に連れてくという、この

 

あと、まあアイカツスターズはなんか劇場版とかこれとか、三角関係っぽく描くの好きだね

 

変身前の決めセリフシーンが特注だった……!

 

挿入歌は「おねがいメリー」

みほ・みきで歌うのは74話に続き2度目

作詞 - 林奈津美 / 作曲 - 秋浦智裕 / 編曲 - 成瀬裕介(onetrap)

『はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳』

有名な少女漫画が原作で何度も映像化されている同作の、最新の映像化作品

タイトルは知っていたけれど、実は内容はほとんど知らない状態で、見に行った。

haikarasan.net



大正期の女学生である紅緒が主人公

学校の成績も家事もだめだが、負けん気と剣道の腕は誰にも負けんない「はいからさん」

親に決められた結婚ではなく自由な恋愛を夢見ているが、ある日突然、祖父母の代から決められていたという許嫁の伊集院少尉が現れる。

最初は嫌がりもしていたし、親友の片思いの相手でもあり、相手の家に嫌われるような行動を繰り返す紅緒だが、しかし、次第に少尉に惹かれるようになっていく。



アニメについて

見て一番最初にびっくりしてしまったのは、これは本当に2017年のアニメなのか? ということだった

まず、キャラデザだが、まさに一昔前を思わせる目の形・大きさをしていて、コメディタッチなシーンでのデフォルメ化も、やはり一昔前の少女マンガ的なのだ

さらにいえば、なんというか、CGっぽさがまるでないこと

背景画があって、その前をセル画が動いている、というレイヤー構造みたいなものが、やけにはっきりと感じ取れるような画面になっている、気がした

劇場版だというのに、冒頭が静止画で進んでいくのにもちょっとびっくりした(冒頭は、幕末から物語の舞台になる大正までダイジェストで進む展開だったので)

いやしかし、それでいて、殺陣シーンやら、何度かあるカメラがぐるりと回りこむシーンなど、すごくよく動くわけで、その点での古臭さみたいなものはなく。

また、物語の展開も、異常な速さを見せるのだけれど、それが悪いというわけでもない。

いやとにかく、キャラクターの気持ちの切り替えが早い、早いw

でもそれが明らかにテンポのよさとして機能しているし、ついていけないということはない。

何となく感じたのは、依拠している「リアリズム」が最近のアニメとは違うのかもしれない、ということだった。

「リアリズム」ということで何を意味するのかというと色々だし、例えば、本作のキャラデザの目の大きさと、最近のアニメによくみられる目の大きさで、どちらがより「リアル」かと問うのは不毛だが、とかく最近見慣れていたアニメとは、どこかしらモードが違うように感じた。

ちなみに制作は、『世界名作劇場』などを手掛けた日本アニメーション

 

声優について

いや、これはもう間違いなく早見沙織無双であって、徹頭徹尾、早見沙織の映画である。

おお、こんなにおきゃんな子もやれるのか、というのもあるのだけど、なんというか、上で述べたような、このモードの「リアリズム」の演技に見事にチューニングを合わせてきているというか、うまくエミュレートしているというか、そういう風に感じた

特に、直接キャラクター声に発しているセリフだけでなく、心の中の声や、ナレーションに近いセリフなどもあり、そのあたりの、コミカルでテンポよいセリフ回しが小気味よくなされていて、舌を巻いたというかなんというか。

宮野についていえば、うんうん、宮野だねって感じで

あとはやっぱり、梶くんwww という感じだろうかw

梶くんは、紅緒の幼馴染である蘭丸を演じている。彼は、女の子と見間違うような容貌をしており、実際、メイドに扮して伊集院家へ潜り込んだりしてくる。

梶くんが、こういう声出せるのは知らないではないけれど、最近だと、『アルスラーン戦記』のヒルメスで、これまでとは違う路線もいけるんだなーというのが印象深かったこともあって、面白かった

クレジット見てたら、さっつんがいたけど、全然わからんかったー


舞台について

日本近代史については疎いのだけど、シベリア出兵からの満州で、元々どういう作品か知らなかったこともあって、結構面白かった

ディテールとか凝ってそうだなーという雰囲気は感じた。浅草にオペラ見に行くシーンの浅草とか。

後編は、満州編から始まるはずなので、楽しみw



その他

再び早見沙織の話になるけど、竹内まりやのテーマ曲を歌っている。

www.youtube.com

歌がめちゃくちゃうまいことは、そりゃもちろん存じ上げておりますけれど、えーと、これすごすぎません? 昭和末期感のエミュレートが

今時分、竹内まりやの曲をこんなにも歌える26歳って、声優だけでなく歌手でもほとんどいないのではないだろうか、とか思ってしまう。



クレジット見て知ったけど、この作品って、文化庁の助成もらってるんだねー